スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

ケーススタディ:エルミタで邦人が強盗被害

2012⁄11⁄26(月) 18:48
まにら新聞によると、22日の午前2時すぎ、エルミタ地区で、観光客の日本人男性が強盗被害を受けたそうです。

男性は2人組の男にナイフで脅され、80万円相当の腕時計や15万円相当のかばん、現金8千ペソが入った財布など総額約150万円相当を奪われたそうです。

現場はエルミタ地区ソルダド通りで、男性が1人でを歩いていると、横からフィリピン人男性が「トモダチ。飲みに行こう」と、片言の日本語で誘ってきたので、誘いを断ったが、30メートルほど先まで歩いたところで、背後からその男とナイフを持った別の男に呼び止められ、「全部出せ」と脅し、男性から金品を強奪したとのことです。

マニラ新聞の取材に対して、日本人男性は「帰国予定日に被害に遭うとは思わなかった。奪われた腕時計は昨年、友人からもらったばかり。ショックです」と語ったそうです。
なお、パスポートや航空券、キャッシュカードはホテルの金庫に保管していたため、無事だったそうです。


今日はこの事件を参考に強盗にあわないためのケーススタディをしてみたいと思います。
なお、この記事は被害に遭われた方をを責めたり揶揄するためのものではありません。


お気の毒な事件ですが、このような被害はいつ私たちの身に降りかかるかわかりませんね。

ご存知の通り、強盗にも犯行を行いやすいTPOと言うものがありますが、今回の被害はまさにその三拍子がそろった状況で行われたと言えると思います。

まず、時間は午前2時という深夜、そして場所はMBCの交差点からハヤットホテル方向で次の角を曲がった路地で、さびしい通りです。さらに被害者は一人で歩いていた、加えて80万円相当の腕時計といえば見た目にも高価なものだったのでしょう。
総合して考えると、強盗にとって被害者は「飛んで火にいる夏の虫」「鴨がねぎ背負って歩いている」という状態だったでしょう。

記事からはわかりませんが、このルートだとMBCからパンパシへでも帰る途中だったのでしょうか?だとしたらもう少し直進してペドロヒルを通ったほうがよかったのか、いずれにしろデルピラールのあのあたりは深夜は物騒なエリアです。

声をかけられた時の状況ですが、このとき声をかけた男は強盗の手先でしょうが、当初はぼったくりバーへでも連れ込もうと思ったが、断られ、金持ちと見て強盗の手引きをしたとも考えられます。

被害者には失礼ながら、深夜の一人での外出、人通りの無い道を歩く、金目の物を持ち歩く、やってはいけないことを全部やってしまった結果ともいえます。

また「帰国予定日に被害に遭うとは思わなかった・・・・」というコメントですが、帰国予定日かどうかは強盗には関係ありませんし、むしろ明日は帰国と言う気持ちの緩みが注意をおろそかにすることになったのかもしれません。
総額150万円といえば賃金換算では1000万円以上になると思いますが、そうなると抵抗して殺されなくてよかった、不幸中の幸いとも言えるでしょうか。

今回の事件での教訓は月並みですが下記の通りです。

 深夜の一人歩きはしない。

 人通りの無い道は通らない。

 高価な物は身につけず、現金の持ち歩きは最小限に。


・・・これではたぶん「わかり切った話でくだらねえ」と怒られるので、少しスピンアウトしまして、勝手な妄想でこの事件を再検証してみます。


「飲みに行こう」と言われたときにどう答えるか?

もしすでに酔っていたとしたら「うるせえ」とか「あっちいけ」とか言うかもしれません。
しかし、このように断られると客引きがカチンときて豹変し、強盗に変身!ということがあります。

夜中に日本語で声をかけてくる奴は強盗の下見と考えておきましょう。

そしておかしいと思ったら早足、駆け足、全速力で逃げる!フィリピンで走っている人はほとんどいませんが、緊急事態ですから恥ずかしくても逃げるが勝ちだと思います。
相手はだいたいサンダルですから、靴を履いてれば振り切れると思います。そして身近なホテル、コンビニなどセキュリティガードがいるお店に逃げ込むことです。

襲いにくいと思わせる方法は?
強盗も馬鹿じゃないので誰彼かまわず襲うわけではありません。抵抗されにくい、素直そう、弱そう、金もってそう、なんてことをじっくり見ているはずです。

以前JAC会員との会話の中で、こんな工夫をしている人がいました。
その会員はマニラにいる間、いつもワイシャツ、黒ズボン、革靴でマニラで過ごしています。腕時計はなし、バッグも持たず、携帯は安物、各ポケットに小分けした紙幣を入れており総額でも10,000ペソ以下しか持っていないとか。
ずいぶん窮屈でつまらないのではないかと聞いたところ、盗られてもたいしたことないし、警察か役人と勘違い(?)してくれるらしく声がかからないのでいいらしいです。

