スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

涙のバースディから

2012⁄08⁄06(月) 08:00

以前ブログにも書きましたが、私の自宅近所にスコーターが有ります。

スコーターと言っても他の地域のスコ-ターと違い、広い土地に独立した家を持ち、ビジネスも行い、フィリピンでは中流或いはその少し下位のレベルです。

そこに住むある家族子供は10人と子だくさん、しかし全員がプライベートスクールを卒業し、看護婦、SM,船員、各種色んな職業に就き、両親を助けています。

その家族の一番末っ子が男の子で小学校を5年生で学校を止め、その年から父親の手伝いをしていました。

他の兄弟全員は良い学校を卒業し、この国では認められた職業についてますが、この末っ子だけは、母親が如何言う理由か知りませんが、学校に行くにも、素直に行かせてくれなくて、本人の意思で学校を止めたそうです。

それからの彼は父親の手伝いをし、溶接バイクの修理、他色んな職の技術を学び、今では大人並みの技術を持っていて、近所の評判も良く仕事の依頼が入ります。

彼は近所の子供達の所謂ボス的存在で、20人ほどの仲間がいます下は12歳位から上は17歳くらいの年頃の仲間です。



仕事で稼いだお金は、ほぼ全部母親に渡し、家族の生活の支えにと協力をしている、可愛い子供です以前は私の自宅前でスタンバイをし、私が出掛ける1時間くらい前には何時も自宅前に数人の友人と
いました。

私が出掛ける時には何時も声を掛けていました。

彼の名前は、R、



Tatay Take Care!


Oh You Too Take Care、Ingat!

R
Tatay、I LOVE YOU!


こんな感じで私を送っていました、それに伴いそこにいる7~8人の子供達、女性も含め全員が 『I LOVE YOU TATAY』

一斉に声を掛けていました、私は全員に向かって。
『INGAT!(気を付けて)Bye Bye』

そう声を掛けて出かける毎日でしたが、そのRの誕生日が数ヶ月前にありました、私は女房から誕生日の話を聞いて、バースディケーキとチキンを買いに行かせ、その夕方から彼の仲間が15,6人集まり、私の自宅でバースディパーティーを行いました。

私は、仕事が有るので参加しませんでしたが。


このR、彼はテーブルの上にあるケーキとチキンを見て涙を流していました、仲間からHAPPY BIRTH DAY TO YOUその歌を全員が歌ってる時には、声を出して泣いていたそうです。


R
15歳になるまで、一度もバースディパーティーは親からもしてもらっていない、僕のお兄さんもお姉さんもバースディパーティーをしてるけど、何故だか僕のお母さんは僕には冷たく、バースディパーティーは一度もしてくれなかったし、学校に行くのも良い顔をしなくて、早く学校をやめろと言われてた。
僕の人生で初めてケーキが有り皆からハッピーバースディと言われたのは、初めてなんだ、そう言って涙をいっぱい流していたらしいです。

タタイに有難うと伝えて下さい、僕は一生忘れません。


そう言う事が有って、今月私の女房の誕生日が有りました。

女房は、誕生日を気にしなくパーティーをする気も無くただ普通の日を過ごしていました。

私は女房に今度の日曜日に時間を作りバースディパーティーをしようとだけ言ってその日は出掛けました。

夕方6時を過ぎた頃、女房からTEXTが入りました、非常に珍しい事です、女房は緊急以外私の仕事を邪魔したくないと考え、TEXTや電話は一切ありません。

しかしそのTEXTは、子供たちが集まってきてバースディパーティーをやろうと言うのです、その許可を得る為TEXTをしてきたのです。

子供達は各々持ち寄ります、少ない小遣いの中から辛抱して貯金をし、その日の為にブランディーを3本、チキン、蟹(アリマゴ)数匹、それぞれを持ち寄り、女房のパーティーを行ってくれました。

勿論女房は驚き、子供達の好意を受けたいと思い、私へパーティーの許可を求めてTEXTをしてきたのです。

勿論私はOKという返事をし、自宅のガレージでパーティーは行われました。

それぞれ持ち寄った物を皆で楽しみパーティーは行われました。

そこへRが仕事中にもかかわらず、小脇にブランディー、ケーキを持って女房の所へHAPPY BIRTHDAYそう言いました。

女房は驚きブランディーやケーキはいらないのに無理をしては駄目と言うと



R
僕の誕生日にタタイとナナイは、パーティーをしてくれた。
それも僕の人生で初めてのケーキとチキンを買ってプレゼントをしてくれた。
僕の為にお金を使い、祝ってくれた事は、僕は一生忘れない、そのお礼に、仕事で得たお金を貯金してナナイの誕生日にプレゼントをしたかったんだ、だから心配しなくて良い。


