スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

フィリピンでの身を守る対処法

2013⁄06⁄09(日) 04:00
先日の読売新聞にある事件の判決が出ていました。容疑者が何も知らないで犯行の一端を担ったとし、無罪に相当すると言う事で容疑者にとっては有難い判決でした。もしフィリピンなら?そう感じましたので、この例を取りフィリピンでの対処を書きたいと思います。

成田2

読売新聞からの引用

 関西空港で覚醒剤を密輸したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)などに問われた会社員の女性被告(28)(名古屋市)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁(島田一裁判長)は29日、「一方的に運び役に利用された可能性がある」として、無罪(求刑・懲役12年、罰金600万円)を言い渡した。

 被告は昨年5月、ウガンダからドバイ経由で関西空港に到着した際、スーツケースからコーヒー豆の袋に入った覚醒剤約7・8キロが見つかり、逮捕、起訴された。

 被告は、捜査・公判を通じて「交際相手のウガンダ人がスーツケースにコーヒー豆を入れたと思っていた」と説明。覚醒剤との認識はなかったと無罪を主張した。

 島田裁判長は、男性とウガンダを旅行中、急に1人での帰国を促され、男性が荷物を詰め直していたことを指摘。被告が同空港の税関検査で提出書類にコーヒー豆をどう記載するか尋ねていた点も踏まえ、「密輸の故意があったと認めるには疑いが残る」と述べた。
(2013年5月30日09時27分 読売新聞)


こういう事件で有ります。この依頼をしたウガンダ人が仕込んだ覚せい剤をコーフィーと一緒に入れた、つまりコーフィーの匂いで麻薬犬の臭覚を誤魔化し、覚せい剤を持ち込むようにした。

判決の理由によると・・・・。
「一方的に運び役に利用された可能性がある」として、無罪。


そして最も大事な事が、

「被告が同空港の税関検査で提出書類にコーヒー豆をどう記載するか尋ねていた点も踏まえ、密輸の故意があったと認めるには疑いが残る」と述べた。」

この点ですね。

被告が同空港の税関検査で提出書類にコーヒー豆をどう記載するか尋ねていた。

この事実が認められたわけです。つまり犯行の意志が無かったと言う判断だったんでしょう。

フィリピンでもこれと同じです。事件や問題が起こりそうな時には前もって警察やバランガイにレポートをする事です。以前何度も書きましたが、この国では「先手必勝」先に訴えたほうが殆ど勝訴します。理由と言うのは、裁判で事件の内容を殆ど調査をしません。訴えた人の告訴内容を元にして裁判は開かれスタートします。先に訴えた人と(告訴人、或いは被害者)言うのは自分の都合が良いように有利になるような内容で起訴或いは告訴しますので、この内容を覆すと言うのは大変な事であります。

裁判2

フィリピンでの裁判と言うのは長い年月を要します。身の潔白を証明するには裁判の為に何度も日本との往復をしないといけません。毎月裁判が行われるたびに日本と往復では普通の人では経済的に持ちません。

裁判3

行為事態がもし自分の身に起こった場合には、どう対処をしていくのがベストなのか?ツーリストやフィリピンにあまり詳しくない人たちには対処の方法は分からないと思います。フィリピンでは裁判に連続3回もしくはそれ以上欠席すると、欠席しなかったほうが勝訴します。この点も踏まえて考えていきたいと思います。


まず、第一に大事な事は、トラブルになりそうだと思った場合には、その事実を近所のバランガイや管轄する警察にレポートを提出する事です。被害内容や問題点を先にレポートする事でその事実を貴方の立場でレポートする事です。この事をフィリピンでは「ブラター」(Blotter)と呼び、警察に行ってブラターの届け出をしたいと言えば受け付けてくれると思います。場合によっては親切な警察官はその問題に何らかのアドバイスをする事もあるでしょう。


ブラターと言うのは通常言うポリスレポートと同じようなもので、被害届或いは告訴を兼ねたものでありますので、事実を恥ずかしがらないで全ての報告をするべきです。その内容により相手に仮に訴えられたとしても?
少なくても五分の状態或いは五分以上の状態で裁判を進める事が出来ます。これは経験してみれば分かると思いますが非常に大事な事です。もし?何かのトラブルに関係した場合には恐れずにレポートする事です。これにより自分の身を守る第一歩ができます。


