スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

餅は餅屋

2011⁄12⁄06(火) 08:00
 私はよく「餅は餅屋」と言います。その道のプロのことです、例えば、私はIT関係の事に関しては全くと言っていいほど無知です。パソコンも、ワードを叩く、インターネットを使いメールを送る、後は好きな音楽をYouTubeからダウンロードをするくらいです。タイプは若い頃にタイプライターで覚えたので、叩くこと自体は苦になりません、ただ、忙しいときには変換の誤字を気づかずに、そのままブログへ掲載し、Oは誤字脱字が多く馬鹿じゃないのか?等の意見を言われます。
本当に馬鹿なんでしょうね、後から読み直すと、アッ間違ってると思う事が、度々あります。しかし手遅れですね、今更どうにもなりません。

 先日、私のパソコンのネット接続が使えなくなり、友人のコンピューターの大御所に修理をお願いしました。忙しい中をわざわざ自宅まで来て直してくれました。彼にすれば簡単な事、私にすれば大変な事。私は、時々気が短くなるので、今年は一台パソコンを壊しています。今回は、壊せないので我慢でした。神経に非常に悪いですね。

 「餅屋」つまりプロは沢山います。貴方の身の回りにも沢山いると思います。料理から始まり、車、大工仕事、いろんな種類があります。

 JACのブログですので話を絞って書きます。フィリピン通、つまりフィリピンのプロの方も沢山います。フィリピンに通って何十年、フィリピンの全てを熟知してる方。またはフィリピンに住んでいる方。皆さんそれぞれのフィリピンがそこにはあります。

 私の友人で、もう40年前後フィリピンに関わりを持ってる人がいます。私も初めてのフィリピンは1970年です。それを考えると、私も40年選手と云う事でしょうが、当時の私は仕事の都合でこの国へ立ち寄った程度です。思い出せば、友人二人とタクシーに乗り、運転手に「女のいるクラブに連れて行ってくれ」そう言い、港の近くのクラブに連れていかれたのです。

 その時私が行った所は現在のクラブのような造りではなく、いかにも南国風の店で、オープンな感じでした。確かな記憶ではありませんが屋根は今でいうニッパで作ってあり、床は板張りだったと思います。しかし雰囲気が有る良い店だったような記憶が有ります。マニラ湾に面していて、もしかしたら今のロハスかもしれません。

 そこには沢山の女性が働いていました。より取り見取りでしたね。ビール一本を飲み、目当ての女性をリクエストし、その後は要するに「B,F」連れ出しでした。タクシーに乗り、モーテルらしいところへ行くと壁はベニヤ板で仕切ってあるだけで、隣の音が筒抜けでした。女性の歓喜の声、男の呻き声、中々面白く情緒が有りました。私の相手の女性も同じで、恥ずかしくもなく大きな声を出してました。今となっては懐かしい思い出で、「あの時の女性はどうしてるんだろう?もしかして妊娠して私の子供を身ごもってたら、どうなんだろう。」とか思い出した事も度々ありました。当時一晩伴にしてもらい、5000円以下だったような記憶があります。

 マニラを後にして船で南下し、レイテ沖セブ沖を夜中通過するんですが、両岸の民家には当時電気がなくランプの灯りがユラユラと灯り、空を見上げると満天の星で、今にでも星が降ってくるような感じがしました。日本では見た事がない星空でした。

 それからもう40年が過ぎ、フィリピンも変わりましたね。

 思い出話はこれくらいにして、本題の餅は餅屋ですね。「フィリピンは俺に任せとけ。フィリピンの事なら何でも知ってる。」と豪語してる人がいますが、私はそこまでの自信は有りません。

 20年ほど前にはレンタカーを借り、ミンダナオ一周した事が有ります。夜の夜中でも山の中へ入り、軍の検問でシツコクされたり、現地の人と揉めたり、親切にしてもらったり。今ではいい思い出です。考えて見ますと、随分無謀で無茶な話です。当時は誘拐事件とかが頻発していた時代でした。しかし無事に一周してマニラに帰ってきました。その後も田舎へは良く出かけました。余り人のいない山の中で数か月過ごした時は、一緒にいたフィリピン人たちは「マニラに帰りたい」とか言って泣いてましたが、私が怒るもので仕方なく山暮らしにつき合っていましたね。

 余談ですが、私の友人で「ロクデナシひろし」という、ブログで有名な人がいますが、彼がやはりミンダナオで、とある女性が住んでいる田舎へ行ったときの家の状況が書いてありましたが、実際その通りです。

 屋根はニッパ、壁は竹を薄く削いで編み合わせた、見た眼が日本で謂うゴザ見たいな感じです。そういう家つくり、場所によっては今でもそうです。勿論床は土間です。ガスは有っても高くて買えない、釜戸みたいなものを使用し、薪を使っています。電気も引くお金がなく、下手をすると。水も遠くから汲んで運んでくる生活ですね。逞しいです。何事も苦にせず自然に生活しています。私たちから見ると大変だな~と感じますが、そこには彼らの生活が有るわけですね。

