スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

フィリピーナとハポンの関係

2013⁄04⁄28(日) 04:00
日本人とフィリピーナが知り合う、或いは出会う切っ掛けは、大方の所限られています。出会いの殆どは日本のフィリピンクラブで知り合ったり、チャットやネットの世界で知り合ったりですね。フィリピンに遊びに来る人たちは、どこかのKTVでとか、友人の紹介とかで知り合ったり、こういう出会いが多いと思います。


出会ったフィリピーナ、或いは交際しているフィリピーナに対して、ハポンは大体同じ悩みのパターンに嵌ります。今回はそう言うことを踏まえてその悩みと対策、そういう事を考えて見たいと思います。この話は一般的なことであって、特定の人を指しているものではありません。


フィリピーナにまつわる悩みの大半は、彼女たちから聞かされるさまざまな問題です。家族の病気や家族に対する問題、仕事やビジネスの問題、大きい場合では自宅が欲しい、車が欲しい。言いかえれば殆どが金銭にまつわる問題です。それらは「HELP」或いは「アコ モンダイ アル~」攻撃と呼ぶことができると思います。


女性はこういう話を相談されたハポンは、「もし助けたら?・・・・・」そう言う考えを持ちます。人によって異なるでしょうが、無理をすれば助けられる範囲、好意が強ければ強いだけその範囲は広がりますが、その範囲内であればその女性を助けようと金銭を渡します。「泣き付けば惚れた弱みで何とかしてくれる。」フィリピーナがハポンに対しこういう考えを持つようになったのは、ジャパユキ時代からの悪習だと思います。


フィリピーナ21


以前のジャパユキ時代(80年代~90年代)日本へ働きに出かけたフィリピーナは、日本人のリッチさに驚いたと思います。当時のフィリピンでは、数百ペソのお金でも彼女たちには大金で、数千ペソとなると見た事も無い金額だったでしょう。若いフィリピーナ、18歳~20数歳の貧しい家庭の娘が、何とか家族を助けようと夢を持ち、怖さ半分で日本へ稼ぎに行ったら、持ったことも無い数千ペソのお金が目の前で湯水のごとく使われて、右から左へとを飛んでいきました。彼女たちはカルチャーショックを受けたと言うか、お金に対する考えが変わったと思います。


フィリピンで暮らす彼女たちの家族は、食べるものも無い生活で切りつめた生活をしている。日本では、彼女たちに会うために一回の飲み代だけで数千ペソ或いは数万ペソの金額を平気で使う。この現実の大きな隔たりを目の当たりにし、「ハポンはリッチ」と錯覚を重ねて行ったんだと思います。特に彼女たちの半年間の年季明けに行われた「サヨナラ パーティー」これには、信じられない事実が有りました。フィリピンに帰るジャパユキに、数百万或いは数千万円をプレゼントしたハポンは当時沢山いました。ジャパユキの気が狂うような金額のプレゼントです。そう言うプレゼントをする「ハポンの目的」それはすごく単純です。惚れたジャパユキを何とか「自分の女にしたい。」それのみです。


ハポンから巨額なプレゼントを貰ったジャパユキは、「シンデレラ」田舎では評判になります。中には自宅を建てたり、車を買ったり、家族がビジネスを始めたり、近所の注目の的になります。周囲の「姫」に対する羨ましさとヤッカミも尽きません。


ビーチガール


こうしたプレゼントを貰ったジャパユキは、その将来を考えずスッパリと使い果たします。「ショッピング、家族、友人、ギャンブル、パーティー」つまり金に糸目は付けず浪費します。というのも「シンデレラ姫」だからなのです。自分が本当に汗水たらして働いた貴重な金ではなく、日本へ行けば又「沢山のお金を貢いでもらえる」そう言う安易な発想だったからだと思います。「お金が無くなればジャパンに行けばよい」「お金はジャパンでまた手に入る」そう言う考えが多くありました。


こういったジャパユキの考えの根底には、ジャパユキの先輩「アテ」がいます。そのアテ達が何も知らない新人の教育をしました。「家族の問題や病気。こういう事を相談すると、ハポンは可愛そうにと同情し、簡単にお金を出す」この手法が、新人ジャパユキに引き継がれていきました。(勿論全員とは言いません)その名残が今でも存在する、「アコ モンダイ アル~」だと思います。彼女たちにとっては「大金」、しかしハポンにとってはそうでもない。そう言う発想だと思います。