次に、裁判への出席ですが、ツーリストの場合毎月1~2回行われる裁判に出席する事はまず無理な事でしょう。裁判に規定により3回欠席をすると敗訴になるか?訴えを却下します。訴えても訴えられてもその時点で裁判は終わります。(欠席回数は裁判官の判断)それを防ぐにはどうすれば良いのか? 自分自身が裁判への出席が毎月が無理であれば、代理人を立てる事も出来ます。信頼できる人に代理人を依頼し弁護士に依頼して「委任状」を作成し、その代理人に出席して貰う事です。

裁判


この委任状を「P・O・A(Power Of Attorney)」と呼びます。弁護士に相談をし、信頼できる人に自分の代理人として裁判官に公認して貰い裁判に臨む方法です。作成するのは簡単ですので、気軽に弁護士に相談すればいいと思います。

「備え有れば憂いなし」です。もしもの事態の時には是非参考にして下さい。

ビジネスでのトラブル、個人間でのトラブル、或いはセットアップを掛けられそうな時には、このブラターはとても大事な事ですので、記憶に留めて何かの時には思い出してください。


JAC代表      





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

いつも、へー、成程なーとか思いつつ、全ての記事を読破してしまいました
本当に参考になるばかりで、なんとお礼を申し上げたら良いのか分かりません
次回の渡比時には、是非代表のお話を色々お聞きしたいです

さて、今日の記事で、気になった事が1点あります

>ビジネスでのトラブル、個人間でのトラブル、或いはセットアップを掛けられそうな時には、このブラターはとても大事な事ですので、記憶に留めて何かの時には思い出してください。

旅行者にとっては、セットアップを仕掛けられた(過去形)という話は聞きます

多分、在比者に向けてのメッセージだとは思いますが

>或いはセットアップを掛けられそうな時には

と代表は書かれております
在比者にはそういう危険もあると思います(私は唯の旅行者です)
差し障り無い程度で今まであった例など、お聞かせいただけると幸いです

では、次の記事も楽しみにしております



2013⁄06⁄09(日) 05:41 |

どこ吹く風様

お早うございます。

「全ての記事の読破」有難うございます。少しでも役に立ってもらえれば、幸いです。問題が起こる時には何かの前兆が有ります。

会話の中での事や周囲の状況等で、何かを感じれると思います。また予備知識が有れば・・・・・・。前もって布石を打ったり予防ができると思います。

そう言う時の為に、知識が必要だと思います。一般のツーリストの人達には、そこまでの知識を学べません。このブログでは事件や参考になるストーリーで紹介しています。

このブログでお役にたてること出れば、幸いです。来比の際にお時間が有れば前もってお電話ください。極力会えるようにします。

私は、「どこ吹く風」このHNは好きです。「浮浪雲」と共通するニュアンスを感じます。「束縛されない、独立独歩。我が道を行く?」そう言う感じを受けますね。

宜しくお願いします。

                      JAC代表
2013⁄06⁄09(日) 06:41 |

風様

おめでとうございます。分かりました。その時にはお電話ください。
宜しくお願いします。

                      JAC代表
2013⁄06⁄09(日) 11:33 |

勝訴しました

以前にお話したことがあるカーナップ裁判、ヒーリングをすること数回
その後、どうなっちゃったのだろう?というくらいに理解できないスローペースでフィリピンの裁判進行
やっと勝訴の通知がきました、一件落着。。
2013⁄06⁄09(日) 15:38 |

英語の法知識を多少あると思っていたのですがマニラ赴任でBlotterと言う制度を知りました。平たく言えば言った者勝ちです。米法は詳しくありませんが米国模倣の国ですから何かの意図で立法したのでしょう。POAと言う言い方も分かりませんでした。他国ではPA、国際入札等の会議でも使われます。笑い話ですがPOWと言った時は通じました、彼らはPrisoner of Wifeですから(笑)

