スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

ATMと呼ばれた男(出会い)

2013⁄05⁄01(水) 04:00
Lさんは4年ほど前に初めてフィリピンに来た。その時、あるフィリピーナに出会い恋をした。このLさんは3年半ほど前に約1億弱のお金をフィリピンに持ってきた。そのLさんの話を書いてみたいと思います。


初めて友人に連れられて初めて来たフィリピンは、Lさんにとっては楽しかったようです。10日間程滞在したLさんは友人と一緒に豪遊し、フィリピン滞在期間中KTV廻りをし、フィリピンの金銭感覚に慣れないLさんは、KTVのGROへ渡すチップは一人P3000。そのKTVでリクエストする女性は常時10人前後だった。一晩に3~5軒ほど廻り、どこのKTVでも大盤振る舞いであった。そんなLさんは、GROの世界では一躍有名になり、噂が絶えなかった。


エンジェル
(写真は記事とは一切関係ありません)


滞在が終わり帰国するころ、Lさんの胸の中には3人のお気に入りの女性に、特別の感情を持ち始めていた。帰国してもLさんは3人の女性が忘れられず、再度フィリピンへ行く事にした。


3人の女性・・・・・・。一人は、A21歳、3歳の子供がいる。B23歳、独身で子供はいない。C19歳、4か月の子持ち。こう言った女性達である。顔と姿はいずれもLさんの好みであった。


Lさんの2度目の来比、1週間の滞在予定である。今回は一人で訪れたフィリピン。何もする事が無くホテルで夕方まで休み、5時過ぎくらいから外へと出かけた。行く当てもなくブラブラと街中を歩く事にしたLさん。歩いている途中で見た事が有るような男に声をかけられる。その男はビラまきをしている男であったが、Lさんの記憶には見た顔であるが余り覚えがなく、一人でブラブラとしても退屈だと思い、この日本語を話すビラまきを連れてお茶を飲むことにした。不慣れなフィリピンで、多少でも日本語を話すこのビラまきを今回のエスコート代わりに・・・・。そう思ったLさんはこのビラまきに案内役を頼むと、このビラまきは快くOKをした。ビラまきの名前はSと言った。


Sを誘って夕食を日本レストランで取るLさん。店内にいた女性数人に挨拶をされるが、Lさんには何処で会った女性であるのか思い出せない。Lさんも微笑みながら挨拶をする。その中の一人の女性がLさんのテーブルへ来た。女性はLさんに先日沢山のチップを貰って感謝をして、連れのビラまきに・・・・・・。「後から店へ連れてきて、この前チップを3回貰った、シャー リッチマン」そう聞いたビラまきは頷いた。


食事を終えたLさんは、前回気に入った女性が働くKTVへとビラまきを連れて飲みに行った。Lさんが店内に入ると「イラッシャイ マセー」大きい声が飛び交う。席に着くとGRO達がザワザワと話し出す。Lさんは有名人に成っていた。前回気に入った女性B他3人を指名しLさんは何も話をせず、ニコニコと話を聞くだけである。その夜は前回気に入った女性の居る3軒を飲み歩き、例により大盤振る舞いであった。レストランで会った女性もBの店で働いており、Bと同じく指名をした。その店で支払いをしようとしているLさんに、レストランで会ったGROがLさんに囁く「明日の夕方にBと一緒にホテルへ行くから、デートをしよう。」それを聞いたLさんは頷き、彼女にホテルを教えた。


mnl gro8
(写真は記事とは一切関係ありません)