そう言ってプレゼントをしたらしいです、そこにいた仲間たちは大きな拍手で彼を祝ったらしいです、それと女房の誕生日をRも含めて全員でHappy birthdayを歌ったと言いました。


夜10時30分を回る頃には、子供達の母親がそれぞれ子供を迎えに来たそうです、その理由は夜11時を過ぎると私の地域ではバランガイが未成年者を掴まえます、非行を無くすためにです。

ドラッグやシンナー等の非行を無くすために11時以降は未成年者は、一人歩きできません、しかし母親なり父親が同伴の場合は大丈夫です、その為母親が迎えに来たそうです。

母親も女房の気遣いに感謝をして、帰ったそうです。



因みに、バランガイに逮捕された子供達はシティーホールに送られ、朝から丸一日、道路の掃除をさせられると言うペナルティーが有る為に、子供達はそれを嫌がり、11時過ぎの一人歩きは減ったそうです。


フィリピンには色んな顔の世界が有ります、マビニの世界もそうですし、都会の生活の世界、田舎の素朴な生活の世界、私の近所の子供達の世界、私はこう言う子供たちを嬉しく思いますし、とても可愛く思います。

フィリピンの子供たちにもこう言う世界が有ると言う事です、世話になった恩義、それを忘れなくてお返しに来る、とても嬉しいですねそれと同時に驚きもしましたし感動もしました。


最後にRが一言言った事
「Utang Na Loob Diba?Nanay?」
(恩を忘れるな、心の借り)


タタイが何時も言ってた、人に世話になったら感謝をしろと、僕は、タタイの教えてくれた事をしただけの事さ。


そう言ってRは仕事が残ってるからと言って帰ったそうです時間は夜8時30分を回っていたらしいです。


あるフィリピンの情景です、こう言う事がこのフィリピンを忘れられない事に成って行くわけです。

私の住んでるフィリピンこういう子供たちのいるフィリピンけして、悪い事ばかりでは有りません。



この子供たちがあるコンテストに参加しました。

自分たちのオリジナル曲を作りダンスを交え歌いました、曲の内容はこんな感じです。


「僕たちの国フィリピン、政治家は約束をする、だけど何一つ実行しない、貧乏な人は沢山いるけど、大人たちは金持ちだけに幸せを作り、貧乏な人には何もしない、何時までこういうことが続くのか?僕たちが大きくなっても何一つ変わらないだろう、政治家は権力とお金を持ち自由にしている、僕たちは学校を出ても仕事さへない、どうなっているのか僕たちの国は?沢山の税金を取りその金はどこへ行くのか?不思議なことが多すぎる、僕たちの国フィリピン」


こういう内容の歌です、コンテストに優勝するとP10000の賞金があります、子供たちは女房に相談しました。


子供達
僕たちが、コンテストに優勝したら、P10000貰える。
だけど、お母さんは信用できない、賞金をお母さんに渡すと使ってしまう。
ナナイ(私の女房)賞金が入ったら、ナナイに預けるから頼むよ、僕たちの母親は信用できないけどナナイは大丈夫だ、優勝して有名になる時にはナナイがマネージャーに成ってくれ。


こう言う事を言ってコンテストに出ました、彼らは頑張りましたが優勝はできなく、四位に終わりましたが、再度挑戦すると頑張っています、次はユニフォームを作り挑戦すると言ってました。


実に可愛い子供達です、彼らの作った曲は凄く良い歌の意味がある歌でした、頑張って貰いたいですね。

                  JAC代表








JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

Utang Na Loob Diba?Nanay?

>Utang Na Loob Diba?Nanay?

