スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

法と道徳そして戒め

2012⁄11⁄09(金) 07:00
私のブログ記事を読んで、批判のコメントが来ます、「JACは脱法行為、違法行為をしている会員を助けるのか?」批判のコメントは大方こういうコメントです。


法を遵守する、この事は大変大事で、勿論法を守るのが国民の義務です。私の考えですが、全ての法が正しく人間社会の中で必要かと言うと?私はそうばかりとは思いません。中にはやむをえない事情で、法を破らないといけない事情も場合もあると思います、


以前ブログ記事で書きましたが、「教師」という聖職に就く一人の人が、法を守り抜き家族を殺してしまったと言う話を書きましたが、その話は簡単に言うと、「闇市米、食糧」これを買うのは当時違法で、この教師は奥さんが訴える、子供たちに与える食料もなく米もない、「闇市」で食料を買うしか方法がない、主人である教師にこう許可を求めると、教師の主人は「法律に反する、私は聖職に就く男だ、法を破る事はできない」こう言い、最後まで「闇市の食糧」には、手を出さなかった、その為に奥さん子供が、栄養失調で餓死した、こういう事実が昔 実話で残っているらしいです。


もし?私がこの立場であれば、迷わずこの「闇市に向かい食料を買います」自分の愛する家族が食べるものもなく餓死をする?そう言う姿を見る事も嫌な事で許せない事です、愛する家族を守るこれは主人として、父として義務であり、安全な生活を守る力が必要だと考えているからです、その為に違法行為として、私が処罰を受けるなら、私は堂々と処罰を受けます、それで家族が助かるのであれば、私はそうします。


道路交通法と言う法律が有ります、制限速度30kの速度地域の所を、貴方の家族や大事な人が、一時の余裕もなく早急に病院へ担ぎ込まないとその大事な人や家族が亡くなるとした場合、運転をしている貴方はこの30kと言う速度制限を守り運転するのか?できる人もいるかもしれません、しかし私にはできません、30kの制限でも一刻を有する問題であれば、制限を無視してできるだけ早く病院に運び医者に診てもらい。出来る事ならば命を助けたいと思います、そう言う小さな法の為に大事な人を見殺しにはできません、その為に警察官に逮捕されても、私は戦います実際以前そういう事が有りました、「人の命と引き換えに小さなどうでも良いような法律を守る、その為に大事な命を失う」そういう事は私にはできませんし嫌な事であります。


法と言うのは、国により、また時代背景により変わります、以前は法では無くて許されていた行為でも、ある瞬間から法になりその瞬間から同じ行為をすると「違法行為」となります、じゃ今までの事は何だったんだろうか?逆に言うと法の規制緩和と言う事もあります、同じ理屈です、「今までは何だったんだ?」そう考えます、国により法が違う事もあります、例えばギャンブル、勿論日本では「御法度」です、しかし世界中を見渡せばギャンブルを公認の国もあります、それにより国の経済を立てている国さへもある訳です、例えば「マカオ」この国の経済は大方観光とギャンブル、つまりカジノで国の経済が成り立っています、韓国、ラスベガス、勿論フィリピンも違法ではありません、しかし日本では違法です、しかし「公営ギャンブル」は存在します、「競馬、競輪、競艇」大きく解釈すれば宝くじもその一種に入るでしょう、つまり日本では「国の金儲けには、カタギは手を出すな、国の上がりだ」そう言う根本が根底にあるわだと思います、国が公認して法を設定し、国民がこういう事を行うと、違法行為で犯罪者です、


石原東京都知事が東京有明地区に船を浮かべそこでカジノを東京都で運営する、「東京湾カジノ計画」実際ありましたし、石原東京都知事はこの事を公言していましたし、その計画を実行するためにかなり動きました。