その夜ビラまきのSはLさんをカジノへと誘うが、Lさんはホテルへ戻り旅の疲れもあり、グッスリと眠った。翌日お昼前に起きたLさん、部屋で食事を摂り休んでいると、電話が鳴り、セキュリティーから訪問者を入れていいかとの問い合わせだった。訪問者とはBとレストランで会った女Dだということだった。承諾し部屋で待っていると程なくドアがノックされ、二人を招き入れた。Dの片言の日本語でBの話をされたLさんは、Dを交えて話が進む。詳しく聞いてみると、Bはまだ独身で家族はレイテに住んでいる。兄妹8人がいてBとその妹が家族の生活を助けている。父親は農家で小さいながら畑を所有しているが、生活は大変だとBは話した。Lさんに貰ったチップ総額約P30000は実家に送り、両親が大変喜び、一度お礼を言いたいと言っているということだった。LさんはBに、気にしなくて良い、そう軽く流した。その後LさんはDに案内されるままモールへと出かけ、二人にプレゼントを買い夕食を終え、二人が働くKTVへと同伴をする。DはLさんの世話を焼くが、Lさんは少し鬱陶しく感じてきた。DがいるとBと話も出来ないが、お互いに言葉が余り通じない。その店を程々にしてAの勤める店へ行く。その途中Lさんの顔を知るビラまき数人から声をかけられ挨拶する。Lさんもそれに応え会釈をする。夜の世界ではLさんは、すっかり有名人になり噂が絶えなかった。「リッチマン」皆そう呼んでいた。


Lさんの気に入っている他の2人の女性AとCは、Lさんが店に行くとニコニコと接する。Lさんは滞在中にこの二人ともショッピング・デートを数度した。お決まりの食事後の同伴出勤。そんなLさんには勿論多くのGROがアプローチする。そういうGROにもLさんはニコニコと接していた。


ビラまきのSを呼んで、相談をするLさん。どの女性を選ぶのが良いのかを相談だった。Lさんの問題は多少の片言英語だけ。Aはある程度日本語が話せる。Bは店で使う少しの日本語だけ。Cは会話が出来るほどの日本語は駄目である。BとCとの会話は何時も誰かの通訳が必要であるが、Aは問題が殆ど無い位に会話が出来た。


Lさん
君は情報に詳しい。教えて欲しい事が有る。君が知っているように気に入った女性が3名いる。A・B・そしてC。君は彼女たちを知っている。どの女性が良いのか教えてくれないか?


ボス、それは難しい問題だ。何を知りたいんだ?

Lさん
その3人に付き合っている彼氏や旦那がいるのか知りたい。家族の事も知りたい。どうだ?教えてくれないか?


分かった。調べてみる。しかし調べるにしてもお金が掛かる。彼女たちの店に飲みに行ったり、その友達に詳しく聞かないと正確には情報は掴めない。そのお金を出してくれるか?

Lさん
勿論だ。幾らくらい必要だ?


3軒で飲み代全てを含めて、P30000でどうだい?

Lさん
OKだ。調べてくれ。できるだけ詳しく調べてくれ。その中から付き合える女性を選ぼうと思う。


OK。ボス


その3日後、SはLさんに報告をした。Sの報告をまとめると。


Aは一人の女子がいる。両親は無職で、家族の生活と子供の養育費が必要で、GROを5年ほどしている。日本にジャパユキで2回ほど行き、日本語は話せる。アサワはいないが、交際を求めるお客は多い。

Bは独身で、両親は農家である。農業だけでは生活が出来なく、友人の勧めで夜の世界に入り、2年位である。彼女は要するにセクシーな女性で、指名も多く人気が有るが、Sの報告では「レスビアン」の傾向が有り、男性には興味が無く、男性とは仕事上の付き合いだけである事。

Cは子供を産んで間もなく、子供の父親はCが妊娠しているのを知ると逃げて行った。現在どこにいるのかは不明。Cの父親はCが5歳の時に別れ、母親と義理の父親、妹が二人で子供を育てるためにこの世界に入った。


Sの報告を聞いたLさんは暫く黙っていた。Lさんの一番の好みはBだったが、そう言われてみると、先日のデートで一緒に付いて来た女性Dと妙に仲良く、「ベタベタ」としている所を気になったが、その時はフィリピンの女性はこういう傾向にあるのだろうと思った。Sの報告を聞くと納得でき、Bは除外した。


残る二人の内Cは子供を産んだばかりで、生活が大変な事情を知るLさんは、内心彼女を支援することを考えていた。LさんはこのCも好みのタイプだが、言葉が通じない事で諦め、残るAに考えを決めた。その事をSに相談をすると、Sは黙って頷いただけであった。


