スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

偽ビザで強制送還

2013⁄06⁄21(金) 04:00
ビザ偽造業者に注意 邦人が強制送還
 
フィリピンは偽造天国と言われるが、ビザに関しても注意が必要な事件が起き、巻き込まれた邦人3名は拘束され、内2名は日本へ強制送還された。

 この事件は62歳の男性が婚姻目的でフィリピンに滞在、ビザ申請を代行する翻訳会社に延長を依頼。

 この翻訳会社が入国管理局から代理申請機関として認定されている業者に委託してビザを取得したが、次に自分でビザ延長をした時に、パスポートに押されているスタンプが偽造と判明、邦人は入管に拘束された。


STAMP-VISA.jpg


 なお、申請した業者は既に雲隠れ状態で、詐欺同然の事件に邦人が巻き込まれたといって良い。

 こうして正規の代理機関を通しても危ないのに、他の邦人は認定されていない業者を利用しての発覚と見られ、いずれも巧妙に作られたスタンプとサインがあって、業者のみならず入管の関係者も偽造スタンプに絡んでいるようだと見られている。

 こういった事件を受けて在フィリピン日本大使館は、拘束された3人の事件に巻き込まれた経過と言い分を当局に伝え調査を依頼していたが、これもいつもながらの形ばかりの要請で2人は理由も分からずに次々に日本へ強制送還された。

 フィリピンはビザ申請・延長が美味しい商売になると、海千山千の個人・業者が外国人に対して誘いをかけ、自分で申請しても時間も金額も大してかからないのに、語学力不足の足元を見て暗躍を許している状況がある。

 先月にはセブの入管幹部がアメリカ人のビザ延長で賄賂を受け取った所をおとり捜査で逮捕されており、これなどは氷山の一角でビザ取得に関しては安易な判断、人任せにしないよう関係者は呼びかけている。
(ニュース記事からの引用)


最近マビニでも二人の日本人がイミグレーションに逮捕され送還されました。一人はこの記事と同じように偽ビザを掴まされ、その偽ビザがイミグレーションに発覚されての逮捕でした。強制送還と言う事はブラックリストになる訳ですから、再度入国するにはブラックリストへのクリアランスを申請しないといけませんが、ケースによってはクリアランスを取得するのは難しいかもしれません。


もう一人は日本からの指名手配での逮捕でした。この3~4年マビニで生活していましたので、ご存じの人も多くいると思いますが、日本での容疑は大した事件ではない内容でしたが、国際指名手配になったと言う事は裏に何か有るのかもしれません。


イミグレーションの現長官は非常に厳しい人で、今までのイミグレーションの悪い体質を変えようと頑張っています。

スター6


以前はイミグレーション本庁の前に有る「スターバックス」等でお茶を飲んで待つと、イミグレーションの職員がそこまで来て関係書類の手続きをしてくれていましたが、長官による内部命令があり、現在はイミグレーション職員はその近くにも寄れなくなりました。

スター3


空港での不祥事も表面化してきています。指名手配の韓国人を無人のイミグレーションブースから出国させたり、ブラックリスト者を裏工作をして出入国させたりとか、或いはブログ記事にも書きましたが、ビザ発給の便宜を図るために裏金を請求したりとか、最近ではこう言う不祥事が公表され追及されるようになってきました。

つい先日までは「公然の秘密」のような状態でしたが、最近では内部取り締まりが厳しくなってきたために、こういう事に関係していた職員も最近は態度が変わり、発覚するのを恐れています。

外国人にとっては関係の深い大事な官庁です。今までの体質が変わり安心して信頼できるイミグレーションに変わって欲しいですね。


ビザの延長等は一般ツーリストの場合、業者に依頼しないで自らイミグレーションに出向いて申請をしたほうが良いでしょうね。面倒かもしれませんがその方が自分の身を守る最初の一歩です。ビザの問題で強制送還や国外退去になれば、再入国が出来なくなります。愛する家族や女性が居ればこれは大変な問題に成ってきます。その為にも自分自身で手続きをし、確実性を高めたほうが良いと思います。


JAC代表      







JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment

入管偽チョップ

記事を拝読し帰京中なので思わず古い旅券を見てしまいました。当時は会社で査証取得をやり結婚後は女房宅で延伸手続きをしてもらいましたがどのようにしたのか知りません。もともと当時の入管は金次第でどうにでもなったと聞きます。退職ビザとか13aは彼らの米櫃だったかもしれませんね。

入管行政の透明厳正化したら不正で余禄を稼ぎ生活してた彼らの生活はどうなるのかと余計な心配をしてしまいます。厳しくすればするほど暗闇の世界になるフィリピンですから新たな被害者が出る事が心配します。私はノンビザ期間内滞在だけで問題ありませんが英語タガログも分からず自分で延伸手続きが出来ない高老齢者とかプータロー的邦人被害者が鴨になることが心配です。世界標準の指紋照合も導入することも良いと思います。

女房共々定期検診で帰京しまだ滞在中ですが予定される孫用品購入で愚息嫁と女房が喧々諤々、母親先輩ですが文化の違いです。42歳でオバーチャンに成る事を嘆きながらも嬉しいようです。お元気にお過ごし下さい。
2013⁄06⁄22(土) 18:26 | | [edit]

でぶ熊様
現在は、イミグレーションも以前の様に簡単にサイドラインが出来なくなってきて、
依頼をすると、依頼金が少し高くなってきました。

全てを自己で行えば、単価も安くできますが、しかし、そこはフィリピンで、
正規の手続きでは、面倒が多く、簡単にはいきません。

便利さを必要とすれば、やはり多少の経費は必要ですね。

俗に言う「必要悪」なんでしょうが、信頼できるラインが有れば、誠に便利なのが
実情です。

                          JAC代表
2013⁄06⁄22(土) 19:54 |

イミグレーション

イミグレーション本庁の前に 有る「スターバックス」は何回か行きました。
懐かしい写真でした。
偽造で拘束、強制送還は辛いですね。
私のブラックリストの証明書も偽造かな?
心配になりますが、問題は本物でも偽造と空港で言われたらどうなってしまうんだろうか?
何が有っても不思議でないフィリピンですから心配に成りました。
2013⁄06⁄23(日) 08:14 | | [edit]

abc様

懐かしいですか・・・? スターバックス・・・。

以前は良く外国人や、イミグレーション関係の人たちがいましたが、
今は、そこでの待ち合わせを嫌います。近寄りません。

ブラックリストクリアランスの領収書を大事に保管していて下さい。

領収が無い時には、時には問題が発生します。

                       JAC代表
2013⁄06⁄23(日) 08:29 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。