スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

フィリピンのメリークリスマスにおける危機管理

2012⁄12⁄22(土) 09:56
まもなくクリスマスですね。

フィリピンでは月の名前にberがつくとクリスマス、というくらい全国民が楽しみにしているようです。日本で言えば盆と正月が一緒という感じでしょうか?
なんでそんなに騒ぐの?と言いたくなるほど早い時期から「もうすぐクリスマスだね」12月にはいるともう「メリークリスマス!」と声をかけられます。

日本の民族大移動とも言われる帰省ラッシュなんかも外国から見たら奇異なものなのでしょうけど、とにかく、フィリピンの人たちはクリスマスを大事にしていますね。

明るいところではクリスマスイベントや派手な飾り付け、損する話題ではタクシーなどのクリスマス料金、プレゼントちょうだい、チップちょうだい攻撃、暗い話題では強盗やスリなどの犯罪の増加などが風物詩になっています。

この時期は私たち日本人は金持ちサンタクロースとして見られているのか、空港やホテル、デパート、街角で「メリークリスマス!」の笑顔で迎えられますが、初めての人や鈍感な人はともかく、あからさまなチップの催促の手つきが気になるところです。

在住の方々は家族や親戚縁者、使用人やビレッジのガードなどへのクリスマスプレゼントやチップに心と財布を痛めていることでしょう。

日本でも祭事のときに近隣の家々を廻って小遣いをもらう風習がいろいろと伝えられていますが、フィリピンでも「キャロリング」と呼ばれる「門付け」が行われます。
ハロウィンの「トリックオアトリート」と同じように玄関に来てクリスマスキャロルを歌い、小銭をもらって歩く風習だそうです。
もしケチってあげなければ憎まれ口を叩いて帰るし、奥さんが恥かしいと怒るけど、あげすぎると味をしめて何度も来たりして、なかなか苦労されている様子が皆さんのブログから伝わってきますね。

さてクリスマス時期の危機管理ということですが、ほとんどの方がご存知の通り、普段から危ないと言われているフィリピンがこの時期はまた一段と危なくなります。


善人も悪人もクリスマス予算が必要ということで、前者は一生懸命働き、チップを弾んでもらって、あるいは「パパ~メリークリスマ~ス」などと甘い声で日本から送金させたりしてます。

やっかいなのは働く先もチップをねだる愛嬌も持ち合わせていない後者の連中です。
この時期、貧乏が身にしみる中、浮かれて楽しそうに行きかう金持ち日本人の財布は彼らの目にどれだけ膨らんで見えるか、考えるまでもありませんね。

先日、マニラ市内のサリサリで休憩していた日本人がバッグを置き引きされると言う被害にあったそうです。
バッグには現金や貴金属など100万円ほどが入っていて、脇においてよそ見をしていてなくなってしまったそうです。
店内には10人ほどの子供がいて、被害者はその子供たちの様子に気を取られていたとのことですが、もしかすると全員仲間だった可能性もありますね。

なぜそんな大金(私の体感為替換算レートによれば1千万円!)を持ってたかというと、「ホテルに置くと盗まれたら大変だから」だったそうですが、持ち歩く場合のリスクと比べてどう考えていたんでしょうね?

被害者には申し訳ないですが、不注意すぎるのではないかと思っちゃいます。
カバンを開けた悪者たちはクリスマス時期に大喜びだったでしょう、そして日本人は大金を持っていて無防備であるという前例をまたひとつ増やしてしまいましたね。


クリスマス時期に犯罪が増えるのは下記のような要因がると思います。

 1、犯罪者やその予備軍にとってもお金が必要な時期である

 2、クリスマスの買い物のため普段よりお金を持っている人が多い

 3、大きな買い物などをして気が大きくなっている人が歩いている

 4、商業施設、イベント、露店、教会などが普段よりさらに混雑する

 5、にぎやかな飾り物などに気をとられて警戒心が緩んでいる

 6、田舎からスリや強盗の出稼ぎに来る奴が増える

 7、日本からお金を持ったパパがたくさん来日する

 8、ケンカ、カラオケ殺人など、酔っ払ってストレス解消したがる人が増える


毎回話題に出ますが、一番安心な防犯対策はクリスマスの時期にフィリピン、マニラに来ないということです。

しかし、クリスマスから新年のフィリピンのエキサイティングな楽しさはこの期間ならではですし、この時期でないとゆっくり休みを取れないという方もいると思います。

フィリピンのクリスマスを楽しもうと思う方は次のような点に十分注意をしましょう。


 1、一人歩きはせず、パートナー、ガイドなどと行動する

 2、大きなお金は持たず、またお金を持っているように見えないよう気をつける

 3、過度にドレスアップしたり、貴金属、アクセサリーを身につけたりしない

 4、人ごみや夜のイベントなど、特に酔っ払いがいるような場所にはなるべく行かない

 5、カバンや荷物は持ちあるかず、買い物をしたら面倒でもホテルへ直行して部屋に保管する

 6、セキュリティガードのいない飲食店、商店には入らない

 7、クリスマスだからと言って気前よくチップをあげすぎない

 8、できればタクシーなどの公共交通機関でなく自家用車、チャーターなどで専用の車を使用する。

 9、[ 皆さまのクリスマス期間の危険回避対策をお寄せください ]