しかし、こういう観念を植え付けたのは私たちハポンの責任でもあります。「惚れた女を自分のものにする」その手段が金銭であったのだと思います。勿論全員だとは言いませんが、そう言うハポンが多かったと思います。


ハポンの間違いは、愛情を得るためと「ディール」つまり、「交渉」したことだと思います。その行為は今でも続いています。


惚れた或いは好きなフィリピーナに対し、「自分の女」にする為に、「家を買ってやる。車を買ってやる。家族の面倒を見る」そう言う話を持ちかけて「自分の女」にしようとします。或いは生活の面倒を見る、サポートをする、だから「自分の女」と思い込みます。それが良いとも悪いとも言えません。中にはそのようなディールで始まり、段々と深い仲になり、本当の愛情が生まれる事もあります。しかしそう言う例は少ないと思います。しかし惚れたフィリピーナを「自分だけの女」そうするには、フィリピン在住でもない限り相当な無理がある事でしょう。
金だけでは実際の愛情は易々とは育たないと思います。


フィリピーナが本当に愛する男は、自分の体をかけても守ると言われています。ではフィリピーナが本当に愛した場合どういう接し方をするのか?私の目でフィリピーナの態度を観察してみると、以下の行動と接し方を感じます。

1 暑い時汗をかいている顔や背中をタオルやハンカチで拭き取ってくれる。

2 食事や身の回りの事を、心配をする。

3 貴方に対し、子供や弟・妹みたいに世話を焼く。

4 実家に行った時等に、貴方を中心に心配をし、兄妹や親よりも貴方に気を使い心配する。

5 貴方の意見や考えを理解しようと努力し、聞く耳を持っている。


つまり、フィリピーナが本当に愛したら、自分の子供のように心配をし世話を焼く。こういうことになると思います。


motherbaby.jpg


贅沢はできなくても、家族全員が安心して生活ができる。今日のご飯を心配しなくて良い。食事の量が少ない時には家族で分け合いながら食事をする。つまり、「生活の原点」です。そうは言っても勿論少しでも良い生活をしたいと思うのは当然の事ですが、自分の愛する「アサワ」が苦しい時には、フィリピーナは我慢をし、アサワに付いていきます。


本当の「フィリピーナの愛情」これを得る。その為には色んな出会いと交際が有ると思いますが、皆さんはいかがでしょうか?


貴方と一緒に居るとき、「テックス、携帯電話」に夢中。いつも誰かと一緒についてくる。友人、特に「バルカダ(遊び友達)」達とディスコに行きたがる。貴方の傍にいても貴方の世話をしない。こういった女性はどうでしょうか。


フィリピーナとの愛情や交際で悩んでいる人達、一度じっくり見つめなおしても良いと思います。


フィリピーナがフィリピーノを愛したとき「HELP」は余り求めません。貧乏でもお互い必死に仲良く生きて生活をしています。それがフィリピーナの愛情だと思います。日本人だから求めるというのは、求めているものが本当に愛情なのでしょうか。


JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

80年代初頭からフィリピンに関り出しましたが当時でも日比の経済格差は大きかったです。
取引先が用意してくれる車の運転手が滞在してるホテルの部屋にビールを持って来ては空瓶回収し入れ替えるのは差額稼ぎ。毎夜のケソンアベニュー通いも出張日当で十分でした。20年後に再会し再婚した嫁実家の運転手ですが彼の息子娘は私が当時渡していた金で大学を卒業したと後日聞きました。一人は女房ファミリーの会社で要職にいます。当時はいち若輩サラリーマンでしたがこんな事が出来ました。

様相が変わったのは言われるようにジャパユキです。彼らからすると月収以上を一晩で使うフィリピンパブ客、下心丸出しの行動で彼女達を狂わせるだけでなく日本人の誤解を生む原因になったと思います。フィリピンを多少なりとも知っているので下層出が働くフィリピンパブは未経験、マニラ経験のある仕事仲間も同様です。地方の嫁不足で比女性が話題になった事がありますがタレントと称する者が大量に入ったので一種のカルチャーショックで多くの人が嵌りフィリピン悪評を生んだのでしょう。又、フィリピンの日本人評判が悪くなった一因でもあります。Human trafficとして国際的に非難され止めたのは当然、遅すぎました。
フィリピンジャパユキ以前にタイからも来ましたがこのような事はありませんでした。

