スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

私の思い出

2012⁄09⁄07(金) 08:00
私が学生時代育ったのは、長崎でした、その頃の思い出を書いてみたいと思います、その経験と環境が今の私を作る基礎になってると思います、飽くまでも思い出話です。



中学校時代は、正直毎日喧嘩ばかりしてました、それも人のための喧嘩でした、友達を守る、虐められている子を守る、そういう喧嘩でした、他校から私の学校に殴り込みを駆けてきたり、そういう時代でした、中学三年生になると要するに進学問題です、



私は正直、大人になって何をするのか?どんな大人になるのか?皆目見当もつかず、何をしてもいいのか分かりませんでした、友人は進学高校に進学します、私は当時進学校に進み、就職する事にも疑問があり、又父親と進学の問題を話しても、大学は国立しか行かせられない、そういう返事でしたが、私の性格上国立大学へ進学し、将来何に成るんだ?そんな考えが頭の中にあり、答えが出せませんでした、父親は佐世保市にある工業専門学校に行けば
将来問題はない、そうは言いますが自分自身納得できず、そういうものなのか?そういう疑問が常に有り答えが出せませんでした。


ある日の事、学校の掲示板に貼り紙がしてあり、いつもは気にもしないんですが、読んでみると生徒募集の張り紙でした。


船員になるための養成学校で、国立でした、生徒全員寮生活で学費も免除お金がいらない、これなら父親も反対しないし、掛かる費用は食事代と寮費です、このお金も奨学金を受けられ、多方それで賄えます。


私は、胸が踊りましたね、「ヨシ、この学校へ行こう」そう決めました、船員になれば世界中を周り、世界を見れるしかも給料が良い、これ以上のものはない、本当にそう思いました。


しかし現実を振り返ると、私に受験をパスする能力があるのか?国立の学校にパスをする力があるのか?そう考えましたが私の事です、やるだけやってみよう、簡単な答えでした「どうにかなるさ、俺はパスする」単純でした。



同級生は、みんな無理だと言います、私は大丈夫パスする心配するな、そう言い切ってました。


この学校の受験試験が私の学校でありました、近隣(長崎県)から受験生が集まり、テストがありペーパー試験があり面接試験があります、ペーパー試験が終わり教室を出て、面接の順番待ちをしている時に、ある事が起こりました、他校の生徒が私の学校の窓ガラスを数枚割っているんです、私はそれを見た瞬間走りました、3人の他校生でした、3人相手に喧嘩をし、殴りました、許せませんでしたね、喧嘩の騒がしい音で面接官が教室から出てきて、私たちを見つけます。


面接官
何ばしよっとかーっ

こい達が(こいつら)窓ガラスを割っとるけん、怒って喧嘩したとです、
面接官
喧嘩はダメやろーが、

はい、すんません、ばってん、こいつらは悪か、人の学校の窓ガラスば割る事は許せんです、
面接官
お前は、この学校の生徒か?受験生か?

そうです、こん学校です、(この学校)
面接官
そうか、もう喧嘩すんなよ、

分かりました、もうしません、ばってんこい達はドンゲンすっとですか?
面接官
オイが後からチャンとすっけん、我慢しとけ待っとけ、良かか?

良かです。


その後私の面接になりました、呼ばれて教室に入ると、先程と同じ面接官でした、驚きましたね



面接官
お前、名前はOと言うとか?

そんげんです、Oです
面接官
お前、受験しに来て喧嘩すれば試験はパスせんとば、分かっとるとか?

はい、分かっとるです、ばってんオイの学校に来て、ガラスば割る事は許せんです、殴ったのは悪かったばってん、許せんです
面接官
そうか、お前試験がパスしたら、オイの学校にクッとか?(来るのか?)

オイは行きますバイ、パスしたら行きたかです、将来船乗りになって世界中ば回って見たかです、
面接官
分かった、お前通ったら、絶対来いよ、こんば行かんぞ(来なくてはいけない)

はい、絶対行きますけん、宜しくお願いします。


私は正直ペーパー試験は五分五分受かるか?落ちるか?その程度のレベルでしたが、私はなぜか?通るという何だか分からない自信がありました、感も働いてそう感じてました。


2~3週後、学校から一通の手紙が来ました、開けてみると合格通知でした、私は、冷静でしたね、当たり前だ、俺は受かる、そう信じてました、この学校以外に自分の将来はない、そういう風に勝手に決めていました。