自身に対しての行為、恩義、、、

忘れる??、若しくは忘れたふりをする、又は、自身の取り巻く環境が原因で、感謝の気持ちを感じながらも完全にトボける、、、
それだけならまだしも、完全肯定する為に、語句の表現や、辛辣な揚げ足取りに躍起になる心の狭い島国根性丸出しブロガーやコメンテーター。

一部の在留邦人やブログ主催者には、一度、精神カウンセリングが必要では?と、心配になってしまう方が多いですね。
一番重要な事は、「Utang Na Loob」を受けた方自身の、「受け止め様」ですよね。

片や、我々がメインで援助した!、と積極的に発信し自慢しつつ他者の介在を完全否定、、片や、「受け止め様に対しての疑問」、、、

前者に対しては、これが比国と関わる邦人の一部に存在する事自体に「アホか?」と感じますし、いい大人が海外で自身の身体的リスクを管理しきれなかった報いなのですから、「Utang Na Loob」で生き存えた事に関与した全ての方への感謝が自身の、「受け止め様」で一部成されていないのでは?と感じますね。

比国と関わる邦人全員がこのR少年みたいに、「Utang Na Loob Diba?Nanay?」と、自ら恩義をお返し出来る正常な思考回路を持ちたい、持ってもらいたいと感じます。
2012⁄08⁄06(月) 17:42 |

感動しました

こんなよい話もっともっと聞きたいです
2012⁄08⁄06(月) 19:24 | | [edit]

代表さま。

お久しぶりです、お元気そうで何よりです。
R君たちの事は、以前のブログ記事で知っていました。
確かにフィリピンには、良くない子供たちもいますが、このような心を
持ち合わせた子たちも大勢いるのでしょうね。
子供たちのピュア-な気持ちに感動しました。
2012⁄08⁄06(月) 19:55 |

謝罪まだでしょうか?
もういい加減にしませんか?逃げてばかりで男らしくないです!
2012⁄08⁄07(火) 01:41 |

上州人@前橋様

私もそう思いますね、美徳そういうのが見えないですね、話のすり替えが多すぎますね、
正当な言い分はお互いにあるわけですからね、数を書いていけば知らない人たちは信用するでしょうね、
そこまで、私はする気はありません。

わかる人にはわかる、それだけでしょう、貴方みたいに、

                                                  JAC代表
2012⁄08⁄07(火) 14:03 |

mirai様
本当に可愛い子達で、私の留守に起こったことで、帰宅したら女房からこの話を聞き、
可愛がってる子供たちが、理解をしてくれる、そういう子供達で良かったと思います。


                                            JAC代表
2012⁄08⁄07(火) 14:05 |

FUBO様
本当に可愛い子供達で、その笑顔に救われる時もあります、
こういう可愛い子もいるんです、ちびっこギャングだけではなく、素直な純真な子供もいるんです
貧乏でも、一生懸命、家族を手伝い、支え、自分を犠牲にしている子供たち、
私が出来る事はしていきたいですね、物事の良し悪しを教えることも大事ですからね。

                                                   JAC代表
2012⁄08⁄07(火) 14:18 |

田川さん

何か、勘違いしてませんか?私が貴方に謝罪する必要は何もない、もしあるとすれば?
本人と話した上で、私の悪いところがあれば、謝罪しましょう、しかし、貴方たちは話をすり替えているだけで
本来の趣旨を受け止めていない、そこが勘違いでしょう、

私のブログに記載したことは、友人の記事を掲載し、私の所見を書いたことは事実ですが、
貴方が所見を書くのと同じに、私は私の所見を書いているだけです。

男らしくない?逃げている?何を意味して言ってるのか?逃げてもいないし、私は私の道を言ってるだけです
勘違いはして欲しくないですね、先日書いたように、この件には一切コメントをしない、
それを実行しているだけです、しつこいのも男らしくないでしょう?
どうですか?話があるならいつでも来てください。

                                                 JAC代表
2012⁄08⁄07(火) 14:25 |

ご無沙汰しております

良い話しありがとうございました。

以前他所で奥様が体調崩されたとのコメントを拝見しまして

内心心配しておりましたが、既に回復されてるみたいで安心しました。

いつも危険と隣り合わせでのそちらの活動は奥様並びにお子様方の心労も、
並大抵ではないとお察し致します。

今後ともご自愛なされてご家族様や訪れる旅行者が安心出来る
マビニに一日も早くなることを心より祈っております。

2012⁄08⁄07(火) 18:53 | | [edit]

masuya様

久しぶりです、コメント有難うございます、女房は一時はどうなるかと思いましたが、
どうやら少し落ち着いています、まだ療養が必要ですが、無理をしない程度なら、日常生活にも
差支えがないくらいには回復しています、薬でも今のところ大丈夫みたいです、

心配をお掛けしました、又、心配をしてくれまして、本当に有難うございます。

                                                     JAC代表
2012⁄08⁄08(水) 02:29 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/552-d300bff6




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。