つまりと知事の職にある人が「違法行為を宣言し、違法行為を実行しようとした訳です」都民或いは国民がどう思うか?そういう事はどうでも良いと私は思います、


石原知事の考えでは、ギャンブルを規制しても人々はギャンブルをする、その為には海外に出かけ「ラスベガス、ウオーカーヒル、マカオ」そう言うところで大金を使いギャンブルをし、大金が海外へ流出している、そう言う現実が有るならば、その大金が都の財政になり、都の活性化に成れば、その方が有効だと言う考えで、「敢えて、アンタッチャブル、御法度の掟破りに挑戦した」そういう事だと思います。しかも堂々と公言した日本の首都、東京都知事と言う立場を持ちながら、「公言」した、その行為はある意味私は偉いと思います、一つ間違えばその都知事と言う立場を失う可能性もあった訳ですから、その立場を捨てる、或いは無くすと言う事の可能性も含めて、彼は公言したわけです、


マニラでいえば、以前は「BAY WALK」という地域が、人気が有り沢山の人々が夜な夜な訪れていました、しかしリム市長に代わってからは、この「BAY WALK」は廃止になりました、その理由は「違法行為」そう言う大義名分の上です、以前は合法、現在は違法、こうなりました。


マビニ名物パヨンパヨンも違法行為です、マニラの規制では、道路上にテーブル椅子等をだし、飲食をする行為は違法行為です、しかし毎夜多くの人たちがその場所で楽しんでいます。しかしそう言う人たちは違法行為をしているとは、誰も思わないでしょう。しかしもし警察官がそこにいるお客を逮捕しようと思えば逮捕できる権利を持っています、もしそう言う事態になった場合?その場に会員がいれば私は助けます「所謂違法行為」でも助けます。
その事が私は悪いとは思いません、


私は勿論法も大事ですが、その方の以前に「道徳を重んじます」それと戒めです「人の物を盗まず、人を殺さず、人を騙さず、危害を与えない」その事を優先しています、


話は変わりますが、「エOOの証人」と言う宗教団体が有ります、その宗教には皆さんご存知のように、信者に対する幾つかの「掟」が有ります、つまり信者に対する「法」です、「他人の血が混じる事は、御法度」です、ある意味これは理解できます、例えばエOOの教えとは違いますが、輸血の問題はあると思います、人の血が入ると多少性格も変わったり、病気等もその血によっては、入ってきます、これは大事な事ですが、「小より大を得る」事が必要な場合もあります、つまり小さい事を気にして大きな事、「命」を救う事が大事だと思います。実際エOOの信者には交通事故等で輸血を必要としても親が輸血を拒み、命を亡くした人もいる訳です、この行為が良い事か?悪い事か?論議をする必要はありません「神に委ねた行為」である以上私がとやかくいう事ではありません。「エOOの関係者の皆様、悪意や、他意はありません、ご理解ください」


今回の記事空港税関でのトラブル処理で「JACは違法行為を幇助するのか?」そう言う批判が来ました、この事も私にとっては同じで違法行為を幇助しているとは考えません、その理由を書いていきます。


確かに持ち込み金額のオーバーはあります、それがペソであるからです、同じ金額を日本円で持ち込めば違法行為ではありません。持ち込み金額の設定により10数万ペソは違法行為となる訳です、もし?持ち込み金額の上限が1Mペソの場合には違法行為ではありません、この判断をどう解釈するかで、違法行為とみなすか?それとも、仕方がない?そう判断することに分かれると思います、


それでは税関で仮に没収されたとしましょう?その没収されたお金は国に確実に入るのか?それは疑問です、もしかしたら?税関職員内で分け与えられるかもしれません、そうすると法に乗っ取り没収したお金は国の為には生かされないと言う事です、どこかに消えてしまい、下手をすると「飲み食い」そういう事で消える可能性もあると言う事も歪めません。一概にそうとは言い切れませんが、そう言う可能性もあると言う事ですその可能性は「大」であると私は判断します、そう言う方向へ流れていく可能性が有るのなら、「大事なお金、つまり命とも呼ばれるお金」出来る事なら本人に返却してもいいと思います、そうできる知恵と器量があれば自己に於いて交渉すればいいと思います、その事でJACの助けが必要であれば、今回のように私が直に手助けをしなくても、JACの関係でそうできた訳です、会員に成った人たちの多くの人たちは「もしも?とか転ばぬ先の杖」そういう事で会員に入会しています、会員が問題に成り不安であれば、JACとしては、とりあえず助けに入ります。理由は会員の身の安全と不安を解消するためです、その後の状況により、私なりに判断します。その判断の上に於いてたとえそれが俗にいう違法行為としても、助けます。しかし道徳上許せない事には一切関わりませんし、助けません。その事で会員が助かり、私が非難されても一向に構いません、例えば弁護士と言う職業の人たちが存在し、法律上のトラブルで彼らは戦うわけです、依頼者の保護、権利を主張し法律に乗っ取り戦うわけです、私が日本にいた頃には、そう言う弁護士友人もたくさんいましたし、顧問弁護士を雇っていた時代もありました。私はその弁護士によく言った言葉が有ります。