多くの人が言う悩むヘルプ願いは女性の環境によるところが多いと思います。持ち慣れない大金を得ると湯水のように使いまくるのは日本人も同じだと思います。貧乏は知っていても稼ぐ苦労を知らないのです。
私事では記事の1こそしませんが2~5は当てはまり亡妻以上です。食事は再婚前から気にし日本の家庭食を学びたいと望んだので引退した板さんにマニラに行ってもらいました。ちょっとシリアスな病気になった時の女房の気遣い献身には驚きと共に感謝の術もありません。長い出張の時は心配だと付いて来たり様子を見にきます。日本語こそ分かりませんが日本の習慣考えは若い日本女性以上と感じます。
愚息夫婦はお姉さん(歳が近い事もあり姉のように慕ってます)が居るから親父の心配は無用と言います。
今冬女房の手術を東京でしましたが見舞いに来た結婚大反対だった義母は有難う、貴女も良い旦那見つけたねと。やっとファミリー一員と義母にも認められました。

国際結婚する人の為に。人によって異なりますが3ケ国に分散してるので特殊ですが移動費用が嵩み十分な経済力が必要な事を痛感します。医療費も同様、女房は当然、息子娘にも日本と同等な医療を受けさせます。

結婚生活は長いですからBest halfは慎重に選ぶべきです。日本人同士も同じですがただでさえ文化が違う国際結婚ですから似た育ち環境経済背景は重要と思います。それと同じ感性価値観が大事で喧嘩したことありません。還暦過ぎ、四十路夫婦です。
長文にて失礼します。


2013⁄04⁄28(日) 16:55 | | [edit]

でぶ熊様

でぶ熊さんは、長い海外の経験と他の人では経験できないことを数多くして来て、
海外に対する、感覚は人並み以上に備わっているし、研ぎ澄まされていると思います。

フィリピンに対する着目点も、十分のご存知です。しかし多くの日本人観光客は
まだまだ、奥深いフィリピンも知らないし、フィリピーナも理解してない人が多いと思います。フィリピーナいわゆる女性問題、この事で悩んでいる人たちは
沢山いると思います。「悪いケースのフィリピーナ、良いケースのフィリピーナ」その違いを正確に、早く理解できると好いですね。

                      JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 00:20 |

二つのタイプ

運良くか悪くか二つのタイプのフィリピーナと付き合いました。
最初のピナは渡比しても家族は殆ど呼びません。
お腹をこわし熱が出ていた時は寝ずに看病してくれて尽くしてくれました。
二度目のピナは家族をホテルに呼び私が寝る場所も無いくらいでした。
日本から電話しても出ないしメールするも返事なし・・・
フィリピンからワンコール有るときはヘルプの催促・・・
色々有り別れました。
その他
一つの切っ掛けは東日本大震災です。
この地震を界に私の考え方がシビアになりました。
多分私ばかりでなく日本全体がそうだと思います。

現在はフィリピーナとの関わりもなく渡比する機会も無くなりました。
最後にもう一度渡比しノンビリとKTV巡りを楽しみたいと思います。

最後に騙した騙されたでなく自分で決めた行動に責任を持って頂きたいと強く思います。


2013⁄04⁄29(月) 01:46 | | [edit]

代表殿には釈迦に説法になりますが小生の拙い経験、知識ではフィリピンは近隣アジア諸国に比べ邦人には一番タフな国だと思います。不名誉な大使館が扱う困窮邦人数No.1、邦人被殺害者数が示してます。
こんな不名誉な勲章がなくなる為にも啓蒙される事をご期待申し上げます。
何時も勝手な事ばかりのコメばかりで失礼します。お気をつけて。お寝みなさい。
2013⁄04⁄29(月) 01:47 | | [edit]

切ないような、
人道的に色々あるような、
多方面から考えさせられる、
そんなお話ですね。

素敵なブログですが、
美しい心の方ですね。

(>▽<)b
2013⁄04⁄29(月) 08:13 |

abc様

好い事、悪い事、そういう事を経験されるという事は、ある意味好い事だと思います、そういう経験をしているから、現実が見えるし分かると思います。

そういう事が分からず、「熱くなったり、狂う」と、もっと悪い状況になる可能性もある訳です。abcさん・・・・、いつか機会があればまた遊びに来てください。

その時には、また違った楽しみ方ができるかもしれません。
いつもコメント有難うございます!

                        JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 09:49 |

でぶ熊様

本当に、フィリピンはタフな国ですね、精神的なことも含め、本当にタフな国です。
遊びだけでこの国に来ている時には分かりませんが、生活がこの国と密着すればするほど、そう言う状態になってきます。

諸々の事情があり、困窮になっていくんでしょうが、そう言う状態になっていく人も目の当たりで見ているし、知っています。なにがそうさせるのか?

