スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

ある依頼 パート2

2012⁄03⁄25(日) 08:00
 聞きこみが始まるが、普通の調べと違い、相手に気取られないようにしないといけない。ただ単に訪ね人を探すのとは全く違い、相手に気づかれてはいけない。彼らは別れる。一つのグループは自宅を張る、近所の事情を調べ、手掛かりを取る。他のグループは、両親の住んでいる場所へ行き、近所を含め情報を収集していく。私の元へ報告が入るが、今一つの内容である。スタッフを怒りながら、手順を伝え、指示をする。彼らも必死で有る。問題は自宅も両親の家の近所も特別な環境だということで有った。

 自宅は住宅街では有るが、道路が一本しかなく、人の出入りが一目瞭然である。余所者は簡単にチェックできる。調べるスタッフも神経を使う。気取られてはいけない。近所の住人には「この付近に住みたい、その為に貸家を探してる。」と言う触れ込みで調べる。

 バランガイ、トライシクルドライバーには探してる理由は隠して、写真を見せながら聞きこむ。そこで分かった情報は、この女Iは以前はチョクチョク訪ねて来ていた事、近所のSMにはいつも数人のボディーガードらしき男達を引き連れ、買い物に来ていた。息子は見かけない。トライシクルドライバー数人に写真を見せ、連絡先を教え、情報の為の小遣いを少々ばら撒き、情報の依頼を頼み、連絡を待つ。

 調査が進むうちに情報が入ってくる。Iは余り人に接していない。隠れている感じが強い。Iを知ってる住人は彼女の評判を説明する。

「一見優しそうだが、何を考えているのか分からない。嘘をつくが、お金は持っている。いつも数人の男達を引き連れ、足早に来て、すぐ帰ってしまう。何をしてるかは分からない。ケソン市には仲良くしてる知り合いがいて、そこには良く行ってる。」

 こう言う内容である。私の知り得る情報で判断すると、ケソン市の友人とは、Kさんの妹の事で有ると想像した。自宅界隈の調査はその辺が限度で有る。私は二人に自宅界隈で待機し、情報の収集と自宅の張り込みを指示し、残りは両親の実家へと差し向け、両親の家を調べる事に専念した。

 カビテロザリオの一画にある家であるが、実はこの家の場所が問題になって来た。有名な悪の巣屈である。ドラッグのディーラー、殺人者の逃げ込み場所で有る為に、一般の人は近寄らなく、警察も入りたがらない危険地域であった。

私はスタッフに怒る。


「危険地帯? だから何だ? 受けた仕事はやり遂げろ。調べろ。Iの居所を調べろ。情けない電話などしてくるな。」
スタッフ
「しかしボス、実際怖い場所ですよ。危険です。近所の住人が私たちに対し、異様な目で見ています。」

頭を使え。お前たちは現場にいる。調べるだけの事は調べろ。いいか?今回の件はIの居所を調べる事だ。その両親の家にIがいるのか? もしいなければ、何処に住んでるのか調べてこい。情けない連絡はして来るな。良いか?」
スタッフ
「分かりましたボス。何か有ったら助けて下さいよ。良いですか?」

「良いから情報を取ってこい。少しでも多くの情報と正確な情報だ。
分かったか?」

 そう怒りながら、私は空港内で働く息子も調べ出した。空港警察の友人に連絡を入れ、息子の確認をしてもらい、履歴書、息子の車全てを調べた。その履歴書での住所ではカビテの実家のある住所だが、嘘の住所で有る。車も調べる、友人のNBIに彼の車をを数日張って貰う。私は息子と母親のIが同居していると思い、息子を張り込んだ。張り込んで数日で息子の自宅を確認できた。カビテのイムスに住んでいる。しかし、そこはアパートで、息子一人が住んでおり、母親Iの姿は見えない。進展が無い。動き出して5日ほど過ぎたが進展が無い。

 調べた結果の事実を総合して推測すると、Iは身辺に慎重で有り、逮捕状の出ている事を認識している。その為に人前に姿を出さない。SMが好きで、数人のボディーガードを付けて買い物に来ている。自宅には殆ど姿を見せず、息子とも接触を避けている。

 本人の身の安全と息子を守るために、別居し接触を持たない。実家の方のチームからの情報は、やはり近所の人はIを知っている。写真で確認させた。実家に時々姿を見せる。近所の話では、住んでいる気配もあるが、ハッキリと確認はできない。

スタッフ
「ボス、これ以上の調べは難しい。ここの住人はシャブのディーラーが多く住み、警戒が厳しい。これ以上の事をすると我々が危険です。」

「だから何だ? それで泣きごとを言ってるのか? 受けた仕事だ。もっと詳しく調べろ。泣きごとを言うな。」
スタッフ
「しかしボス、ここは違う。近所同士で見張り合い、助けあってるし、私たちはもうマークされてる。危険です。」

「もっと確実な証拠をつかめ。そこに住んでいるのか? それとも、Iは他にも家が有り、そこに住んでるのか? シッカリ調べろ。」
スタッフ
「OKボス。もしもの時は頼みますよ。」