さて本題に戻すとPA、自慢にならないですが現住国で2件訴訟されてますので(民事です)発行してます。当然公証したもの、フィリピンも契約書等を含め義務付けられていると記憶します。例え司法上も裁判所で認められれば国外に出られるのが国際的標準ではないでしょうか。PA(委任状)発行に際し重要なのは何の権限委任なのかの確認です。日本でも委任状を出すには大事です。

郷に入ったら郷に従え、例え外国で遊び短期滞在者もその国の法が適用されることを知るべきです。語弊がありますがフィリピンでは何でも出来ると勘違いする邦人が多いと感じます。悪しき法と言えども法は法です。
私事ですが初めて東京に来た女房が運転してて歩行者妨害で切符を切られました。イタリア留学時代もカナダに一緒に住んでた時もこんな事はなかったと怒る事、でもTV通信販売で頼んだ商品が気に入らず返品したらクール期間で無償で返品。すっかり日本好きになりました。

現在イスラムが国教の国在住なのでラマダン期間は宗教警察が日中の飲食を取り締まりますがカソリックの女房は子供達が外で日中目立つ場所での飲食を禁じてます。自分の国以外で住んだり仕事生活をするには大事な気遣い心構えだと思います。
フィリピン在住邦人には比悪口を言う人を見かけますが嫌なら帰れば良いだけと比人は思うのではないでしょうか。日本がなくても日本人が来なくて困るのはマイノリテーです。大事な事は融合、私は長い植民地時代の影響か自国民保護優先政策を嫌い第3国で仕事生活し女房に苦労かけてます。

最後に、海外で遊んだり稼ぐには日本より大変です。決してフィリピンは日本でモテない男の国でも生活逃亡者の地でなく日比協力し共に明るい将来の国になる事を願うフィリピンから逃げた爺の戯言まで。
定期検診と女房の手術後検診に帰京中ですが空梅雨なのか雨が降らず愚息嫁の屋上菜園に毎朝散水してます。産地新宿として直売できるかも(笑)

2013⁄06⁄09(日) 22:22 | | [edit]

K様
長い闘いお疲れ様でした。精神的にも嫌だったと思います。それにもメゲズ「勝訴」
吉報有難うございます!

奥様の協力も大きかったでしょうね、宜しくお伝えください。

おめでとうございます。

                       JAC代表
2013⁄06⁄10(月) 00:37 |

でぶ熊様
悪法といえど、法は法で守らなければいけないと思いますが、時に理不尽な方には腹が立ち逆らいたくなるのが、人情と言うものでしょうか?

郷に入らば郷に従え、その国ではその国の風習や考えを理解し順応する対処をすべきでしょう。
法律もそうだと思います。そういう事も理解しその国の国民と上手に使い、順応する。

もし順応するのが嫌なら、その国を訪れなければいいだけです。我儘を通して好い時と、してはいけない時のメリハリをしっかりするべきでしょうね。

                          JAC代表
2013⁄06⁄10(月) 00:50 |

裁判

会長
非常に参考になりました。
ありがとうございます。

何事も先手必勝という事でしょうか。

小生もひとつの支店を任されていますので、今まで、少なからず、日本で、裁判をやった事はあります。

しかし、こちらから提訴することはほとんどなく、大半が顧客からの提訴です。

でも、自分から申告できる制度がフィリピンにあるのは、ビックリしました。

トラブル初期段階で、早めに活用すれば、効果覿面ですね。

参考になりました。
2013⁄06⁄10(月) 08:46 | | [edit]

yy様

「先手必勝」その通りです。例えばある問題が有り、先々問題に成りそうだと思えば、その件に対して被害を被っていると言うレポートを先に提出した方が、後々の為の証拠となります。例え相手が違う内容でも、先に事実をレポートしていれば、
大きく役に立ちます。場合によっては相手の起訴を却下できる場合もあるくらいです。

しかし、問題なのはこの国では裏取引が往々にしてあります、(相手側)裁判の流れを不審に感じた場合には、調べてみる事ですね。

                        JAC代表
2013⁄06⁄10(月) 09:00 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。