決断をしたLさんは、その後Bとは余り会わなくなったが、Dから時々「HELP」を聞かれるLさんは、面倒くさいのでその金額を渡すだけにしていた。Cにそれとなく生活費の事を聞くと、月にP20000位のかかることを知った。そこでCにはP30000を渡し、もし問題が有ればいつでも相談するようにと話す。Cはこの話を断る。Cにとっては大きな金額である。思いもしないLさんの話に戸惑った。Lさんは無理にそのお金をCに渡し店を出た。その足でAの働く店へ行きAに「明日、夕方に会えないか?話がある」そう言うと、AはLさんの申し出を受け入れ、夕方5時に会う事を約束し、Lさんはホテルへ戻る。滞在日数は残り2日間だけであった。


翌日5時の約束であったが、Aが約束の場所に現れたのは6時前である。二人は夕食を摂りながら話が始まった。


Lさん
私は君と交際をしたいと思っている。勿論彼女としての交際だ。将来は結婚も考えても良い。


本当に? 私も貴方の事が好き。

Lさん
本当か?彼氏や旦那はいないのか?


勿論、いないです。

Lさん
じゃ、問題は無いな。真面目に付き合ってくれるか?


トトオ、シリオッソー、トラスト ミー

Lさん
OK,じゃ問題は無いな?


ノー プラブレム、


そして、LさんはAに説明をする。Lさんの滞在は残す所余り無い。本当に付き合ってくれるなら店を休み、残りの滞在を一緒に過ごしてほしいと言うと、Aは納得した。取りあえずその夜はLさんはAと同伴をした。その夜のAはいつもと違い、Lさんにピッタリと寄り添い、田舎の話や、家族の話をした。Lさんは黙ってAの話を聞き頷く。店を出たLさんがホテルに戻ろうと歩いていると、Sと出会いお茶を飲みに行く事にした。Lさんは今日Aと話した事を、Sに説明する。Sは黙って聞いる。



ボス、Aには、沢山の男がアプローチしていた。本当に大丈夫か?

Lさん
彼女はOKだと言ったし、ノー プロブレムとも言った。


そうか・・・・。それなら良いけど。

Lさん
明日からAは店を休み、私と一緒に残りの日を一緒に居る事もOKしたよ。


そうか・・・・


話を聞いたSは黙っていたが、内心「止めたほうが良い」そう思っていた。その理由は、Aは「悪女」の名前が高く、これまで何人かの日本人と付き合い、お金が無くなると別れていた。しかしSはその事をLさんに言わなかった。Sの考えでは、どうせ「金持ちの遊び」そう思ったからである。


翌日の夕方Aは店を休み多少の着替えを持ち、Lさんのホテルへと来た。そのAを見たLさんは、彼女が本気であると感じ、Aとの関係を持ちAもそうした。その後Aの勧めでAの勤める店に飲みに行く。「休み同伴」であるが、Lさんにはそういう事は何も分からない。Aの友達4人を指名し、大盤振る舞いをするA。黙って見ているLさん。LさんはAが気分良くなることであれば、そういう事も気にせずAに任せた。AはLさんにチップを渡すように言われ、言葉通りチップを渡す。Aの友人たちは大喜びである、Aは得意げな顔をしてその場を楽しんだ。


gro.jpg
(写真は記事とは一切関係ありません)


そういう残りの毎日であったが、Lさんは幸せだった。Aは金遣いは荒いが、Lさんの求める「女」を知っていて、LさんはそのAの魅力に落ちて行った。


Lさんは、Aが望むもの全てをAの言われる通りにする。Lさんの滞在も終わり帰国する事に成る。Aは今度フィリピンに帰ってきたら、一緒に田舎の家族と会うように頼み、Lさんも「勿論」そう言う返事をする。Lさんを空港まで送り、帰国したLさんに毎日Aからミスコールが入る。「ハニー ダイジョーブ デスカ?」そう言う内容の電話であるが、LさんはAの言う「ハニー」その言葉に嬉しさを感じていた。帰国をしてから3週間後にLさんは、マニラ空港に着いた。そこにはAが迎えに来ていた。


Lさんの姿を見たAはLさんに抱きつきキスをする。Lさんは人前でのキスに恥ずかしかったが、「ここは、フィリピンだ、日本ではない」そう思い、Lさんもそのキスを喜んだ。タクシーに乗り二人はホテルへと向かう・・・・・・。


続編へ・・・      





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment




コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。