武器を持っていそうに見せる、という手もありますが、逆に攻撃されることになりそうでこわいですね。

胸を張って前をしっかり見つめ、堂々と歩くというのも強そうに見えるかもしれません、肩で風切って歩くと言うのはかえって刺激するかも・・・・。

その他みなさんの工夫、経験談などがありましたらコメントにてお寄せください。

なお、繰り返しになりますが、今回の記事は決して今回の被害者の方を揶揄するものではなく、強盗被害回避のためのケーススタディとさせていただきました、ありがとうございました。
被害者の方、個人名等が伏せられていたため使わせていただきましたが、差しさわりがありましたらご一報ください。

B・J




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

簡単な回避方法。

非常に簡単な方法。

マビニなど在比日本人でも危険と知っている場所です。
行かなければ良いだけの話です。
それなのに何故に危険を犯してまでマビニ何て行くのか?
観光客ってどんなに注意してもいく馬鹿が多過ぎます。
それとちょっとフィリピン中になっている自称ベテランもイイ鴨になります。
特に初老の自称ベテランが一番狙いやすいんです。
自分はまだまだ大丈夫なんて思っていてもナイフ出されたらもう終わりです。
何にしてもマビニは行かないに越したこと御座いません。

それと、MBCで買春を進めていたJAC大串氏ですが、女をお金で買うことは違法行為です。
絶対にやめて下さい!
フィリピンでは更にそれをネタにセットアップをしかけるケースが多いです!
絶対に買春はやめましょう!
2012⁄11⁄26(月) 21:10 | | [edit]

> 深夜の一人歩きはしない。
  人通りの無い道は通らない。
  高価な物は身につけず、現金の持ち歩きは最小限に。


BJさんのおっしゃる通り!
こんな当たり前のことが分からない爺がこの世に多くて残念。

しかしBJさんの文章はすっきりしてて気持ちいいな。誰かさんとは大違いだ。
2012⁄11⁄26(月) 22:17 |

正直申し上げて、このBlogは変わりました。

関係者に配慮し、有用な情報を誇大なく伝える
B.Jさんの真摯な人柄が、文から伝わります。

何よりも、以前とくらべ文章がわかりやすい。

これからは批判も減ると思いますよ。

これからも楽しみにしています。
2012⁄11⁄27(火) 02:48 |

それ以前にさあ・・・・

代表曰く、「マビニは安全になりました。空港は安全になりました。」と言う事ですが

それにも関わらず、こんな事件が多発しているし、もちろん空港は相変わらずの

キモチ攻撃が多数見受けられます。と言う事は、これらの言動は勧誘の為のいわゆる

「誇大広告」と捉えて良いのでしょうか?
2012⁄11⁄27(火) 03:07 |

Re: 簡単な回避方法。

> 非常に簡単な方法。

まったくそのとおりだと思います。
しかし、行くなといえば行きたくなる。やるなと言えばやりたくなる。そんな人がたくさんいるんですよね。
不法行為は自己責任でというのが原則だと思いますが、適法違法のボーダーや危険な場所、人物などの情報なしにフィリピンに遊びに来る人も多いと思います。
2012⁄11⁄27(火) 09:03 |

Re: BBさんへ

フィリピンに少し慣れてくると「俺はベテラン、怖くない。」と言う過信が生まれるものですね。
自分もその傾向がありますので気をつけなければと思います。


2012⁄11⁄27(火) 09:09 |

Re: それ以前にさあ・・・・

おそらく「以前より」とか「比較的」などの言葉が足りなかったんでしょうね。
安全という形の見えないものをどう評価するかはそれぞれの基準によるところが大きいですから、まだまだ危ないがずいぶんよくなった、ということを言いたかったんじゃないんでしょうか。
2012⁄11⁄27(火) 09:25 |

ブログが受け取りやすくなりました

全くそのとおりと思います。
10日間ほどフィリピンに行ってきました。以前はマラテにずっといましたがこの頃はマラテには行かないようにしています。今回はOFWの事で話があり相手方の事務所がマラテにあったため2泊ハヤットに宿泊しました。当然私はマラテは歩きません。昼にロビンソンに行く時も自分の車で行きます。
いろんな方とフィリピンに一緒に行きましたがMMさんの言うとおり自称ベテランの方がいつも危ない行動をとるように思えます。初めての方はフィリピンは危ないからと行く前に教えておけば注意して行動しますが、2・3回目になると慣れてきて大丈夫と思ってしまうみたいですね。
今回初めてANAで行った為第3ターミナルでしたが以前のNAIAみたいに日本人をみると勝手にスーツケースを持ってチップをせびる職員に遭遇しました。まぁクリスマスが近いのでチップをあげましたがあまり気分の良いものではないですね。
B・Jさんの文章は代表を違って高飛車ではないので受け入れやすいと思います。仮に内容が同じ事でも言い方・書き方一つで相手の受け取りかたは違いますからね。
フィリピンにおける法人の安全がよくなることにこしたことはないので正しいやり方で活動頑張ってください。
2012⁄11⁄27(火) 10:04 |

