スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

チビッ子ギャング

2012⁄03⁄16(金) 08:00
 先日テレビのニュースで、マンダルヨン市でチビッ子ギャングが3人逮捕されたと言う報道がされていました。彼らは未成年者で、3人は45口径のオートマチック、38口径のリボルバーそして、錆びたナイフをそれぞれ所持していて、ホールドアップを繰り返していました。主婦や一般のフィリピン人が被害者でした。私もそのニュースを詳しく見る時間が無かったので、正確では有りませんが大雑把にはそう言う報道だったようです。

 一番厄介なのはこのチビッ子たちです。一発殴れば倒れそうな子供ですが、そうすると厄介で、逆にトバッチリガ来ます。フィリピンの法律が未成年者に異常に過保護なのです。その為に怪我でも負わせると逆に逮捕されます。そう言う事もあり、手に負えません。彼らを逮捕しても直ぐに釈放です。

 こう言う状況を知ってる大人たちが、裏で糸を引き、ギャングをやらせています。今回JACでは、こう言う問題もマニラ市警察と話し合っています。如何いう風に対処をすれば一番いいのか? まだ、これと言った効果的な対処法は有りません。警察のアドバイスでは、手をしっかり押さえて、抑えて下さいと言う指示ですが、これだけでは効果は有りません。

 偶然に事故で手が当たったらどうなるか? と私が彼らに質問を投げたところ、警察関係者は笑っていました。事故と言うのは要するにアクシデントです。殴る気持ちは無いけれど、振り向きざまに自分のひじがチビッ子の顔に当たった、そういう場合はどうですか? こう言う風に質問した訳ですね。警察はニヤリと笑い、答えませんでした。それくらい微妙な問題なんですね? それは有りと言う事なんでしょうか? 明確な答えは有りません

 私個人の感覚では、有りなんでしょうね、あくまでもアクシデントですからね、殴ると言う意識は無かったんですから。そう言う風に書くと、屁理屈だと言う人もいるかもしれませんが、あくまでも例えです。

 実際の事から言うと、「三十六計逃げるが勝ち」「無手勝流」 これに限りますね。ナマジッカの行動は大きな怪我の元に成ります。このチビッ子の手口は殆ど決まっています。

 数人の子供が周りに集まる。そして一人か二人のチビッ子が執拗に絡む。その隙に他の子供がポケットに手を入れる。もう一つはチビッ子が寄ってきて、通行の邪魔をしながら足を止める。その瞬間に体の感覚を他にずらし、掏っていく。特に後ろのポケットですね。注意を他へ移す手口です。チビッ子に限らず掏りの手口は殆ど同じです。

 周りを数人で囲む。数人で足を止め注意を他にずらす。又は目の前に座り込んだり、足をとめたりする。一人がぶつかった瞬間に他の人間が掏る。アッと思った瞬間には、実行犯は現場から離れる。その時は手遅れです。掏られた後ですね。注意が必要です。

 注意力、これが一番大事です。もし目の前でそういう状態になったら、横にかわしながら人が少ない方に体を移動する。そして足速く歩く事です。相手を睨む事も必要でしょうね。

 チビッ子が近寄ってきたら、P20紙幣とかP5、P10を捨てて撒く事です。チビッ子はそちらの金へと注意力が移り、お金を拾おうとするので、その隙に逃げる事ですね。

 危険回避この事を常に考えていれば、割合そう言う事にも遭遇しません。ボケっと歩くこの事が日本でも、フィリピンでも災いを招きます。目標を持って見据えながら、しかも周囲の状況に、目を配りながら歩くことです。

 チビッ子が出没する場所は殆ど決まっています。マビニ通りエドゼン近辺、旧LA界隈、そしてその界隈の路地が一番多く出没する場所です。その界隈をボケっとして歩いてはいけません。

 掏りが多いのは、ロビンソンの玄関付近と、ロビンソン内です。
人ごみになっている所、これには気を付けましょう。

 全てに於いてそうですが、被害に遭ってからでは遅すぎます。被害に遭う前に予防する事、これが一番大事な事です。十分な御注意をお願いします。


                   JAC代表




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

おはようございます!代表!