いよいよ、中学校を卒業し、この船員養成学校に行きました、学校の校庭に新入生全員が集まり、教官の挨拶等が全て終わり、解散したところで、面接官だった人、この学校の教官でした、


教官
オー、O来たか?よう来た、オイがお前の担任になる、頑張れよ

はい、有難うございます、頑張ります。


そう言う事でした、私の想像ですが、ペーパー試験は落ちていたのかもしれません?しかしこの教官が私の事を認め好きで合格したんだと、そう感じました、偶然というのはそんなに重なりませんからね、



その後は、体力試験です、左右の片足屈伸15回ずつ、左右片手でロープにぶら下がり1分?腕立て伏せ、腹筋、全て体力のチエックです、聴力検査、視力検査、体力のない人は、そこで落ちていきます、私は幸いにも人以上にスポーツをしていたので、なんの苦もなくOKでした、勿論合格です。
商船学校5


そこからが、この学校の地獄の始まりでした、厳しかったですね、毎朝6時起床、5分以内にベッドを整頓し、枕、掛け布団も決められた通リ整然としなければいけません、生徒は全員校庭で体操、マラソンです、その間に教官は各室内の点検に回ります、布団、枕の片付けがきちんとしているのか?点検で合格をもらえないと、ペナルティがあります、ペナルティはケースバイケースでした、その後は清掃、朝食、授業と時間通りに進みます、時間が狂うことはまずありません。


授業は、船員になるための授業です、航海方、船舶運用方、海事訓練、ロープの編み方、ペンキの塗り方、船舶に関する事は全てです。


その後は、スポーツ活動、2時間ほどのあと、夕食です、当番で食事の準備と食後の食器洗い、食堂の清掃、
毎日が、規則正しい生活です。


室内で1時間ほどの自由時間のあとは、自習時間、2時間くらいです、この自由時間に皆な、ラブレターを書いたり、文通をしたりして厳しさや、寂しさを癒してました、特に彼女からの返事が来ると飛び上がって喜び、みんなに自慢をし、手紙にキスをしてました手紙からホノカな香りがしたりしてると、一生懸命に嗅いでいました。



その後は就寝時間になります、9時30分?位でした、就寝時間が1時間も過ぎると、「ひた、ひた」足音が聞こえます学校生活が半月もすると、この足音だけでも目が覚めます。



その理由は、この教官の見回りが終わって暫くすると、他の班室の生徒が寝込みを襲ってくるからです、油断をしていると寝込みを襲われ、俗に言う「踏んだり蹴ったり、殴られます」。


その為に、この「ひた、ひた」と言う音には敏感になり、たとえ眠っていても、この音で目が覚めて起きます、この音の違いだけで教官が来ているのか?ほかの班室の生徒が来ているのかが分かります、人間の本能とは凄いです、訓練され本能が鍛えられると直感力が増し、例え眠っていても、こういう「静寂の中の。異様な音」こういう事にも敏感になり、瞬間的に対処できるようになります、「寝ぼける?」そういう暇はありませんでした。



新入学から半年位は、地域別の喧嘩です、要するに「番長」こういうものを決めるために、毎日が喧嘩でした、幸い私たちは最後まで残りました、今になると笑い話ですがそういう時代でした、



最後まで残った二組み、私と、同じ長崎の男でした、やはり中学時代「番」を張っていたとかで、私に負けるのを嫌い認めません、このAは面白い男で、私が廊下を歩いているといきなり襲ってきます、「O----」私をそう叫びながら襲ってきます、私はそのAを払い腰で廊下に投げ捨て、さっさとその場を立ち去ってました、何度も襲ってきますがその度に私に投げられ、適わないんですが、掛かってきます。



最後の戦いが、挑戦状がそのAから来ました、Aは学校を中退する覚悟で、私に呼び出しをかけてきました、皆が寝たあと夜10時30分、艇庫裏に来い、そういう呼び出しでした。


私の友人が、Aは仲間5人くらいで、私を待ち伏せし闇討ちをかける計画だと教えてくれました、その友人は私と一緒に行くと言ってくれましたが、それを断りました、「良いよ、一人で行く」



友人
Oどうして一人で行く?