BJさん
マビニの治安ですが、前以上に今は悪くなっています。
実際はかなりマニラ新聞でもマビニでの事件簿を公表していましたが、大串氏は何もそのような記事に関してはふれずに、
マビニここ最近、安全になったなどと嘘の報道を繰り返していました。
これも批判される原因でした。
実際に報道されていない事件を出したらほとんど毎日マビニでは何かしら事件がおきていますよ。
そう言ったことを今回のように報道すればある程度、予備知識として対策がとれるのに大串氏は今まで何も報道せずに、架空の作り話などの書き込みを繰り返していました。
出来れば今後はこう言った形でどんどん現実の危険性を紹介して行くことが危険回避に繋がると私はおもいます。
2012⁄11⁄27(火) 10:07 | | [edit]

まだそんな物を見につけてる人がいるのですね。東京でもいません、だいたいそんな人は路上を歩きません。
私のOFWに聞くとだんだんと悪くなっていると言いますがマラテに鴨が少なくなれば尚更でしょうね。クリスマスに帰るOFWは安全の為現金は最低額しか持たず送金してます。
彼らさえ空港でたかられるそうです。

嫁ファミリーはXXberの月になると外出するときは必ず運転手だけでなくボデーガード帯同です。そのくらい悪化するのでしょう。そこにノコノコ行くのは鴨ネギだけでなく鍋まで用意してるようなものですね。



2012⁄11⁄27(火) 12:11 | | [edit]

Re: MMさんへ

そうですか、残念ですね。

24日にはやはり邦人男性がちびっ子ギャングにパソコンやカメラの入ったバッグを置き引きされたみたいですね。

2012⁄11⁄27(火) 12:52 |

BJさん
そういうことです。
実際はマビニという街は非常に危険です。
それを再三大串氏にコメントで危険情報がなぜないのか?
どうして真実の公表をせずに嘘の報道ばかりするのかを伝えてきましたが、全て削除。
事実を隠蔽されつづけてきました。
基本、こっちの駐在員はマビニは行きません。行かないというか会社からは勧告が出ていて行くなと言われている程の街です。
その位危険がおおいということです。
こう言った真実の情報を流す事が本来の危険回避になると言うのに大串氏はそれすらもせず、嘘の報道をしていたのです。
どうか、BJ様はできる限り本当の情報をお伝えするよう、よろしくおねがいします。
これ以上の被害が出ないように。
よろしくお願いします!
2012⁄11⁄27(火) 13:15 |

揶揄しているわけではない。。。

とおっしゃってますが、、

こう言った例を取り上げて情報を出して頂く事で、我々旅行者とすればシュミレーションが出来非常にあり難いのですが、、
被害者の方の立場になると
MBCで女を物色しての帰り道、高価な物を身につけて強盗にあったが自業自得だね!
的な印象も出てしまいますよね!
もし違ったらとても心痛いと思いました。


そう言う意味で
ブログやネット情報の怖さがあるんでしょうね。

今後も期待しております。。。

2012⁄11⁄27(火) 17:27 |

まにら新聞の記事について

記事の著作権は当然ながら、まにら新聞にあります。
まにら新聞は無断での転載、盗用を禁じております。

会費を集めているJACという非営利団体がまさかとは思いますが、まにら新聞の承諾を得た上で、まにら新聞の記事を掲載されているのでしょうか。

まさか、無断ではありませんよね?
2012⁄11⁄27(火) 21:26 | | [edit]

Re: まにら新聞の記事について

ご心配ありがとうございます。
日本とフィリピンの著作権保護関係法令及びアメリカに準じたフィリピンのフェアユース規定などを遵守して掲載させていただいています。
2012⁄11⁄28(水) 00:31 |

マビニが安全になった!?
そりゃお店をやっている人はそう言いますよね。お客が来ないと儲かりませんから。

さてマビニで襲われないようにするには、堂々と歩く、声をかけられても知らんぷり、高価なものは身につけない、観光客丸出しの格好をしない・・・
これが必須ですね。
っていくら書いても見て無い人がいるから仕方ないですが、こういって警告をずっと発信することが大事なんです。

頑張ってください。
2012⁄11⁄29(木) 01:04 | | [edit]