「私には貴方たちが、事件や物事に対し法で私に話をするならば、私にはそう言う弁護士は必要ない、法は法としてその上でどうやって勝ちにいけるか?そういう事を教えてくれて、勝ちに持って行けるそう言う弁護士を必要としている、多少の法の知識は私にもある、プロではないけど知識はある、私に、法律はこうである云々で話をするならば、そう言う弁護士は必要ではない」そう言っていました、その理由は法律だけでは処理できない事もあると思うし、「法の眼を潜るのではなく、法に乗っ取り法を活用し、知恵を使い勝ちに行く算段を必要とするからです」


今回別の記事で、未成年者を買春した会員をエスコートし空港まで送り無事帰国させたその事を{JACは脱法行為をするのか?}そう言いました、厳密にいうと、その時点では違法行為ではありません、「違法行為として処罰対象にはなっていません」どういう事かと言うと?未成年者が警察に対し被害届を出して段階で初めて「違法行為」そうなる訳です、「屁理屈」そうかもしれませんが、しかし、これは大事な事です、


この件は、知り合いのフィリピン女性が妹を紹介した、姉は18歳と話し、妹も18歳だと嘘をついた、それを信じた会員はその妹と遊んだ、遊んだ後に未成年だと妹は言ったわけです、この事は姉妹揃ってこの会員を騙してお金にしたかったわけです、想像ですが妹は多分事が終わって「未成年と言えば、もっとお金を貰える?或いはセットアップできる?」そう考えたと思います、最初から騙しに来た姉妹と、会員のどちらが悪いのか?勿論売春行為は違法行為ですが、フィリピンに遊びに来る多くの人たちはこう言う現実を求めて遊びに来るわけですから、この場でそういう事を論じる事もありません、


騙そうそうとした?或いは騙してお金にしようとした姉妹と、会員ではどちらが被害者か?そう私は考えます。

その判断により、助けるか?助けないか?結果は記事に書いた通りです。その事で「JACは違法行為を幇助するのか?」そう問われたら?この件ではYESです。私はその行為を悪いとも、違法行為とも思いません。JACの会員となった人たちを守るこの事が先決です。


仮にこの時、JACが手助けしないと、批判される内容は一つです「JACは会員が困っている時に助けを求めても、JACは助けなかった、そんなJACは詐欺集団だ」こうなります、人と言うのは勝手なもので同じ行為でも、賛成する人、反対する人、自ずといます、そう言う批判に惑わされず、シッカリした主旨を持つことその方が大事な事だと考えます。皆さんがJACをどう非難しようが、反対しようが、それなりに私の考えの上で判断し、法云々を語る気は有りません、飽く迄もケースバイケースだと考えます。


最後に、タイミングよくJAC掲示板に会員から掲載された、文が有ります皆さんに紹介したいと思います。
「----引用------」
論語「民まぬがれて恥無し」

法律網をかいくぐっていることに誰も恥としない状況を言います。この原因の1つを考察します。もともと守るべき価値が低いことを「法」で縛ることが原因と見ています。守っても致し方ない法律は悪気なく、すぐに破ってしまうから、法遵守の心を弱らせることになって行きます。守りきれない法律は法遵守精神を壊すものです。

