スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

山下ゴールド(トレシャー)続2

2013⁄04⁄01(月) 06:00
前回からの継続になります。


最初に、前回の記事の日本軍が持ち込んだ金の総量ですが、イギリスの GFMS の統計にると2009年末時点で金の地上(採掘され精錬された)総量は165,600トンであるそうで、それを超える数10万トン以上の数字は明らかな誤りですね。お詫びさせていただきます。これに伴い、前回の記事にも訂正を入れさせていただきました。


山下ゴールドですが、旧日本軍が東南アジア各地(インドネシア、タイ、ビルマ、ベトナム、中国)から、一部は日本へ持ち帰り、多くはこのフィリピンに運び込み、戦況の悪化と共に各地に隠したとされています。その隠した場所は(正式な軍の支配下)では全部で200か所前後と言われており、どのくらいの量かと言うのは、正確には分かりません。

トンなる

(このようなトンネルを旧日本軍が作ったとされ、その中に部屋をたくさん作り、いくつかの部屋には「物」が隠され、他の部屋には罠が仕掛けられ、爆弾が仕掛けられたりした場合もあると言います)


終戦も近くになると、できるだけたくさんの「物」を日本に持ち帰る事が第一番目の使命だとなり、安全を確保するために敵の攻撃に合いにくい病院船で運搬したり、不沈戦艦「武蔵・大和」でさえもこの運搬に充てる作業だったらしいです。


阿波丸4

(沈没した、病院船「阿波丸」)


終戦の20数年後ルバング島で発見され帰国した小野田少尉は、彼の任務はこの「物」を管理することだったと聞いています。小野田少尉は「旧陸軍中野学校卒」でした。この中野学校と言う所は有名ですので、皆さんご存知だと思います。このルバング島から外国船の状況を偵察する事が任務の一つだったようですが、「隠された物」の管理も含まれていたと言われています。その為に終戦を知っていても、直属の上司の命令が無い限り小野田元少尉は姿を現さなかったと言うことです。小野田元少尉はルバング島から日本へ帰国しても、日本に長くは滞在せず、牧場経営(ファーム)をすると言う理由でブラジル移住をしました。機密を守るために力が働いたとも言われているそうです。小野田元少尉が元旧陸軍中野学校の出身であることから、命令には服従すると言う筋立てです。


onoda.jpg

(ルバング島での小野田元少尉)


一部の日本人がこのフィリピンでフィリピン人と組んで、今でもこの「物」を探し「買付」をしています。持ち込まれる話の殆どは「与太話」で、「物」が出てきても殆ど「偽物(フェイクゴールド)」です。このフェィクゴールドと言うのは、主にミンダナオのカガヤン・デ・オロとダバオで造られて販売されています。山下ゴールドと呼ばれている「物」は最低が1本6.25kgが基準です。4本で25kg。これは運搬の際に計量しなくても簡単に分かルし、人手による運搬でも重さが丁度手頃なので。木箱に4本またはその倍数単位で入れられます。


gold7.jpg

(取り出された山下ゴールド イメージ写真)


話が逸れますが、ゴールドバーを買うことにどれほど危険があるかを考えてみたいと思います。

まず、真贋ですね。最近のフェィクは巧妙に成ってきて、プレートのサイズも重量も本物と同じに作られてきています。中には本物を持参し「show sample」として見せますが、これは借りてきたもので、実際の取引時には「フェィク(偽物)」を持ってきます。
もうひとつの危険があるのが買い取りの時ですね。買付に地方まで現金を持って行くのは、危険を伴います。金を手に入れるまでは現金がありますし、仮に本物を受け取ったとしても、無事に帰らなくてはいけません。田舎に買に行ったまま帰ってきていない人もいます。

仮にもお勧めできるビジネスではありませんね。


カンボジア金

(山下ゴールドの中で、カンボジアと称されるプレート)


本物か?偽物か?オリジナルとフェィクの見分け方。

gold5.jpg

(同じくスマトラという称されるプレート)

gold100.jpg


「プレートの角」を見て下さい、「角張った角」をしているのは「全て偽物」です、本物は「角に丸み」が出来ます。その理由は溶かした後に型に入れ、熱が冷める間に角に丸みがでます。形だけでも偽物のひとつの区別が出来ます。他には「酸」をかける方法等がありますが、一番正確なのは化学的な判定でしょう。


gold4.jpg

(角に丸みが有る)


フィリピンで「物」を求めている人は大きく分けて2種類です。「買付」する人、「ハンター」になり「物」を求める人。何れにしろ危険を伴います。まず金取り扱いライセンスを必要とします。このライセンスが無いと逮捕されます。トレシャーによって得た「物」は「取扱い禁止」です。「物」を所持しているだけでも逮捕されます。


山下

(本物?偽物?)