頑張ってほしいものです。

                     JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 09:58 |

山崎かずみ様

コメント有難うございます。フィリピーナとハポンの間には実に多くの切ない話や、出来事がありますね、フィリピーナとハポンの間で何がそうさせるのか?
その、原因を理解しないと同じ話の繰り返しになってくるんでしょうね・・・・。

嫌な目にあっても、頑張っている人たち、それで嫌気をだし、フィリピンを諦める人たちと、様々ですが、もっと違ったことも含めてこの国を訪れてもいいと思います。

素敵なコメント有難うございます。

                    JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 10:05 |

偽金田に告ぐ、

いい加減に大人しくしたらどうだ?下らない嘘ばかり書いてないで、人の事より自分の心配をしたらどうだい?

逃げ回ってばかりいないで顔を出してみないか?できないだろうな?

                          JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 16:16 |

大串代表に聞きたいのですが最近のブログはJACの活動記とはかなり掛け離れた内容となってますが活動はしていないのでしょうか?

某掲示板には色々と書き込みが有りますが実際のところはどうなのですか?
日本の諺に火の無い所に煙は出ないと有るように話半分八掛けと見ても代表として反論出来ないのでしょうか?
反論しなければそれが事実として読者に受け取られても仕方ないと思います。

JAC創設時の意気込みを代表のブログで感じられなく成ってますが、実際JACとしての活動記はもう無いのでしょうか?

代表の意見、最近の活動、代表の思いをブログで公表してみて下さい。
それによって、反論も有るかと思いますが事実公表こそ代表に取ってはプラスになると思います。
2013⁄04⁄29(月) 18:01 | | [edit]

春夏冬様
JAC活動とは、本来は会員を守るのが主です、以前はマビニの安全をと思い何とかしようと努力をしましたが、皆さんの協力が無いとそれ以上の自己負担では賄いきれません。マビニの安全は私やJACの事だけではなく、マビニやそこで生きている人達、そして商売をしている人たちのためでありましたが、肝心のそう言う人たちの理解と協力が無くてはそれ以上の負担を私個人、そしてJAC会費だけでは賄えません、理解を得られず私たちだけが活動しても意味が無いと考えて、活動は会員を守るためにと言う方向戻りました。

JACの計画している本来の活動を行う或いは理想の形にするには、まだまだ、時間と資金が必要です。現在そこまで私が負担を負いできる状態ではないので、
現在は、会員に専念しています。

結果はプロセスが必要です、誰もしなかった或いはできなかった事と言うのは一朝一夕にはできません、そこまでのプロセスが必要でしょう。

その意味が理解できないとしたら?貴方自ら活動をしてみれば、私の言う意味が実感できると思います。

尚、下らない掲示板に書いてある事は全てが馬鹿げた話です。

信じる信じないは貴方の自由です、ネットの世界で喧嘩しても始まらないし、そういう下らない馬鹿を相手にしても、解決はしません。

例えば、貴方に身に覚えがに事を数人が、貴方は云々と言うコメントを嘘でも書けば、その日から貴方は悪い奴になります(ネット上)そしてその噂が流れだします。知らない人はその事を信じるでしょう、そうなった時に貴方がどんなに違うと言っても、どうにもなりません、「貴方は悪い奴」そうなります。

火の無い所に煙は幾らでも立ちます、簡単な事です、根も葉もない事でも、デッチアゲでもネットに書かれてしまえば、悪い奴とそうなります。

名前も名乗らず、隠れた存在で、遠い場所から奴らはそうします。あなたにその行為が防げますか?

その行為を私がしようと思えば、どんな名前でもできます、例え貴方の名前でもできます。ネットの悪い所はそう言う所です、それで亡くなった人もいます。

名前も名乗らない、卑怯な連中を信じるも良し、堂々と名前も住所も連絡先を出している、JACを疑えば疑えばいいだけの事です。

私にとっては痛くも痒くもないし、そう言う奴らの噂には100%負けませんし
相手にもしない(ネット上)但し、もしそう言う奴の確証が掴めたら、私は動きますよ、全力を使って戦うし、潰しに行きます。