社会規則を守らせるため罰則を作る場合、現実に守りきれない社会価値や倫理価値の低い規制は抜け道を探して、法を破ることに平気になります。これを「恥無」と孔子は言っています。守るべきことは法でなく、道徳に照らして運用すれば、規則を「破った場合、恥と感じると昔から言っているのです。道徳精神を作ることが最も大切です。道徳ですべきことに法規制は不要です。

渡邊真人氏のブログより

----引用------



                           JAC代表




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment

確かに法が矛盾している点やいわゆる悪法もあるとは思います。しかし物事にはその人・相手の人によって良い・悪いが決まります。人命に関わっている特別な場合は人命を重視するのは皆さん理解していると思います。しかし先日問題となった空港でのペソ持ち込みについてはどうでしょうか?みなさんはこれについて言っているのです。金額云々については人により価値観は違いますのでそんなことは問題とはなりません。そのなかでフィリピン政府が決めたことですので、私は守る必要があると思います。そしてそれを守れず発覚した場合は没収されても仕方ないと思います。そのお金が飲み食いで使われる可能性が大とのことでそれならば本人へ返しても良いと記載されていますが、警察(空港職員)の給料はやすく大変と聞いております、この違法行為をしたお金を没収しその家族・子供が食べる事ができたらと相手の立場になって考えると法を犯したのですからそのほうが為になるお金になる、ともとれます。
JACの立場で考えるとお金を取り返すのが正しいとなると思いますが私はこの事については正しくはないと思います。余談ですが皆さん反発したのは、代表がいつも自分が正しいと上から目線でブログを書くからではないでしょうか?(これもあくまで私の意見・思っていることです)
2012⁄11⁄09(金) 09:32 |

りょう様

面白い事を言いますね、貴方の持論は法は法だから、法と順守しないと言ってますね、
この事件は、読めば、分かるでしょうが警察ではなく、「空港税関」です、助けに入ったのが「空港警察」です

空港職員が食べるのが大変だから云々と言うコメントですが、それを許すなら以前のような悪質職員の多い
空港に戻るでしょう。

法に対する取り締まり、或いは処分と言うのは、飽く迄も純粋に違法行為を取り締まるのであれば、
これに対して、文句をつける筋合も理由もないでしょう。

しかし法を利用し、権力を利用し、弱いもの苛めでは、話が変わってきます、そういう時にどう対処するのか?
できるのか?そういう事に成ると思います。

フィリピンの権利を持ってる人たち、職業、往々にしてこういう傾向にあります。

上から目線で云々?私の立場では即その状況に対処しなければいけません、相手との話し合いもそうですが、「お願いします」こういう話はできません、私の意見を通し、言う事を理解してもらい、納得してもらう事。
そう言う態勢で、常時います。

フィリピンの詳しい事を知り、裏を知っていれば、こういう事は必要です。

悪しからず、了解してください。

                                               JAC代表
2012⁄11⁄09(金) 11:42 |

どうかご意見をお聞かせください。

本日、コメントを投稿したつもりですが、当方の手違いでしょう。
うまくできていなかったようです。
そんなわけで再度投稿させていただきます。
ご面倒をおかけして申し訳ありません。


--------------------------------------------------------------------------
本日の文章を見る限りでは、法といえども状況によっては守らないこともあると読み取れます。
その状況は誰が判断するのでしょうか?
法律の判断はやはり司法を司る機関ではないでしょうか?
個人個人が勝手に判断していいのなら、それこそ「無法地帯」となってしまうのではないでしょうか?

文中に書かれています空港税関でのことですが、これはやはり問題でしょう。
税関が大金を没収した後のことを勝手に判断し、そのために助けたというのはいかがでしょうか?
俗に言う「盗っ人猛々しい」という状況です。

こんな行為を全世界に公開するのはやめてください。
後生ですから、会員専用ブログのみの公開としてください。
フィリピンの日本人の評判が下落するばかりです。

最後に有名な言葉で締めくくります。

「汝、自身を知れ    悪法も、また、法なり。」
2012⁄11⁄09(金) 13:10 | | [edit]