トレシャーの「物」には独特の癖が有ります。その癖とは精製が荒いと言う事です。通常に売買されている「物」は仕上がりが綺麗です。トレシャーとして取り出した「物」の多くは前回の写真で見るように外見が黒です。その黒い理由はカモフラージュです。

山下2

(取り出されたと言うまだ黒いインゴット)


書きたい事はまだありますが、これ以上詳しく書く事は、かなりの「タブー」に触れなくてはいけませんので今回はここまでで止めておきます。その代わりと言うと語弊が有りますが、「そのさわりの一部を余談」として読んでください。

coin.jpg

(戦時中、軍によって造られた「丸福金貨」24金)


Gen. Yamashitaは米軍によって処刑されたと言われていますが、処刑をされたのは替え玉でマッカーサーの計らいで、ハワイへ移動したと言う説もあります。戦後間もない頃に奥さんと家族はハワイに行き、面会していると言う噂があります。


Gen. Yamashitaとマッカーサーはお互いに知り合いで、その間の密約でマッカーサーは大統領の選挙資金を得たという話です。


soward.jpg

(アメリカ士官学校、West Pointに展示されている、Gen. Yamashitaの軍刀)


さぁ、こう言った話が真実であるかどうか? 皆さんの想像に任せます。


トレシャー話と言うのは、信じるも信じないも幽霊みたいなもので、各人の判断です。ただ、一つ言える事は、フィリピンと言う国はこういう事に興味を持ったりすると、実に魅力的な国となります。 "It's very charming" この魅力に陥ると、別の意味でこの国をとても愛するようになるのかもしれません。しかし、うかつな話に乗ったり、危ない事をしたりなどということがないように、気を付けて下さい。今回の記事はこのフィリピンに山下ゴールドが実際存在するのか?そしてそのトレシャーの謂れを書いてきましたが、信じるも信じないも全ては皆様の判断です。


最後に、これまで書いてきたトレシャーストーリーは、私なりの情報と知識を基に書いたもので、他の情報とは違う部分が有るかもしれませんが、飽く迄も読み物として捉えて下さい。皆さんにトレシャーを勧めたりする目的ではありません。宜しくお願いします。


(最後に参考資料として使用し掲載した写真等で問題或いはご迷惑をお掛けしたら、ご連絡ください。善処します)


「危ない国」フィリピンかも知れません。しかし別のフィリピンを知ると、夢と冒険に溢れた面白い国かもしれません。


JAC代表      





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

阿波丸は有名な話ですがマッカーサー・山下将軍については時を経て開示された外交文書でもなかったので都市伝説の類でしょう。元少尉も同じ類でしょう。旧軍で、それも敗戦前の下級将校ですから。

当時の軍費は兌換の裏付けもない軍標で現地費用をまかない戦費調達の国債さえ海外では売れなかったそうです。日露戦争とは違います。金兌換の為のインゴットを集めようとした計画は分かりますがネシア、星州、馬国、越国から記事のような金塊を集めたとは思えません。バンコク駐在時代の泰国大蔵省高官の友人によると日本軍は一切泰の国財宝に手をつけなかったと聞きました。アジアで唯一の独立国で日本敗戦前に連合国側についただけです。
このような誤った伝説が伝説を呼び山下財宝亡者が生まれたのでしょう。

夢を追いかけるのは自由ですが日本人を含め外国人がフィリピンでトレジャリングする事に批判的です。
伝説の徳川財宝を外国人がやったら日本国民はどう思うのか、同じ事です。
ところで外国人である日本人がフィリピンで山下財宝を発見したらフィリピン国内法ではどのように扱われるのでしょうか?
2013⁄04⁄01(月) 18:18 | | [edit]

でぶ熊様

フィリピン環境庁とマラカニアンからのトレシャー ライセンスがあれば、個人所有の土地と、政府所有地とでは、
割合が変わります、以前の事で詳しい事は忘れましたが、確か30%位が取り分で70%がフィリピン政府(地方政府含め)だったと記憶しています、現在は分かりません。

ライセンスの取得が無い場合には、全部没収です。

                                         JAC代表
2013⁄04⁄01(月) 18:36 |

最近、金田と言う人の名前がよく出ていますね。
大串さんも全く頭があがらない大物だそうですが、本当ですか?
何者なんでしょうか?
2013⁄04⁄02(火) 01:36 | | [edit]

