スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

健さん

2011⁄12⁄23(金) 08:00
 私の若い頃いつも出演作を心待ちにしていた俳優がいました。東映映画の人気スター「男、健さん」です。皆さん映画に夢中で声が掛かりました「ヨッ!!健さん!!」。 耐えに耐え、我慢の限界に達した時に、一人で相手の悪に立ち向かいます。「健さ~ん!!」そういう場面に成ると観客が声を掛けます。

 「兄さんに恨みはございませんが、死んでもらいます。」決め台詞です。渋いドスの利いた声で相手の悪に言います。相手のセリフは「待て、待ってくれ、悪かった。謝る。」そういうと、我らの健さん「ウルセー、この野郎」有無を言わさず切り込みます。

 映画を見てる観客から拍手が起こり、映画を見てるお客さんはスカッと胸を撫で下ろし、映画が終わり表に出ると大抵の人は、「健さん」です。イカリ肩で胸を張り、気分は健さんで歩いてます。色んな職業の人がいて、そう言う人を見ると面白く感じましたね。そう言う私も多分同じだったんでしょうね。

 60年代、70年代という頃はそういう時代でした。特に60年代の学生運動が盛んな時には、彼らにとっても「健さん」はヒーローでした。

  「網走番外地」少しコミカルな部分も有り、田中邦衛との絡みは
良かったですね。「任侠」シリーズでは東映のスターとの共演。健さんが演じるヤクザもそうでした。格好良かったですね。健さんの演ずるヤクザ「博徒」は大体関東ヤクザでした。

 若い頃の私は、そういう映画を見て「男は、こうでなくてはいけない。俺もこんな男に成る。悪しきを挫き弱気を助ける。」なんて考えてましたね。しかし実際は難しいんでしょうね。「男になり、男でいる。」と言う事は並みじゃできないんでしょうね。しかし、「健さん」の爪の垢でも、真似事でも良いから、そんな男に成れるように頑張っていきたいですね。

 「背中で泣いてる、唐獅子牡丹」。健さんの映画というのはヤクザ映画でしたが、私には「男」の映画でした。男というものはこうあるべきで、生きるべきだと思いました。

実はどうしてこう言う事を書いたのか?というと、ニュースで高倉健さんが交通事故を起こし、タクシーにぶつけたとか。

 そのニュースを聞いた時に、感じたことが有りました。

 ブツケられたタクシーの運転手も驚いたでしょうが、立ち会った警察官も驚いたんだろうなと想像しました。関係者がこの時どういう態度と驚きで対応したのか興味が有ります。叱られるかもしれませんが、現場にいた関係者はラッキーだと思います。ハハハ済みません。その現場で直に見たかったですね。皆さんどういう風にしていたのかを、逆に皆さん緊張したんじゃないんでしょうかね?

 私の父の友人が高倉健さんと九州時代の友人で、健さんの実像を聞いていました。その友人が言うことには「高倉は、非常にSHYで無口な男だった。」そう聞きました。私の友人の東映俳優からも「健さん」の話をよく聞きました。彼は健さんの映画には当時良く出てました。彼の話では、

 「高倉健さんという人は、自分に非常に厳しい人でした。非常にストイックな人ですが、優しくて人にはそのストイックさを押し付けない人でした。どんなに寒い冬の日のロケでも、火を焚いてるにもかかわらず、彼は火の傍で暖を取らず、厳しい寒さの中でも、ジッと我慢をしてました。大スターの健さんがそうですから、私たちも勿論火の傍には行けません。我慢するしかないんですが、正直辛かったですね。体がしびれる位寒いんですが、「健さん」はロケ待ちの最中でもびくりともせず、順番を待っていました。ロケの順番になると「さぁ、行くぞ」と静かに言うんです。私たちはハイと答えて健さんとロケに入るんですが、嬉しかったですね。健さんと一緒にいられる事が幸せで嬉しかったですね。そういう健さんは何事もない顔をして、演じるんですね。」

 彼の話はこういう内容でした。「男、高倉健」さん、現在80歳に成るらしいんですが、多分今でも体を鍛えてるんでしょうね。そんな感じがします。

 私たちの永遠のヒーロー「男、高倉健」さん。何時までも健在で、元気に活躍してもらいたいと思います。

                       JAC代表





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

健ちゃんもいいけど、文ちゃんもね!

こんにちは。
代表は”高倉 健”さんですか。
私は”菅原 文太”さんです。”仁義なき戦い”です!
DVD全収録済です。暇があれば見ています。
DVD鑑賞後は、目つきが鋭くなります。
”やっちゃるッ”って広島弁で…めっちゃ、かっこいいです。
私は広島出身なので映画の中の地名等わかるので、実感があります。
ヤクザ映画なんですが、”男” を感じる映画です。
今時流行りませんが、文ちゃん好きです。
(トラック野朗 一番星 これもすきです   ^ ^)

最近はこうゆう”男”少なくなりましたね~
時代は変わろうが、こうゆう日本男児に憧れます。

けっこう古いpiscesでした~~~~hehehe
2011⁄12⁄23(金) 15:09 |

pisces様
凄いですね、”仁義なき戦い”全部所有ですか?コピーが取れたら次回は
是非、コピーを取って見せて下さいお願いします、
もし健さんがあればついでにHehehehe!

厚かましく済みませんが出来れば見たいですね、長い間見てませんからね、
私は、文太さんは、俳優としてはとても好きですね、リアルですね、

健さんは男として好きですね、

                                       JAC代表
2011⁄12⁄23(金) 15:15 |

代表は私にとってheroです。(本当に!)
私はハリウッド派なので
代表は
魔界(フィリピン?)で活躍するインディアナ.ジョーンズ,
44マグナムを携えて悪党を叩き潰すダーティーハリー,
不死身の007です。
益々の,ご健勝をお祈り申し上げております。
2011⁄12⁄23(金) 15:48 |

SW1943様

調子が良いようですが、私も大好きです、本来は洋画、洋楽派なんですが、
何故か健さんだけには心惹かれました、日本人何でしょうね、

インディージョーンズはこの国で私は沢山していますね、ハハハ山に入ったり
トンデモナイ田舎の中でも生活しましたからね、
御褒めの言葉有難うございます、とても嬉しいです、
何時か機会が有りましたら、是非お会いしましょう

                                      JAC代表
2011⁄12⁄23(金) 17:01 |

了~解です!

こんばんは。

アニキ、了解しやした。
次回の渡比までには”仁義なき戦い”5作品+健さんを数本
(レンタル屋さんに行って見てきやすです)
揃えてお持ちいたしやすです。  -。-)

そんな雰囲気でT2に降り立った時にゃ、イミグレで捕まり
空港警察に検挙され・・・
その時はアニキ!直ぐに助けに来ておくんなせいッ!

すぐにその気になるpiscesでした~~~。
2011⁄12⁄23(金) 19:59 |

pisces様

よし、その時は俺が行く、心配すんじゃね~!てね?

済みません宜しくお願いします、とても嬉しいです、楽しみが出来ました、

                                        JAC代表
2011⁄12⁄24(土) 04:43 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。

Trackback

http://jacmanila.blog.fc2.com/tb.php/64-639ec2d2




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。