JACの心情の一番はじめに書いてある事

フィリピンの法を理解し守ることを心がけます。

2012⁄11⁄09(金) 18:49 |

法と運用

枯れた域には達してませんが長く生臭い世界にいたのどそろそろ墓まで持って行く仕訳を考える昨今ですが自分なりのコメをさして頂きます。

国によって法体系、運用はどこでも同じで違いは関係者の質と国の文化だと理解します。
フィリピンの特異性は保安官文化と中世時代の司法制度の良いところを取り入れず独自の運用をしてる結果ではないでしょうか。
例えは悪いですが悪質十手持ち、同心、与力、奉行で運用されてる司法制度が現実のフィリピンではないでしょうか。
悲しいのは何とかしようと思う政治家が出ないだけでなくその毒気に嵌ってしまう事です。
しかし庶民、国民はその中で生きなくてはならない現実。結果読者の批判的なコメがあるのでしょう。

前置きが長くなりましたがその国で住むには法の運用、許容される幅の塩梅を知る事が大事と考えます。
自分の住む国にはイスラム教義を取り締まる宗教警察があります。その佐官クラスの宗教警察高官は我が家の上客、ハラス処理しない食事こそ出しませんが私の良き飲み友達、彼は我が家が大好きです。

批判非難コメを書く方から見れば自分は贈賄者です。
繰り返しですが「塩梅」を知る事は大事と思います。
Step daddyですがこんなことを息子娘達に教えるのも残る仕事と考えてます。



2012⁄11⁄09(金) 20:47 | | [edit]

でぶ熊様
法の世界で生きると言うのは、ある意味大変です、電車の中で女性に体にアクシデントで触れても
場合に寄ってはセクシャルで訴えられます、会社内でも、冗談で肩をたたいても相手によっては、訴えられる
昨今です、こういう世界は人間社会の繋がりをギスギスとさせ、上手くコミュニケーションが取れなくなる可能性もあります。

私は、こういう法と言うのは嫌いです、全てアメリカ文化から導入された法です、

フィリピンに於いては、アメリカの法律を取り入れた法律を自動的に取り入れています、つまり国内現状に
まだ、適さない法も存在します。しかしそれでも法です。

フィリピンの問題は、全てがフィリピン人保護と優先です、それ故に外国人と言うのは「弱者」こういう図式になります、「日本人=金持ち」こういう図式はフィリピン人には当たり前です、こういう図式が有り弱者である立場の現実が有る限り、全てに対して日本人を含め、外国人は負けます。

こういう現実も知って、この国では生きていかなければいけません、「UNFAIR」これが当たり前の国と
思っていなければいけません。

こういう現実にどう対処していくか?それは個人の問題であり、その人の器量と思います。

こういう事により現実に負け、問題を抱える会員を助ける或いは守る、これがJACの活動だと私は考えています、何が有っても全力を尽くし会員を守る、助ける、こうでありたいと思います。

確かに、墓場まで持っていかないと、いけないものもありますね・・・・・。

アドバイス、有難うございます。お体気を付けて下さい。

                                                 JAC代表
2012⁄11⁄10(土) 13:26 |

はじめまして、

 どうも頭の固い方々がおられる様ですね。
活動はともかく、
 ブログの内容 一読すれば何を言わんとしているのか、普通に理解できます。
批判的なコメントも、まぁーある意味面白いとも思いますが、
 ブログ人の返しが本編の解説にもなっているところが、これまた面白い。
知識、見識、経験等の違い 又そこからの教養も低い方がいるのも 世の中、社会です。
ネットブログの性質上 ある意味仕方ないのかもしれませんね。
 全て正しいとか、上から目線という風には伺う事できません。
ごく普通に 事象 出来事を紹介し、また注意を促している様にしか見えませんが。
2012⁄11⁄10(土) 23:27 | | [edit]

ea様

上から目線と言う言葉も意味合いも、私には理解できません、私の書き方、私の思ったことを
書いているだけです、理解できるか?できないか?それは個人による取り方の問題だと思います。

何かの反感を持って、読むと全てに対し反感を持ち、何の感情もなければすべて自然に受け止め
感じて貰えると思います。

そうであってほしいですね。

                                           JAC代表
2012⁄11⁄11(日) 05:58 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/602-3f98183e




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。