マニラ新聞ホームページに掲載された記事・ニュース・写真・イラストには著作権があります。
著作権は株式会社びすく社、またはその情報提供者に帰属します。
* 著作権者の承諾なしに転載したり、電子メディアを含む他の媒体に再利用することは、特定の場合を除き、著作権法に触れる行為となります

まにら新聞の承諾もなく、開き直らず、よく読んでみてください。JACは無断転載する団体なんですか。
2012⁄11⁄29(木) 01:04 |

Re: 著作権について

重ねてありがとうございます。
専門家にもお聞きしてみましたが、問題ないとする根拠法令は下記の通りです。

著作権法 第10条2 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第1号に掲げる著作物に該当しない

同 32条1 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

*公正な慣行とは引用が従であることや出展を明らかにすることなどです。
また、法律の条文には著作権はありませんので使わせていただいています。

そういうことでご理解いただけたでしょうか?
2012⁄11⁄29(木) 09:38 |

間違っています!

上のトッピーさんのマビニでの危険回避方法ですが

>さてマビニで襲われないようにするには、堂々と歩く、声をかけられても知らんぷり、高価なものは身につけない、観光客丸出しの格好をしない・・・

確かに高価なものを身に付けないと観光客丸出しは当たっていますが、いくら堂々と歩いたり、声かけられても知らんぷりしてもナイフや銃で脅されれば同じです。
声をかけてくる時点で既に狙われているんです。堂々としていたって相手からすれば武器を持ってなさそうと思われたらもう良いマトです。
2012⁄11⁄29(木) 09:39 | | [edit]

Re: とっぴ〜さんへ

コメントありがとうございます
マニラに限らず、海外(いや日本でも)最低限必要なことですね。
ただ、MMさんの厳しいツッコミがありました通り、これで十分と言うわけではないですね。
2012⁄11⁄29(木) 09:58 |

フェアユース

フィリピンでは既に法制化されてるんですね。
参考ページのURLです。
ttp://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-a5f1.html

次は日本での引用に関するwikipediaです。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

敢えて言うなら、引用部分を明確にするため、
予め注記して、引用部分のみ斜体にするとか、色を変えるのはいかがですかね。

2012⁄11⁄29(木) 10:17 | | [edit]

Re: お問い合わせへの回答

MMさんへ それはないですね。
近いうちにきちんとした説明があると思います。

2012⁄11⁄29(木) 13:39 |

一応違反ですけどね。

一応、助言ですが。

著作権についてですが、商用ではない、個人的なことでの転用は違法にならない(グレー)のですが、
JACの会員向け、会員募集を目的としたブログでのこの書き込み転用は転用元の許可が必要となりますよ。
これは海外でも同じです。
例えばAP通信では、
Associated Press text, photo, graphic, audio and/or video material shall not be published, broadcast, rewritten for broadcast or publication or redistributed directly or indirectly in any medium. Neither these AP materials nor any portion thereof may be stored in a computer except for personal and non-commercial use.
と個人的使用目的、非商業的使用目的以外の目的のために使用する事もで来ません。
これはマニラ新聞の記事も同様です。
フェアユースにしても非営利目的の場合のみです。
2012⁄11⁄29(木) 14:11 | | [edit]

まあ、確かに堂々としても狙われたら終わりですが、
隙を与えないという意味では有効です。おどおどして歩けって~~・笑;;

一番の回避策はMMさんが冒頭に言っている「マビニに立ち寄らない」のがベストです。
これに尽きます!!!
2012⁄11⁄29(木) 15:34 | | [edit]

Re: 一応違反ですけどね。

2225さん ご指導ありがとうございます。
皆さんに心配かけないように、本日マニラ新聞社に問い合わせをしまして、問題ないことを確認するとともに、今後の記事の引用についてご協力をお願いしました。
今後ともいろいろ教えてください。
2012⁄11⁄29(木) 16:58 |

Re: とっぴ〜さんへ

オトナの対応ありがとうございます。

結論がマビニヘ行くな!というのはちょっと寂しいかな。
どうしても行きたい人もいるんじゃないでしょうか?
行くなと言われると行きたくなる天邪鬼がね。
2012⁄11⁄29(木) 17:06 |

Re: lucky77さんへ

いつもありがとうございます。

次回から参考にさせていただきます。
2012⁄11⁄29(木) 17:10 |

ホールドアップやスナッチは、マラテだけではなく、マニラ首都圏全般に日常的に起きています。フィリピンの持つ治安の悪さですね。フィリピン人でも、聞くと結構多くの人が経験してます。
人通りを歩くときは、金目の物は着けない、携帯も不必要に人前で出さない等気を配っています。
マラテは、歓楽街ですから、無防備な外国人も多く、狙われる危険度もグッと高いですね。散策せずに行く先を決めて、余分な物は身につけないが先ずは常識と思います。
2012⁄11⁄29(木) 18:30 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/611-ecf4ea1c




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。