 その他クリスマスがらみのエピソードなどお待ちしております。

今年のクリスマスは日本でおとなしくしているB・Jが書かせていただきました。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

B・J 危機管理の連発、
危機管理などと、大げさな話でもない。
危機管理とは、不回避な事態に備えるという意味、
回避できることを危機管理などとネタ作り。
大口を叩いた大串のJAC看板は重たそう。
早く、下ろすが良いよ。
2012⁄12⁄22(土) 13:36 |

Re: タイトルなし

> 危機管理とは、不回避な事態に備えるという意味、

マニラに着いたら不回避だと思いますよ。だから備えなくちゃね。

大げさだと感じる方には必要のない情報かもしれませんけど、それぞれの判断でお読みいただければと思います。
「つまんねえからやめろ」の声が多ければ、もっと経験豊富な誰かと代わってもらいます。
2012⁄12⁄22(土) 13:50 |

引き籠る・・・

クリスマス・シーズンの渋滞は尋常ではないので、出掛けるのが億劫になり
ホテルの引き籠りがちになりますので、自然と事件や事故に遭う確率が下がっています。

渡比回数を自慢をするような、フィリピン事情を知らんオヤジ達が
この時期の鴨になるので「この時期は渡比しない!」これが一番の
危機回避の方法かと・・・(笑
2012⁄12⁄22(土) 15:26 | | [edit]

活動情報は??

注意喚起は分かるのですがJACの活動記としてのタイトルとしてXmasシーズン真只中JACは活動はしていないのでしょうか?
せっかく事務所まで構えたのに活動報告が無いの休止ですか?
某掲示板で事務所閉鎖と有りましたが真意はどうなのでしょうか?
2012⁄12⁄22(土) 17:02 | | [edit]

ピンボケ親父さん達にはカモになって貰いましょうよ!

Leoさんに一票!

昔、クリスマス前に何度か訪比した事はありますが、今より全然治安が良かったですからね。
現在のマニラの異常な交通渋滞やタチの悪いタクシーやら強盗・スリ・相変わらずタチの悪い警察屋さんが活躍しているのにマニラに行くのは、自殺行為だと確信しますがね?
2012⁄12⁄22(土) 17:05 |

Re: 活動情報は??

ブログでの注意喚起もJACの活動だと考えていただければと思います。

事務所は閉鎖しておりませんが、大串代表の業務多忙のため、24時間の常駐はできない状態とのことです。
2012⁄12⁄22(土) 17:50 |

Re: ピンボケ親父さん達にはカモになって貰いましょうよ!

JACの活動のうち警察関係者とのパイプのための接待費や謝礼が、賄賂体質を増長させるものであるというご批判をいただきました。
同様に、こういうカモになる不注意な日本人が増えれば、ふつうの日本人の方までが「ピンボケの金持ちオヤジ」として狙われることになるような気がしますが、そうでもないんですかね?

このブログを呼んでいただいているのは他生の縁のある方々ですから「飛んで火にいる夏の虫」にならないで欲しいものです。
2012⁄12⁄22(土) 17:58 |

この季節、「クリスマスdonation検問」にご注意!

例えば夕刻にマカティーとかパサイあたりから友達2,3人でタクシーを拾ってマラテ方面に向かいます。
運転手はこっちが指定しない限り、少しでも距離を出そうとしてハリソンST.は使わず、必ずロハスに出る。
一年中夕刻のロハスは渋滞するが、この季節は特にひどい渋滞。
ノロノロ運転でイライラしているといきなりの検問で警官にタクシーを止められます。
やっこさんは鼻っから金の取れそうなのを待ち伏せているわけだから日本人(韓国人でも可)のグループが乗っているタクシーを見つけたら必ず止めますよ。
そんで「パスポートを見せろ」とくる。
これはいわゆるやくざのいちゃもんと一緒で正当な理由はないのだが、観光客はパスポートを常時携帯していなくてはならないので、どうもばつが悪いし、警官と言い争って時間を無駄にしたくないという心理も働く。彼らの狙いはここです。
言葉が(タガログ・英語)できないと分は悪いが、もし言葉が達者で口答えすると今度は「なんだその態度は!」と向こうは演技が次のステップに入ってくる。
そうこうして30分も足止めされるとタクシー運転手が「ここはちょっと払わないと終わらないですよ」みたいなこと言いだして、それでもこっちがお金を払わないとタクシー運転手が警官に金を払ったりすることもある。
運転手もグルだったりするんだけれども、こっちは運転手に助けてもらった思うから降りるときにその分も上乗せしてチップを払うでしょ。
まったくよく出来てます。

