スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

無計画な犯罪

2013⁄01⁄29(火) 07:00
 昨年暮れごろ、私が住むラスピニャス市で、何とも言えない間抜けな事件が有りました。二人の男、JとRの話です。通常ホールドアップをやっているというこの二人が、年末の資金もなく、妻たちにも金のことで責められ、こんな相談をしました。


警察官
 



もう直ぐニューイヤーだ、お金が必要だ、どこかでお金を作らないといけない

俺もそうだ、ワイフがしつこくて家に帰るにも大変だ、

お前もそうか?俺もそうだ。ニューイヤーの金がない、家に帰るとうるさくて仕方がない。何とかお金を作らないといけない。Rどうにかならないか?普通にホールドアップをしても、纏まったお金にならない。

纏めたお金を作るにはバンクだ、あそこには纏まったお金が有る。強盗を働くか?

俺たちにはバンクは無理だ。たった二人じゃ何もできない。

それもそうだ。何処で何をすればいいんだろう。


 そう言う会話をした二人でしたが、いい案が無く計画も立ちませんでした。暮れも押し詰まった頃二人は再び強盗の計画を話し合いました。



ラスピニャスにガソリンスタンドがある、ぺトロンだ。あそこには従業員がたった二人だけだ。金もそこそこある。銃で脅せば金は出すだろう。夜10時なら金も集まっている。どうだ乗るか?

そうだな。それは良い。間違いなく金になる。そうしよう。

OK、ぺトロンにしよう。ところで、いつやる?

今夜でいいよ。後でラスピニャスに行こう。

OK。俺のバイクで行こう。

OK・OK


 こう話が決まった二人組は、その夜ラスピニャスのぺトロンガソリンスタンドに、バイクで向かいました。ところが、その夜はスタンドは真っ暗でした。休業だったのです。二人組はそこで話し合いました。



あーあ、クローズだ。どうする?

このまま帰るのも嫌だし、どこか他の所を探すか?

どうしても金が要る。どこでも良いから襲って金を作ろう。

OKそうしよう。金を持って帰らないとワイフが煩い。どこか適当なところを探そう。


 こんな相談をした二人組はバイクに乗り、ラスピニャスの街中を物色していました。SMサウスモールの近くで営業しているカンティーン(食堂)を見つけました。もう夜10時を過ぎていましたが、お客さんがまだ10数人いて、結構はやっているようでした。二人はバイクを止め。



ここはどうだ?

そうだな。カンティーンと客の両方からホールドアップをすれば、ある程度の金にはなるだろう。ここにするか?

そうするしかないな。よし、ここに押し入ろう。

OK,そうしよう。


警察官2



 こうして、二人組はこのカンティーンに入り、銃を突きつけ、まずお客から脅し始めました。ところが、この事に気づいた近所の人が直ぐそばにあるバランガイホールへと通報したのです。丁度そこには二人の警察官と、スワットの警察官一人が居合わせ、この話を聞いた3人の警官がすぐ現場に走り、お客をホールドアップしている二人組を見つけました。Jは警官を見ると驚き、警官に向かい発砲したので、警官も強盗に向かい発砲し、Jは射殺されてしまいました。もう一人のRは腹部に弾を受け病院に運ばれましたが、命に別状はなく、警察の事情聴取を受けました。その話によると二人の地元はカビテで、ラスピニャスにはあまり詳しくなく、下調べも不十分で、最初に目当てにしたぺトロンガソリンステーションが、閉まっており、咄嗟にカンティーン襲撃を思いつき、行き当たりばったりの犯行をしたということです。


 こうして、犯行は未遂に終わりJは射殺され、Rは命を取り留めたものの、強盗罪で起訴されました。


 この事件で駆けつけた警官の一人、スワット隊員がたまたま私の友人で、このことを後日談として私に話してくれました。彼のいうことによれば、

 「全く無計画な犯行だ。地元のカビテからラスピニャスへ仕事に来、ラスピニャスの地理も全く知らない。あのカンティーンから30m位の所にあるバランガイオフィスも知らず押し込んでいる。全く無謀で、緻密さのない犯行だ。馬鹿としか言いようがない」


 こんな風に話をしてました。当時、ラスピニャスには、マラボンからフィリピンの大手強盗団が4人組2組がバンに乗り下調べをしているという情報があり、警戒中だったから、一般人に事故も無くて良かったよ。



 これは、実話を元に二人組の会話の部分は創作の部分もありますが、Rの話したという事を元にして書いています。


 強盗を生業とすることもとんでもない話ですが、それにしても、この程度の考えしかできない、短絡的な男たちがいっぱいいるんですね。同じような男たちが同じように短絡的に事件を起こします。思いつきの犯行ですので、いつ私たちが遭遇するかも分かりません。馬鹿といえども銃やナイフで武装しています。万一遭遇してしまったら、命が最も大切ということを忘れずに行動したいですね。


JAC代表      



スポンサーサイト




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

12≪│2013/01│≫02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。