通行人

私がどうして?頭が上がらないのか?教えて欲しい。全てが作り話。

下らない事ばかり書いて来て、信じる頭もおかしいな。

                                             JAC代表
2013⁄04⁄02(火) 07:53 |

一昨年、古本屋で 山下トレジャー 最後の真実 とかいうタイトルの本を入手して読みました。戦史関係には知識が深いのですが、当然、戦争には財宝がつきものでそちらにも興味はあります。
2人の皇族の話やマッカーサーにまつわる財宝の話、その後のマルコスによる搾取の話など話題はつきません。
各地からフィリピンに集めていたのは事実だと思います。
アメリカに相当量運ばれたのも事実だと思います。I shall return.のマッカーサーは、個人の利権とともに財宝めがけてフィリピンに戻ってきたとも私は思っています。
マルコスの搾取も事実だと思います。マルコスが私利私欲のためではなくフィリピンの為に財宝を使っていたらもっとすばらしい国になっていたかもしれません。(これはわかりませんが、、、)

前書いていたブログに山下トレジャーに関して少し書きましたが、そのブログは全部閲覧禁止になり、その記事を読めません。(そのことが原因ではないと思いますが、、)
その記事にも書いたのですが、昨年、そのお宝にまつわる話でInfantaに行き、とある小学校の校庭に埋められたという金塊の地に行きましたが、ちょうどその時、その土地の持ち主に会いました。

彼が言うには、戦後、まず日本人が掘り返しに来た。その後、マルコスの兵士たちがヘリコプターで数十名来て、掘った。山ほど金塊を見た。
という生々しいものでした。

終戦直前、この地を守っていたのは、海軍の通信隊だったとされ、マニラから逃げてきた日本兵も容易に入れなかったと本には書いてあります。
恐らく財宝を埋めていたからだと思います。

今でもInfantaではそれ以外に相当の財宝があるとされ、Newsや噂でそれにまつわる殺し合いなどの話を聞きます。

2013⁄04⁄02(火) 12:59 | | [edit]

代表、こんにちは。

 昨年にセブ北部でトレジャーハンターをしているらしい日本人が、元従業員に殺害された事件が有りましたが、私の聞いた話では「セブには日本軍のトレジャーは無い!」これには私も同意権です!

 17~8年前に嫁実家(セブ北部)にやって来た日本人の慰霊者が、遺品収集目的の為に発掘させて欲しいとの申し出を断り、『トレジャーが有る』と思い込み自分達で掘りたいので、費用を出してくれと云って来ました! 許可費用が30万円・出て来たトレジャーの75%は国・残り25%だけが自分達の取り分、機材・人件費等の経費は考えてもくれないでしょう! 単純に120万円のトレジャーが出て来てやっと元が取れる計算! 勿論、丁重に強欲嫁母に断りました! 
 しかし、コツコツと自分達で掘ってみると、塹壕後らしき所が有ったそうです。そして横穴の先には鉄の扉が・・・その先はトラップが仕掛けてあるとの噂で、お終いになりました!(もっとも、隣の敷地になるそうでしたので)

 大人しく慰霊者の話に乗って、遺品回収目的で掘らせてあげれば、感謝はされたでしょうし、幾らかのお礼ももらえたでしょうに・・・! (慰霊者の名前・連絡先等は判らず)

 結局掘った穴は、便糟となってしまったそうです!   罰当たりです!   
2013⁄04⁄02(火) 13:14 | | [edit]

philenjoy様

フィリピン各地に逸話は沢山ありますね、私も存在すると思って以前は夢とロマンを追いかけていましたが、
ブログでは立場上明確に書けない事も沢山あります。アロヨ政権時代に米軍合同演習も地元では、
米軍が大量の物を持ち出したとか騒がれていました。

マッカーサーの言った「 I Shall return」は別の笑い話で、愛するフィリピン人の奥さんの為に言った言葉だとも言っています。フィリピンには沢山面白い話が残っていますね。

そう言う意味ではフィリピンは興味が多い所です。

                                         JAC代表
2013⁄04⁄02(火) 15:01 |

hamrey様
面白い話ですね、フィリピンではそう言う人達が多いですね、ここに埋めるのを見た、あそこに運んで埋めた、
おじいさんが目撃した、旧日本軍が教えてくれた、そう言う話は限が有りません。

100%ピンポイントをしてくれるスキャナーが有れば、もう一度戻っても良いですが、それも叶わぬ願いでしょう。

嫁母は「罰当たり」ですか?ハハハ面白いですね!!!

面白いコメント有難うございました、 またお願いしますね!!!!

                                          JAC代表
2013⁄04⁄02(火) 15:30 |

すげ〜!

代表は会長と言うより隊長!だったんですね。
ぜひ掘り当ててダラワの連中を見返しちゃってください。
もう誰にも困窮なんて言わせねぇ。
あははは。
2013⁄04⁄02(火) 15:36 | | [edit]

BBさん?

以前コメントを入れた、今回のBBさんでは別人みたいなコメントですね。

私は困窮?私の生活を知っているのかな?以前のBBさんのコメントでは知性を感じたけれど、
今回のコメントでは、その欠片もないですね? 本当にBBさん、本人ですか?