「その時は私に任せろ。そんな心配をせず、調べてこい。」

 その翌日スタッフの一人が拉致された。住人に拉致されて色んな質問を受ける。私のスタッフは嘘をついた。「シャブが欲しくて、ここで買えると思い、ここに来た。シャブが有るなら売ってくれ。」 こう嘘をついた。幸運なことはその結果、Iの実家の中に入れたことだ。実家内を目ざとく調べ、飾ってある写真、そう言う物で内情を知った。間違いなくIの実家で有った。しかしそこに住んでいるのは、両親だけで、子供が3人ほどいたが、Iの姿は無く、それ以上の事は掴めず、スタッフはシャブを少々買い、拉致から解放された。しかし馬鹿げた事に、その後バランガイに職質され、シャブを所持してる事から、逮捕されると言うハプニングが起きたが、事情を説明し事なきを得た。

 Iは姿を完全に隠し、家族にも接してない状況で有った。これ以上の進展が見えないので、一度スタッフを引き上げさせ、情報を纏めた。スタッフを育てるために仕事を任せたが、まだまだである。要領が悪く、結果が出せない。

 私は、依頼人であるKさんに、全ての証拠を見せながら、説明する。彼女は納得をする。しかし引き続き探して欲しいと相談され、私も、今の状況はスッキリしなかったので、それを約束した。引き続き調べる約束をし、一応の形で、取りあえず了解を貰い、終わった。

 それから一か月後、私のその時のスタッフから連絡が入った。彼はセブの実家に帰っていたのである。

スタッフ
「ボス、Iを見つけました。セブにいます。」

「セブ? 本当か? 間違いないのか? 本当にIか?」
スタッフ
「間違いありません、私の親戚が警察で働いていて、彼女を良く知ってます。数ヶ月前からセブにいて、数人の男達を引き連れて、よくSMで買い物をしているらしいです。写真を見せたらIと言う確認を得ました。逮捕できますよ。彼は協力してくれます。如何しますか、ボス?」
私、
「待ってろ、Kさんに連絡を取り、どうするか確認する。」
スタッフ
「OKです。何時でも連絡下さい。逮捕しますから。」

 私は、日本に帰ったKさんに連絡を入れた。どうするか? 確認を得たかった。


「今スタッフから連絡が入り、セブにいると言ってます。確認したそうです。如何しますか?」
Kさん
「セブですか? セブにはIの家族が住んでいます。セブにいたんですね。だから見つけられなかったんですね。」

「そうですね、偶然に見つけました。如何しますか? 逮捕しても良いし、お金を取り戻す算段もしますが? しかしその保証はできませんよ。精々カビテの自宅を取り返す位でしょう。それで良ければ協力します。」
Kさん
「主人と相談して連絡します。少し返辞を待って下さい。」

「分かりました。逮捕となると逮捕状がいる。その時は妹さんに言って、逮捕状をください。良いですか? もう一つIは国外逃亡を図っています。セブからの情報では、もう直ぐしたら、海外へ逃げて、フィリピンには帰ってこないと言う話も出ています。なるべく早い決断をして下さい、良いですね?」
Kさん
「分かりました。すぐ連絡をします。」

 Kさんの連絡を待った。しかし連絡が入らない。後で知った事だが、ビジネスで中国へ飛んだらしい。

スタッフ
「ボス如何しますか? Iを捕まえましょうか? 皆協力してくれますが。」

「分かった、OOOOでOOOOをOOOO、?????
分かったか?」
スタッフ
「OKボス!!!」

 こう言う事が有りました、難しい事件でしたしかし、運が良い事に偶然にですが、Iを見つけましたし、その後の事もありました。ここでは詳しく書く事を止めときます。マビニから逃げた日本人もセブで確認できています。広いようで狭いんですね。

                     JAC代表






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

おはようございます(^-^)/代表!

捜査ドキュメンタリー映画!
さながらデスね!

皆さん!兎に角

気を付けて活動して下さい!

2012⁄03⁄25(日) 08:54 |

ROLO様

映画見たいですか? 実際スタッフはビビっていましたね、とても危険な地域で、
殺人者(ヒットマン)やディーラーが殆どで、異様な場所です、

いる事はいるんでしょうが確認できず、焦ってましたね、

しかし、偶然とは恐ろしいもので、見つかるんですね、しかも全然違う所で、
これには最初、驚きました、信じられなかったですね

                                         JAC代表
2012⁄03⁄25(日) 10:02 |

こんにちは!

拉致されたスタッフは日本でも活躍出来そうな方ですね!
腐敗している千〇警察署で働いて頂きたい気分です・・(^^ゞ

探している時はホントに見つからず、ひょんな時に見つかる事って多いですよね。

くれぐれも被害に遭う事の無いように活動して下さい。
2012⁄03⁄25(日) 12:58 |

リベロ様

セブにいると聞いた時には、正直驚きました、最初は正直冗談だと思い
俄かに信じられなく、依頼者に話を聞いたところ、間違いないと言う返事でした

偶然と言うか、執念と言うか怖いものですね

                                            JAC代表
2012⁄03⁄25(日) 13:04 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/437-387e6938




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。