スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

コンプレィン

2012⁄02⁄13(月) 08:00
 フィリピンにいると、良く、コンプレィンしたとかされたとか話を聞きますね。コンプレィンとは要するに告訴を意味します。コンプレィンする先は行政官庁です。事件が取り上げられれば次が、Prosecutor(検事)に対しFile the Case(訴訟を提起すること)となり、このProsecutorの判断で裁判になるのか、その場での話し合いになるのかに別れます。もし交渉の段階で解決しない場合は裁判となり、長い歳月と相当の資金が掛かるようになります。

 訴える側と訴えられる側、この国では訴えた方が殆ど勝訴します。理由は、反論する側に証拠を纏めて戦い抜く力が無いからです。証拠つまり無実の証明とはこの国では大変です。そこを理解してないと、後から泣かされます。

 民事事件と刑事事件は違います。特に民事に於いては、最初の一歩が大事ですね。そこで失敗すると裁判には勝てません。

 民事事件の場合の最初の一歩とは、訴える側からLetterが届きます。Demanding Letterと呼ばれるものです、日本で言うと内容証明みたいなもので、質問とか催促状です。これに対し、期限内に回答書を送り返さないといけません。それも先方が指定した、期日内に郵便局へ行き、回答の返辞を送ったと言う証明、つまり郵便局のスタンプが必要です。この返書(スタンプ付き)が無い、もしくはしない場合は、ハッキリ言ってその裁判はその時点で負けます。この事を日本人は殆ど知りませんから、大抵ただの手紙だから放っておけば良いと甘い考えで、処理をしないと相手の壺にはまり込み、負けますね。

 逆に相手を訴える場合も同じ内容です。相手に対しDemanding Letterを送付しなければいけません。このLetterのやり取りが数回あり、相手側が貴方の要望に対し断りの内容なり、これ以上の話し合いは無理だと感じた場合、裁判に訴えます。つまりProsecutor(検事)へ告訴し、このProsecutor審議が終わり解決の余地が無いとした場合初めて裁判へと持ち込まれ、裁判が始まります。

 裁判へ持ち込むには場合によっては数カ月を必要とします。もし訴えられたら、この時に相手に対し、貴方も訴えなおしをしないといけません。それを行わないと裁判の進行が不利になります。先方から訴えられたら訴え返す。これができれば相手に訴えられても裁判に勝つ可能性はグンと高くなります。この国での裁判は本当に大変です。根気と資金が必要です。同時に、信頼できる優れた弁護士が必要です。この弁護士の選択を間違えると、勝てる裁判も負けます。

 下手をすると裏で相手と結びついたりします。そうなれば、その弁護士を使ってる以上、裁判は負けます。相手側の弁護士が、裁判官を買収したりと大変です。裁判の流れを注意深く見守る必要が有りますね。その状況に於いて、柔軟な対応が必要です。

 これが民事事件ですが、刑事事件になるともっと大変です。有罪になると刑務所行きですからね。これに対する対処法を知らずに、負ければ刑務所です。シッカリ対応する必要があります。

 フィリピンで良く有る事ですが、誰かが恨みを持ったり、お金にしようと企んだ場合に、身の覚えが無い事でも訴えられたりします。警察とかNBIにですね。

 警察やNBIでは訴えが有った場合、48時間というか36時間以内にProsecutorに対し、起訴をしないといけません。現行犯でない限りは直ぐには逮捕には来ません。この事をシッカリ認識していれば、セットアップされても対応が違ってきます。そしてセットアップを避けれる手段も出来ます。

 俗に言うデッチアゲ事件も簡単に行えます。訴える側がフィリピン人で相手は日本人、「日本人=金」この図式ですから、相手は完全に狙ってきます。その相手の狙いに対して、どう対処するのか? そこが一番肝心です。何度も言いますがこの国では「先手必勝」これしか有りません。揉めた相手の動きを見ていては後手に回ります。そうならない為に先に先手を打っておく事です。それが出来るとかなりの事で身を守れます。

 もし裁判になれば、裁判に出席しないといけません。良く聞く3回欠席すると裁判は終わるということですが、実際は3回という規定は有りません。裁判官の判断により、4・5回でも伸びます。訴えた側が3回連続で出席しない場合、弁護士を通じ裁判官に要請を申し込みでき、その後の判定で
事件は、公判維持の不可と言う理由で事件終了となります。逆に訴えられて3回以上連続で出席しなかったら有罪となります。そうなると逮捕状を発行されブラックリストになる可能性も高くなります。

 こういう事態に成らない為にも、真剣に取り組まないといけません。弁護士の選定と言うのは非常に困難です。この選定を誤ると、お金だけが消えて行き何の意味も有りませ。ん

 弁護士は貴方の身に成って、貴方と共に戦ってくれる弁護士を探し、その人にお願いをして、弁護して貰う事です。初期行動と処置、後手に回らないように十分注意しなくてはいけませんね。

             JAC代表





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

一般フィリピン人も同様な事が多いのでしょうか?彼らが弁護士費用を支払えると思わないのですが。
米国に詳しい人に聞くと同様に訴えた者勝ちで弁護士費用は成功費用払いと聞きます。

駐在時代付き合いのあった弁護士は通常イメージするのと全く違いました。
簡単に資格が取れることも関係あるのかと思います。
訴訟大国と言われる米国でも有名Law schoolを卒業しないとLawyerと職を得るのは難しく企業のadministration staff、連邦政府一般職員として働く人も多くいます。最近の日本も同様で弁護士稼業では難しくイソ弁になれないと聞きます。
フィリピンでも同様なのでしょうか?

私は海外で弁護士選択に際し勝つのを目的とせず負けない弁護士を選びます。Awayでの仕事ですので
勝てば恨みをかい負ければ損をしますので(笑)
フィリピンだけでなく先進国?のシンガポールでさえ邦人企業は勝てません。Awayなので止む得ません。

米国式法は不詳ですが英国式ではLetterを受領し1週間内に何らかの反論をしないと先方のLetter内容をAcceptした事になります。その為Managerの仕事の半分以上はLetterを読みReply letterにサインをすることです。
出張等で不在の時はPA(Power of Atorny)を持つものに指示しLetterを出させる指示をしなくてはならず日本以上のストレスです、
フィリピンの法運用が記事のようであればStress freeを求めて来るのであれば大きな間違いだと思います。

日本の商法でも「商権権者」の規定があります。多分ほとんど方には馴染みがないと思いますが警部と警部補では全く違うのと同じで「課長」職と「課長代理」では権限も責任が全く違います。
多分フィリピンでも同じなのでしょう。
2012⁄02⁄13(月) 23:55 | | [edit]

でぶ熊様
「7英国式ではLetterを受領し1週間内に何らかの反論をしないと先方のLetter内容をAcceptした事になります。その為Managerの仕事の半分以上はLetterを読みReply letterにサインをすることです。
出張等で不在の時はPA(Power of Atorny)を作成し、信頼できる第三者に
任せる事は出来ます、(代理人)

一般フィリピン人の場合は、お金が無い人は、国選弁護士をDOJに依頼し、
探す事は出来ます、

お金目的のコンプレィンの場合、最初から弁護士と組んで行う事が多く、
そう言う例では、成功報酬も有りえます、


                                               JAC代表
2012⁄02⁄14(火) 04:27 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/118-e1302306




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。