                                          JAC代表
2013⁄04⁄02(火) 18:47 |

皆様と異なる視点観点からですが前コメに書いたように山下財宝に群がるのは徳川財宝を外国人が探すような行為だと思います。あったとしてもフィリピン共和国に属するべき物だと考え日本人が探すのは土足で入る込むようなものではないでしょうか。自分がフィリピン在住トレジャーハンターを卑下する理由です。

血の匂いが消えるのは最低百年かかるのは歴史が示してます。
マッカサー論もありますが彼の伝記を読むとインデアンを征服した、西部流れ者思想そのものの彼が真にフィリピン女性を愛しI shall returnと言ったと思えません。
感性豊かで英語堪能な代表殿ですからUPに多くの米国に関する書物がありますのでお時間のある時お読みになってみて下さい。

自分は長年母国外で過ごしてますが所詮ストレンジャーと思い生きてます。日本旅券でいる以上止む得ません。日本的に言えば母屋住まいでなく離れ屋住まいです(苦笑)
2013⁄04⁄02(火) 20:44 | | [edit]

でぶ熊様
フィリピンでは、この国の近歴史上起こった事を、フィリピン流に冗談にします。その一つとして、

戦時中フィリピン人が日本人を見ると、日本人が来た皆隠れろ殺されると言ったそうです、しかし少し以前は
日本人が来た、皆出て来い「ペラ」が来たと言うような皮肉な冗談を言ってました。

マッカーサーの有名な言葉「I shall return」この言葉もそうですね、愛するフィリピンの奥さんに言った言葉で、
マッカーサーはそれだけフィリピン妻を愛していた、そう言う自慢話の冗談として使っています。

トレシャー話では、現在ある日本の大手企業の社長が財宝を掘り起しその資金を利用して大企業に成ったとか、
SMやルシュタンスもマルコス氏から依頼されて、そのお礼で財閥になったともこの国では噂されています。

SMオーナーも靴屋の店員からの立身出世、フィリピンではまず不可能な出世です、そういう事を考えると
まんざら嘘だとも思えない所もあります。しかし、真実は闇のなかでしょう。

フィリピンにも日本にもミステリアスな話は沢山あります。真実又は嘘話し、どう捉えるかはその人の捉え方です。この国の政治家や実力者も陰ではトレシャー ハンティングをしています。そしてこの国の政府でもハンターのライセンスを許可しています。実際多くの外国人がハンターをし一攫千金を狙っているのも事実の話です。

その為に命を落とした人たち、帰ってこなく人たちも私は知っています。安易な考えでハンターをする、これには
多くのリスクを背負わ無いといけません、その為に今回の記事を書いた訳です。ご理解ください

                                      JAC代表
2013⁄04⁄02(火) 23:38 |

大変失礼しました

そういう意味で書いたのでは無く、ダラワCHで陰口を叩いれいる連中への皮肉を込めたブラックジョークとしてコメントに付け加えたのですが、そのような印象を代表に与えてしまったことは多いに軽はずみな文書だったと反省し、お詫びします。
ごめんなさい。だれも代表をそのようには思っておりませんので。
2013⁄04⁄02(火) 23:48 |

BB様

ブラックジョークを理解しなかった私にも落ち度が有るのかもしれませんが、私の感想として、

BBさんのコメントは、例えJACに反論をしても私は理解しています、それなりの理論と知性を感じています。
そう言った意味でBBさんには「敬と礼」を持っているつもりです。

私の早とちりで勘違いしました、如何か気にしないで下さい。これからもコメントをください。
宜しくお願いします。

                                        JAC代表
2013⁄04⁄03(水) 02:04 |

イ様

「純金積立」それが一番ですね、確実に残ります。コメント面白かったですよ!

                                            JAC代表
2013⁄04⁄03(水) 22:09 |

通行人、
そういう憶測と、妄想がでるのか? 意味を分かって書いているのかな?
軽蔑されても、痛くも痒くもない。

コメントは削除です、周囲に誤解を招くし、ブログとは関係ない。

人に軽蔑というより、そういう事しかできない脳のない自分を軽蔑すべきじゃないのかな?
遠くから隠れて吠えないで、会いに来たらどうかな?

それもできないか?

                                      JAC代表

                                  
2013⁄04⁄03(水) 22:17 |

せっかく大きな経費をかけて掘り出せても25%しかもらえないのでは殆ど手元に残りませんね

まるで国の為に奉仕しているようなものですね
2013⁄04⁄10(水) 16:28 | | [edit]

シゲ様

リスクが大きいですね、命の危険さも半端ではないですからね。
普通の人には無理だと思います。

                         JAC代表
2013⁄04⁄10(水) 22:41 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。