確かに 自己防衛しか有りませんデスね‼

以前 自分も!マニラで 囲い込みに!合いそうに成り!連れ相に!(比国人デス)大きな声で!自分をアピールする様に会話をしました!とりあえず、回避
しましたが\(//∇//)\
白昼 沢山の人集りの中で!
本当に!有るんだと\(//∇//)\
改めて 緊張感を維持する認識を叩き込
めました!
2012⁄03⁄16(金) 08:53 |

チビッコギャングですか。私も2年ほど前にエドゼンの近くで被害にあいそうになりました。1歳の子供を抱いてもう片手には買った荷物を持って両手が塞がっている状態でポケットに手を入れられ両替した8万ペソ近くを全部持って行かれそうになりました。異変に気が付いた妻と妻の兄弟が追い払ってくれたので無事でしたが、危なかったです。それからは両替もあまり大きな金額はしないようにして外出する時も少量の金額のみにしています。ホテルに置いておくのも怖いですがスーツケースに南京錠を付けています。
今まで10回弱、フィリピンに行っていますがトラブルに巻き込まれそうになったのはこれぐらいですかね。まあ、あとは妻の実家とホテルで過ごしており殆ど出かけないので当然かもしれません。
でも、確かにチビッコギャングの扱いは厄介かもしれませんね。蹴飛ばしたり、殴ったりしたいですがそれをしてしまうと別な意味でトラブルに巻き込まれそうですね。
2012⁄03⁄16(金) 09:51 |

ROLO様

白昼、堂々と本当に有るんですね、それが問題です、私の場合、チビッ子が側に来たら
目で威嚇し、「プータンゲナ、殴るぞ」そう強く言います
そうすると相手は引きますね、

相手を威嚇する事も時には必要でしょう

                                             JAC代表
2012⁄03⁄16(金) 10:15 |

KIYO様

「1歳の子供を抱いてもう片手には買った荷物を持って両手が塞がっている状態」
こう言う状態は格好の獲物となります、何事も無くて良かったですね、

気を付けて下さいね、

                                               JAC代表
2012⁄03⁄16(金) 10:19 |

おはようございます。

>・・・・警察はニヤリと笑い、答えませんでした。
これだと何時まで経っても比のイメージが変わらないような気がしますね!

マニラ空港が気分良く通過できるようになってきたのに、
マニラ界隈に入ってから安心できないのでは、観光客の減少が進むばかりですね。

警察官の小遣い稼ぎ事件もあるようですし・・(@_@;)


2012⁄03⁄16(金) 11:37 |

リベロ様

警察がニヤリと笑ったのは、盲点を突かれ、正直手の着けようがない事から
ニヤリと笑い、誤魔化した所は有ります、

フィリピンが良くなるという可能性は本当に少ないですね、根っこの部分が
改善されない限り、こう言う問題は無くならないでしょうね

                                          JAC代表
2012⁄03⁄16(金) 12:48 |

私も、エドゼン前で子供2人に、お金頂戴攻撃を食らいました
子供たちは、両替所をマークしており出てきたところを待ち構えます

子供達の行動パターンとして、私の両サイドに分かれ、追ってきます
振り切ろうと、速足で歩きましたが、子供達は、走って私のそばに食い下がります
私が急に立ち止まると今度は、2人で前に立ち止まり、行く手を阻もうとします
そこで、もうだめだと思い、一緒に居た彼女に声をかけ、追っ払ってもらいました


私は、海外では財布を持たず、ポケットのいっぱいある短パンの前ポケットの4か所に現金を分散していれております

後ろポケットに現金や、財布など絶対に入れないでくださいね

LRTでは、後ろポケット付近を鋭利な刃物で切られたこともあります
お金の被害はありませんでしたが、気に入っていた短パンだったので、残念です

海外では、色々ありますね

皆様、空気と水と安全と情報は場所によっては無料ではありません

参考になれば幸いです

2013⁄06⁄02(日) 00:17 |

どこ吹く風様
コメント有難うございます。確かに以前はエドゼン界隈ではチビッ子ギャングが多かったですね。最近は居なくなってきています。両替の場合には、両替の前にいるセキュリティ等にチップP50位を渡すと良いですね。そうすると彼らが追い払ってくれます。時には組んでいる事もありますから、チップを渡すと守ってくれます。

LRTやモールではスリが多くいます、ナイフでバッグやポケットを切り裂き、お金を抜きます。抱きつきスリや罠を仕掛けるスリ。注意してください。

「皆様、空気と水と安全と情報は場所によっては無料ではありません」日本では普通の事ですが、国によっては無料ではないですね。

危険からの対処や身を守るための安全には外国では金銭を必要とします。特にフィリピンでは身の安全は自分で対処するしかありませんので、その為には全てにお金が掛かります。例えが違うかもしれませんが「無料ほど高い物は無い」身を守るには必要なお金をケチってはいけません。

                        JAC代表
2013⁄06⁄02(日) 01:17 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/427-badae290




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。