でもへたに口論になると、警官一人頭1000ペソとか払うはめになることもありますから、やっぱりこれに引っかかったらおとなしく寄付金を払うしかないかな。
困ったもんです。

2012⁄12⁄22(土) 19:28 |

PS.解決法を考える

上記のようなケースの解決法ですが、結論から申しますと、ありません。
素直に勝つあげされるしかないんです。

あなたはJACの会員でも大串さんと親友でも、この類のケースに関してはそんなコネクション、屁の足しにもなりません。
じゃあなたが警察のジェネラルと飲み友達で電話をし合うほどの友人だとします。
これもあんまり意味無い。現場でジェネラルに電話して助けをもとめたとしても「決まりは決まりだし、ま、私の顔に免じて警官一人ひとりに500ペソでもやってその場を立ち去ってよ」程度で終わりです。
逆に高くつくじゃん(笑)。

つまりフィリピン人たちはクリスマスの寄付を金のある奴から分捕ることにまったく罪悪感がないのですから、仕方のないことなんですね。
終り

◆BJさん、東京にいるんなら一緒にクリスマスパーティーでもやりませんか?
2012⁄12⁄22(土) 20:35 |

ロハスブルバードの交通取り締まりの笑い話ですが!

昔、オーストラリア人がオーナーだった島から帰ってきて、
スワッグマン・ホテルから迎えのバンが来ていたので、ロハスブルバードを走っていると、交通警察官が手を挙げたので何かあったのかなと思ってホテルに着くと、その警察屋さんがバイクで追っかけてきて、運転手に何か言ってました。
後でその運転手が暗い顔をしているので訪ねるとスピード違反で50ペソ罰金を取られたそうです。今の300ペソ位でしょうね。
あまりにかわいそうだったので私が50ペソその運転手にあげましたが
何のスピードガンも持っていた訳でもなく、スピード違反ですからね。 笑い!

今、ちょうどフィリピンのパラワン島のエル二ドリゾートのテレビ番組が始まりましたよ。クリスマス特集だそうです!
2012⁄12⁄22(土) 21:04 |

Re: PS.解決法を考える

そうですね、キモチをケチって抵抗するとかえって損するということがありますね。
要求が妥当な金額か、落とし所はどこなのか、早目の判断が被害を大きくしないために大切かと思います。

お誘いありがとうございます。
クリスマスはちょっと詰まってまして、27日なら空いてます。
2012⁄12⁄22(土) 22:16 |

始めまして、こういった活動をしていると助かったと喜んで貰える方、後からぼった繰られた等中傷する方があり、大変ですね。いずれにしても駆け込み寺的な組織は有った方が良いと私は思います。フィリピンは危ないとの記事で出てくる事件ですが、この記事の置き引きされた方、大使館のメーリングリストの睡眠薬強盗の被害者とかあまりにも無防備で普通に考えてもそれはあかんという人がきっちり事件に巻き込まれてるように思います。私は在比貧乏邦人だから見てくれから貧乏そうで狙われないのかもしれませんが、約10年間でぼったくりタクシー1回だけですね。単なるラッキーなのか?
「クリスマスdonation検問」も貧乏邦人なら被害に遭いません。なぜならパサイからマラテに行くのならタクシーではなくLRTで移動しますからね(笑)
2012⁄12⁄23(日) 13:27 | | [edit]

Re: Toknoyさんへ

Toknoyさん こんにちは コメントありがとうございます

警戒している人は狙われにくく、無防備な人は必ず狙われるというフィリピンでは当たり前のことがなかなか浸透しないようですね。
さらに被害にあった人の多くは自分の不注意は内緒にして、治安の悪さや警察の無能さばかり強調する傾向がありますからね。
2012⁄12⁄24(月) 16:48 |

Re: タイトルなし

機会があればぜひ、楽しみにしています。
これからも厳しいコメントをお待ちしております。
2012⁄12⁄24(月) 16:57 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/620-22eb6e00




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。