 そこに住むNPA(反政府軍)が出てきたり、彼らと話をつけたりと結構面白い生活です。勿論一生は住めません。飽くまでも私たちはビジターです。しかし、別れのときには彼らは涙を流し、10人前後が最後まで見送ってくれました。良い思い出です。

 また、話が反れてしまいましたが、仕事のプロ、生活の為のプロ、色んな人がいます。フィリピンの地理に詳しい人、街に詳しい人、夜の世界に詳しい人、様々です。身の回りにも沢山いると思います。何か問題が有ったり、知らない事が有る時には、そういう人たちに尋ねてみるのも一つの方法です。ただし、誤情報が入ってはいけません。相手を選ぶ必要が有ります。特に言葉が話せなく、通訳を依頼する時にはとても大事です。言葉一つの取り違えで失敗したり、勘違いをしたりと。後で取り返しがつかなくなりますね。通訳する人の性格が問題になる時もあります、自分が一番強く言いたい事を言葉を変えられてしまうと、これも大きな問題になります。

 大事な時には「餅屋」、つまり本当のプロを探し依頼する事が大事です。料金が高いと思っても、結果的には安く済む場合があります。その道の「餅屋」は、自分に不足をしてる能力を持ってる訳です。その不足した部分で、自分がどう仕様もない時に補ってくれたり助けてくれる人がプロです。それも自分が望む道{成功}へと。失敗というのは後で取り返しがつきません。安もの買いで終わっては、二度三度と支払わないといけませんね。これをどう考え、どう対処するか?それは自分自身の判断です。

 自分が上手に作れない餅を、誰かにおいしく作ってもらうことを必要とする時は、専門家である「餅屋」を探すべきでしょう。ここで自分より少し上手だからと素人に頼んでしまうと、取り返しのつかないことに成りかねませんね。

 私はそうします。餅屋はそれで飯を食い、その餅に対し経験が豊富で、知恵も豊富です。自分が作れない「餅」。大事です、粗末にできません。

今日のブログ記事は、多少支離滅裂で申し訳ありません。私も餅屋を探さないといけませんね!

                   JAC代表




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

PI様

お元気ですか?

プロに助けてもらうにしても、やはり自分もその分野に少しでも入って行き
その場に立会いプロから何かしら盗んで自分を向上させていく
難しいですが、その気持ちを持っていたいものです。


良い心構えですね、人間死ぬまで修行です、それも学ぶ気持ちを持ってないといけないと
思います、学び取り、知恵とし、そしてその知恵を生かしていく、

大変ですが、そうありたいですね、

DYの事は心配いりません、先日私が怒った事で、意味は理解してると思います、
今度またゆっくり話をしてみます。

心配かけて申し訳ありませんでした。
お体には気をつけて、また笑顔を見せてく下さい

                                     JAC代表
2011⁄12⁄06(火) 11:16 |

ありがとうございます。

心配だなんて、とんでもないです。
日本でも大変な仕事なのに、フィリピンでなんて・・・
本当にご苦労様です。
でも、こうやって皆さんが異国でがんばって下さるから私達が行った時
安心して遊べる場所を提供して頂ける、ありがたい事です。

今後ともDYのこと、教育?してやってください。  ^ ^)
早くお邪魔できるように頑張ります。

ありがとうございました。
2011⁄12⁄06(火) 11:26 |

Shimizu様

JACの会員の人たちの交流、これからのJACはそれが目標です、
安心して訪れ、会員同士が輪を持ち、会員同士で、良き仲間とめぐり合い、
協力し合える、そういう方向に転換しています、

Shimizuさんは、もうその仲間です、今後とも宜しくお願いします、
DYの事は、少しづつでも教えて行きます、

宜しくお願いします
                                   JAC代表
2011⁄12⁄06(火) 11:47 |

丸0様

提案頂いたような事は検討中ですが、まだ決定出来ません、
JAC会員の空港内でのトラブルは、空港ポリスとは話が付いていますので、
問題がもし起これば、空港ポリスが即対応救援に向かうように成っています

御心配及び、アドバイス有難うございます、検討したうえで、慎重に
進めたいと思います。

                                      JAC代表
2011⁄12⁄07(水) 04:42 |

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2011⁄12⁄07(水) 12:59 |

履歴書の添え状様
褒めて頂き有難うございます、

また遊びに来てください!
宜しくお願いします、お体にも気をつけて下さい!

                                        JAC代表
2011⁄12⁄07(水) 13:39 |

餅は餅屋

代表とはそんなに年は離れていないので、今回のテーマの言葉は同感ですね~!
その道のプロに自分で出来ない事は任せるこれが費用は掛かるけれども近道ですね。
2011⁄12⁄08(木) 01:30 | | [edit]

twin様

本当のプロに成れば、間違いなく綺麗に仕事をしてくれますね、
たとえ、お金を払っても、その煩わしさや、リスクが無くなれば
逆に安いものでしょう

                                       JAC代表
2011⁄12⁄08(木) 05:13 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/43-4ea436c8




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。