スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

取り返したい

2012⁄07⁄06(金) 08:00

読者からの質問コメントです
■メッセージ
フィリピン人のかつて運転手だったひとに、100,000ペソを、借用書を作らせて貸しました。
2007年でした。いつかはかえしてもらえるのか、と信用してましたが、突然連絡がつかなくなりました。
そのような場合、実際に支払いの能力、(おそらく無職と思われる)がない場合は、強制的に返却を求めることはできないのでしょうか。また、彼の家族には要求はできるのでしょうか。



こう言う質問ですが、こういった経験をしてる人は多いと思います。

私の意見で、まず最初に言いたい事は、運転手のサラリーは幾らですか?P1万からP1,5万位でしょう。

その位のサラリーの人に、P10万貸した方が間違っています。


貸したお金の金額と運転手のサラリーを見比べれば一目瞭然です。

運転手のサラリーでは、家族が食うか食わずかです、その生活の中で、どうやってP10万を返せるのか?

考えてみれば簡単に分かる事だと思います。


フィリピンでは、日本人の感覚でお金を貸す場合は相手の収入と経済状態のバックグラウンドを良く調べてからでないと、貸してはいけません、「お金を貸す」つまり相手からの返済を求めるのであれば、絶対にバックグラウンドを調べてからにすべきでしょう。

ある程度の金額のお金を貸す場合は、返してもらうと言う感覚は止めた方が良いでしょうね、「上げる」そう言う気持ちを持ってすべきでしょう、そういう考えの方が後々トラブルを防げます。



さて、今回の質問ですが、「強制的に取り返す」その方法はハッキリ言うと、強硬手段を持って取り返す、そう言う意味だと思いますが、強制的に相手に圧力を掛け支払いの要求をする事は可能です。

しかしそれをしたからと言って、返ってくる保証はありません、相手に何も無ければ取りようがないと思います、親戚、縁者、家族には返済の責任はありません。

日本と違い、そう言う人の親戚、縁者もお金は無いでしょうし、もし有っても返済はしません。



もう一つは、裁判による方法ですが、経費と時間を掛け裁判を掛けて判決を待つにしても、貸したお金よりもっと高くつきます。

それを承知で裁判を起こし返済を求めるのなら、それも一つの方法です、私も実際そう言う経験が有りますP27万を取り返すのに裁判をした事が有ります、6年の歳月を費やし、裁判への出頭の為日本から裁判の為に来比した事も何度もあります。

裁判に使った費用はミリオン以上の費用です、知り合いのフィリピン人は、その事で笑いました、貸したお金より裁判の費用が遥かに高い金額を使ったからです、私はこう言いました。


「お金だけで考えれば、馬鹿な行為だろう、しかし私にはプライドもあるし、意地もある、日本人はフィリピン人とは違う、私は馬鹿にされて、あぁそうですかと笑い諦めるような男ではない意地を通す、この方が大事だ」



そう言う説明をしてもこのフィリピン人には理解できませんでした。

日本人のプライドと意地というのは、フィリピン人には理解できないんでしょうね。



貸したお金を取り返す、当たり前の事ですがこの国では大変な事です、それに伴う経費は馬鹿にできません、経費を使い100%取り返せる保証は有りません。



方法は一つ、貸す前に断る、それだけです、もしくは貸す金額を相手に対し上げるつもりで、出来る範囲内に留め上げる事です。

私の場合仮にP1万を聞かれたら、P3000位に留めて渡します。

その方が後々お互いに害がないと思うからです。



皆さんは、この問題に対しどう?対処するのか?

自分で決める事だと思います。



                 JAC代表




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

取り返したい

おはようがざいます。
法的処置で返済命令は出るでしょうが、実際に支払い能力が無ければ意味が無いと思います。
逆に、逆恨みされて命を落としかねません。
高い勉強料を払ったと思い、諦めるしか無いと思います。
私も社員の一人にお金を貸し、10年近く返してもらっていませんが、請求するつもりは有りません。
逆に、それを理由に他の社員からの頼みを断っています。
2012⁄07⁄06(金) 11:37 | | [edit]

