スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

助けて貰えますか?

2011⁄12⁄01(木) 08:00
 フィリピンで騙されました、会員ではないのですが、助けてもらえますか?突如として海外から電話が入った。JACのブログを毎日読んでます、それで電話をしました。助けてほしいと思い相談をしたいんですが、良いですか?

 私は思わず、「はいどうぞ」そう答えてしまった。

 電話の内容では、フィリピンであるイベントの企画をする予定で知り合いの紹介と協力で、企画を進めていたが、途中で話の内容が信頼できなくなり、企画を中止し、投資した金額の返還を求めに相手と交渉に入ったが、逆に脅されてしまったらしい。その悔しさを何とかしたいという内容だった。
 電話の主は本人ではなく関係者であり、当事者の友人と良く相談をし、再度連絡しますという事で、電話は切れた。私は相談を受け話をしたものの、実際本当に来るのか来ないのかも分からないと思い、気にもしないで時間が過ぎて行った。

 その、数ヵ月後再度先日の電話の主から電話が入った。「当事者の本人が明日フィリピンに入ります、どうかよろしくお願いします。詳しい話を聞いて、協力をしてください、助けて下さい。私もフィリピンに追っかけ入ります、宜しくお願いします。」

 その連絡通り翌日の夕方当事者から私に連絡が入った。私のマネージしている店の一室での彼らの説明は・・・・・・

 相談相手は仮名でB氏とCさんである、二人の事情の説明が始まる。

B氏
「私たちはこの国であるイベントを行う予定で企画を進めてきました。それについて、法人の設立から全て行いましたが、資金が思った以上にかかるんです、調べたら実際の経費は3割くらいで終わるんです、それで話し合いを求めて相手に問い詰めたところ、逆に脅されてしまい、やっとの思いで帰国しました、怖かったですよ。相手に『文句があるなら、殺す』とまで言われたんです。『ガタガタ文句を言うなら、日本にはもう帰らせない。黙って帰れ。』そう脅されたんです、私は悔しかったんですが、怖くてその場は引き上げ帰国しました。しかし悔しさで腹が立ち何とか出来ないものかと思い、相談に来ました。助けて下さい。」

「それで、私に何をしてほしいんですか?本来、JACは会員の為にしか動きません。しかし、先日貴方の友人から、電話があり私も思わずOKの返事をしてしまい、返事をした以上は、約束ですから出来る事は協力します。」
B氏
「明日、相手と会う約束を取り付けました、私たちだけじゃ怖いのでボディーガードをつけて欲しいんです。どんな相手が出てきても
怖がらず、シッカリ守ってくれるボディーガードをつけて欲しいんです。」

「ボディーガードだけで良いんですね?」
B氏
「はい、話をしてる最中、傍で守ってほしいんです。相手もこの国では力が有るんです。協力して下さい。」

「分かりました、ボディーガードは付けましょう。話の真意は分からないので、私は関知しません。しかし身の安全には協力します。そういう事で良いですか?」
B氏
「はい、結構です」

「分かりました2名で良いでしょう?話の内容では相手も力があるという話ですので、特別のボディーガードをつけます。この二人なら、どんな相手が出てきても大丈夫でしょう。それで良いですか?」
B氏、Cさん
「色々と済みません助かります、お願いします。」

「大丈夫です、話を受けた以上仕事ですから、安全は守ります。」

 私はその場でボディーガードに連絡を入れ、打ち合わせ場所に来るように指示し、30分後に彼らは来た。B氏、Cさんに紹介し、明日の段取りを指示した。

 翌日ミーテイングの場所であるホテルにボディーガードは待機した、午後3時半である。私に連絡が入る、相手は4時の約束である。
私が別に送ったスタッフからも連絡が入る。逐一細かい情報が入る。
B氏とCさん、他がホテルに到着し、プールサイドで相手を待つ。

 4時過ぎ、相手が来た。全員が個室に入り、話し合いが始まった。
ボディーガードの一人はB氏の側に座り、もう一人は後ろの壁に付き、相手の動きをみる。話し合いの詳しい事は分からないが相手は平謝りだったらしい。話し合いが終わり、ボディーガードから連絡が入る、スタッフからも入る。勿論Bさんからも連絡があり、無事終了という事だった。

 B氏から、「お陰で胸がスカッとした有難うございました。」という言葉がと、その日の夜店の方にあいさつに来るという連絡が入り、私は、「何事もなくて良かったですね。」とそう答えその日の夜に会いました。

 店に現れたB氏を含め4人の男たちは笑い顔だ。昨夜の困り切った顔とは全く違う、ニコニコと笑いながら冗談を飛ばしあってる、私が「どうだったですか?」そう聞くと、

B氏
「いやー助かりました、相手も観念して平謝りでした。以前は凄く威張っていたのに、二人のボディーガードを見ると大人しくなりました。」

 そう言われて、ボディーガードを見ると、リーダーの一人が着てるシャツが、フィリピンに詳しい人は分かるが、特別のシャツであった。それを相手が感じ取ったんだろう、無言の圧力だったのだろう。Bさん達にはそれが、分かってないんだろう。しかし、B氏達は満足であった。

B氏
「有難うございました、出した金は戻ってこない事は分かっていました。お金は勉強代と思い諦めます、何とか仕返しをして相手を
困らせたかったんですが、お陰さまで出来ました。有難うございます。相手は完全にビビってました、気持ちが良いです。」

 そうお礼を言われ、その後はその時の思い出話ですが私には関係がないので、頷くだけでした。ゲンキンなもので、困ってた時の深刻な顔が消え、ニコニコとした顔で話す姿を見ると、私は思わず笑ってしまいました。

しかし、何事もなく一件落着でした。

                   JAC代表




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment




コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/38-cc6a6253




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。