Aは退学覚悟で喧嘩するんだろう?その為には何が何でも勝ちたいんだろう?卑怯であろうが何だろうが、それがアイツの最後の手段だろう?構わないから俺は乗ってやるよ、もし俺が負ければあいつは満足して中退する、もしアイツが負ければ悔しい思いで中退する、どっちになるか分からないけど、学校生活の思い出だ俺は、一人で行き、勝負してくる、大丈夫だ、心配するな 死にはしない。



夜、時間通り艇庫裏に向け歩いていると、練習用艇の陰からいきなり棍棒が私の横腹を目掛けて払ってきた、私は左腕でその棍棒を受け、もぎ取り捨てた、すると他から二人が出てくる本人のAは我武者羅に掛かってくるが、それを払いながら、二人に掛かって行き一人を殴る、投げる、もう一人は怯むAを投げ捨てその上に乗り数度顔を殴る、鼻と口から血を流す私はAに言う、「A,もう止めんか?意味がなかろう?」ほかの仲間も、もう掛かって来ない、黙って見ている、Aは悔しい顔をしている、余程悔しかったんだろう



A
O、いくら柔道が強かろう ばってん、のぼすんなよ、オイは学校ば辞めたら、ヤクザになる、ヤクザになってお前ば倒す、オイはお前に負けん、お前が長崎に帰ってきたとが分かれば必ずやっつけに行くけんが、良かな?覚えとけよ、オイはお前が憎か、今までオイは喧嘩に負けたことが、一ぺんもなか、ばってん、お前には、みんなの見とる前で何回も投げられた、オイは正直恥ずかしかった、オイも柔道ば習う、そしてお前に勝つけんな、良かか?

良か、いつでも来んや、良かバイ、オイは待っとるけん何時でも来んや。


Aの顔が腫れて、怪我をしているのを教官に見つけられ、喧嘩がバレてしまい、私は退学寸前までなりましたが,嘆願書を書いて、何とか許してもらいました。

それから、1週間後にこのAは学校を中退しました、しかし、その後彼とは一度も会うことはありませんでした、数年後に長崎のヤクザに彼の名前を聞いたところ、誰も彼を知りませんでした。


                 パート2に続く
                        JAC代表





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment

空港にて

本ブログとは関係の無い話ですが、先日、マニラ空港にてターミナル1を使用した際、入国時の税関のところで財布を落としてしまいました。ゲートから出る際に気付いたのですが、ショックでおろおろしていた際に、女性係官が「あなたの財布ではないですか?」と私の財布を手に持って聞いてきました。あまりの嬉しさに更に動揺してしまいましたが(笑)、バゲージクレームのあたりに落ちていたようです。。自分の不注意を恥じると共に、女性係官の方に感謝です。こういったこともあるのですね。人生で初めて、財布を落としました。
2012⁄09⁄08(土) 20:51 | | [edit]

タイジ様

この国では、奇跡に近いですね・・・・・、しかしそういう行動が一つずつでも多くなり、
何時かそういう事が当たり前になれる日が来ると良いですね、

タイジさんも、フィリピンでは初めての経験で、驚いたんでしょうが、
こういう話は、嬉しいですね。

また、フィリピンに遊びに来てください、楽しく安全な旅行を!

                                             JAC代表
2012⁄09⁄09(日) 13:17 |

JAC会長、楽しく、読んでいます。

私も会社員管理職時代、管理職研修がありまして伊豆の下田で、元自衛隊上がり教官がいる研修施設で、いわば、軍隊の初年兵教育のような体験をしました。

会長と比べたら、経験にもなりませんが、それでも会長の話はよく理解できます。

10日間位の短い経験でしたが、印象に残っている事として、敬礼、回れ右、行進、最初は皆バラバラ、しかし、訓練とは恐ろしい物で、最後は音が一つになりました。

敬礼、バン、回れ右、ザッザ、行進、ずん、ずん、

私、最初、分隊長、小隊長、中隊長、オリエンテーション演習で優勝し、大隊長まで出世しました(笑い)

その時、思ったのは、私、結構、向いているのかな、なんて、!!

パート3、楽しみにしています。
2012⁄09⁄10(月) 23:02 | | [edit]

わがまま、親父様

そうですね、敬礼、右向け右、回れ右、最初のころは毎日練習でした、慣れると本当に
全員が一体化しましたね。懐かしいですね。

私の人生で一番思い出すのが学生時代です。

成長してからの思い出もありますが、懐かしいのはやはり学生時代です、

最近感じることは、こういう環境で育ったことで、多少一般の人たちと感覚が違うのかな?
なんて考えています、厳しすぎるんでしょうかね・・・・・・?

                                             JAC代表
2012⁄09⁄11(火) 04:39 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/572-0cff9e9b




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。