取り返したい

代表の仰る通りだと感じます。日本人は良心と云うか、断る事が恥かしい感覚が存在しており、断りきれない事もしばしばですね。自分の出来る範囲のお金を捨てるつもりで差し上げるのが得策でしょうね。正に代表の言わないとする事が理解でます。
2012⁄07⁄06(金) 12:55 | | [edit]

naka様
私も沢山のお金を貸していますが、私の内心では、返ってこないお金で、取りに行く気もありません、
沢山の経験上から、まず取れません、返ってきません、

無いものからどうやっても取れないですね、「何も無い人が一番強い」相手もそれを分かっています


                                                   JAC代表
2012⁄07⁄06(金) 14:22 |

twinさん

私の場合、付き合いが多いので、断りきれない場合も多いんです、
そう言う時は金額の負担を減らすようにしています、

貸すのじゃ無くて、上げる、そういう気持ちですが、相手にはハッキリ言います、
チャンと返せ、しかし一人も返しに来た人はいませんね、ハハハ


                                                      JAC代表
2012⁄07⁄06(金) 14:25 |

はじめまして

ダイビングをしようと思い偶然ブログを見つけ興味深く読ませていただいております。
借金の申し込みは断り辛いものだしお金が返ってこなけれは後味がわるいですね。

私も若気の至りで友人に金を貸しトラブルになった苦い経験があります。
貸すのではなく、あげるのだって感覚はよくわかります。
最後になりましたがJACの活動応援しております。
2012⁄07⁄07(土) 14:00 |

こばかつ様

初めてのコメント有難うございます、今後とも活動の応援宜しくお願いします。


                                                       JAC代表
2012⁄07⁄07(土) 14:11 |

借金

日本でも同じで貸したら返る来ることはないと思うのが普通でしょうね。

フィリピンで運転手から貸し手くれと言われ担保を要求したら当時出回っていた弾が後ろから出る可能性のある密造品Saturday special、5000ペソ貸しましたが担保は当然受け取りませんでした。
気の利く良い奴なので子供の学費を援助してました。
スービックの基地内の仕事をしてた時彼が頼まれたのかFenderのギターを持って来たので買いましたがこれが逸品、今でも所有してます。多分米兵宅からの盗品、手数料稼ぎでしょう。

女房実家に紹介し夫婦で働いていますが長男は紹介した日系企業で働いている為か行くと挨拶に来ます。
こんなフィリピン人でも貸しません。貸さない事を知っているのでこないのかも知れません(笑)
借りに来ないような人種と付き合うのが最善です。
2012⁄07⁄07(土) 16:26 | | [edit]

でぶ熊様

お金の貸し借りとは、大変難しい事ですね、私は馬鹿なのか?出来る事はしています、
しかし、限界もあるし、借りる理由を聞いて、その後に判断します、
貸した後には、自分が苦しい思いをするんですが、性格なんでしょう、

治りませんね、探しても薬は有りません、自分で納得するしかないですね。
それも人生でしょう。

                                                    JAC代表
2012⁄07⁄07(土) 16:56 |

JAC会長、ご無沙汰しております。

妻と日本で住んでいた折、当時沢山の不法滞在比国人があり、借金の申し込み、沢山あったそうです。私は一切タッチしませんでした。どんな方法で返済されたのかは解りませんが、事故はなかったそうです。

私が思うに妻は比国人ではあるが、感覚的には日本人そのもの、つまり、比国人のだらしなさ、私には見せないような節がありました。
ある意味、東京の比国社会のボスだった、そんな事も影響したかもしれませんが、条件は厳しかったらしい。

在比の場合、これは判断が難しい、
2012⁄07⁄08(日) 09:26 | | [edit]

美OO様

ハハハ、相変わらずの毒舌有難うございます、貸し借りの問題は、大変ですね、
貸した方が、返済を求めるとトラブルになったりします、

私は、貸しても、忘れます、その方が楽です(精神的に)考えないようにしています、


                                                        JAC代表
2012⁄07⁄08(日) 10:54 |

わがまま、親父様

体の具合は大丈夫ですか?腰は要と言います大事にして下さい、余り無理をせず少しづつでも
直すようにして下さい、

お金の貸し借り、私たちはビジネスではありません、知り合いや友人に貸し借りの状態が発生します、
友人に借りる場合、貸した場合、それぞれ嫌な事が付きまといます、

特に友人との間での貸し借りは難しいですね、恥を忍んで借りに来る場合もあります、そう言う時は
貸しても、黙っています、お金の為に友人を追い込みたくないですからね。


                                                     JAC代表
2012⁄07⁄08(日) 11:07 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/530-46cf0c21




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。