                      JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 18:53 |

JACの活動記、マビニ、会員の安全を守ると言う会長の信念に感動され、
協力をされた会員の方々も多いと思います。
私は、偶々、お会いするのが遅かったので、活動に参加致しませんでしたが、
マビニの治安や数々のフィリピンに於けるトラブルが少しでも改善されれば、
素晴らしい事だと思います。会長の声に集まった方々の思いも同じ事でしょう。
地域や地区の安全は、其処に住む方々の心情の問題だと思います。
折角、会長を頼りに集まった会員さんたちに対して、
資金が続かないから止めたと方向転換をされたのでは、少々筋が通らないでしょう。
元々、安心安全は、お金で買えるものでは無いでしょう。
地域の人たちが信じあえる草の根的な地道な積み重ねの活動の末得られるものです。
其れを金が続かないと一蹴されたのでは、折角、参加された会員の方々のお気持ちは如何なものでしょうか。
2013⁄04⁄29(月) 19:36 |

Yamato様

何か、大きな誤解をしていると思います。JACのパトロールと言うのは、資金不足の為に、中止しましたが、表面的には分からないかもしれませんが、JACはその後も警察」、市役所、バランガイとも連絡を取り活動は続けました。

行動を表してするのか、陰でしているのか?要は少しでも安全に成ればいいと思います。

安全の基準これにはハッキリ言って、何を基準にして安全と言うかの問題でしょうが、少なくてもJACが活動する以前に比べたら、多少の変化と効果は有ったと思います。私が感じる限り以前に比べれば良くなっていると思います。

マビニの安全を願う日本人が一人でも多く集まり、今後の安全を作るのはそんなに難しくは有りません、その理由はそう言う基盤をJACは作り上げていると思います。

レールは敷きました、汽車を走らせるには燃料が必要です。個人だけの力には限界があります、私個人も以前の様にお金をたくさん使える身分ではありません。

貴方にそういう願いと希望が有れば、是非立ち上がり行動してください。
私たちも協力します。

マビニの安全を作ると言うのはJACじゃなくても良い訳です、個人でもその能力と力が有ればできると思います。是非立ち上がり行動してください!
宜しくお願いします。

                       JAC代表
2013⁄04⁄29(月) 21:27 |

今日のブログの最後の写真。
すばらしくいいですね。
まさか代表が撮った写真ですか?
じつは私はその業界のモノなんですが、
たまにこのブログに掲載されている夜景などの写真をみて
「しっかりぶらさず固定してスローシンクロ(シンクロはする必要ないですね。すいません。笑)」
で撮れてるな~と感心することたびたびです。
2013⁄04⁄30(火) 04:08 |

BB様

「まさか?」残念ながら・・・。そのまさか?ではありません、人の写した写真です申し訳ないです。

この写真は、私も好きですね、若い母親だけど、堂々としていて愛情にあふれた表情は良いですね、そして何よりも良いのは母親と言う雰囲気と清々しさを感じます。

清潔感が有り、素朴でも顔と目から優しさを感じます。

BBさんは、プロなんですね?最近はブログの雰囲気を出すのに、写真を掲載しています。

                      JAC代表
2013⁄04⁄30(火) 07:44 |

大串様。
私は大きな事をしようとは思わず小さい事の積み重ねこそ大事だと思ってユニセフと足長基金に小さい額かも知れませんが毎年寄付をしてます。

犯罪を無くすには先ずは貧困を減らす、それを減らすには学校で勉強をして学力を身に付け自ずと考え行動出来る人間を育てる事だと思い、ライオンズクラブ発祥の地フィリピンの将来を考え毎年フィリピンの学校に自分の実の丈に合った文具を寄付をしてます。

日本人がセットアップに会うのは陰に日本人、韓国人の被害者の陰には韓国人。
全てが同胞が仕組んでいるのが事実ですよね。

一度、大串様の知っている悪と思われる在比邦人名を注意勧告としてブログで紹介すれば大串様の信用度が上がると思いますが如何なものでしょうか?
2013⁄04⁄30(火) 12:00 | | [edit]

春夏冬様

偉いですね・・・・。そう言う小さなコツコツが纏まると大きな力になり、動きます。是非私たちもそうしたいものです。私たちが出来るのは一つ一つづつです。
JACも最近は地味ですが、そう言う風に動いています。

フィリピンの場合には、貴方が書かれている事に、もう一つ大事な事が有ります。
それは警察も含め体質改善を必要とします。給料も上げて悪い事をした、警官等をどしどし解雇し、改善するべきでしょう。昔日本がした事と同じようにしなくてはいけません。

是非、今後もそう言う貧しい子に手を差し伸べて、応援してやってください
「拍手」です!

                   JAC代表
2013⁄04⁄30(火) 16:16 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。