スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

マビニとJAC

2013⁄08⁄29(木) 04:00
今年のお盆休みでのマビニと言う物は寂しい感がありました・・・・・。マビニでビジネスを営む人たちは、多くの期待を寄せていたんでしょうが実際の観光客は本当に少数だと感じました。情報通の話によると多くの人はマニラ空港から地方へと行く人たちが多かったみたいです。アンへレスやセブ方面の観光客が多くマニラに足を向けての人達は少数だったと聞きました。実際現実そう言う結果でした。時も悪く台風そして熱低の影響で連日の大雨で外出する人たちも少なく、私には観光客よりもKTVのビラまきボーイズの数の方が多く感じました。


先日の連続殺人事件の影響でマビニを敬遠したのか?他の理由があるのか?そういう事でしょうが、そう言う事実を別にしてもこれからのマビニを考えると何らかの対策をしないといけないと思います。このままではマビニは衰退していきます。


KTVを経営するオーナーの人たちの中にも必死に経営努力をしている人もいれば、人任せに経営している人たちもいます。マビニでの絶対客数が減った現状から察すると、現在のマビニでは個人の経営努力だけでは無理があると感じます。その理由は絶対客数が余りにも少なさすぎると言う事です、それに反し、KTVの数が多すぎるこのアンバランスを修正するか?絶対客数を増やしていくか?その考えを真剣に検討しなくてはいけない時期だと考えます。

IMG_2025.jpg

マビニあるいはマニラのイメージが「危険、立ち寄ってはいけない」そう言う事実ですから、この事実をどうやって払拭するか?そしてどうやって観光客を増加させていくべきか?マビニで生きている人たちも検討しないといけない時期だと私は考えます。


話では、マカティのKTVでは沢山のお客が連日多く、マビニのKTVとは大違いだと言う話も聞きます。この現実の意味はどこから来ているのか?簡単な事で、「マカティは安全、マビニは危険」そう言う事だと思います。マビニをどうやって転換させるか?私たちに出来る事は安全への一歩であるパトロールだと思い2年前に立ち上げましたが、このパトロール計画は残念ながら中止しました、理由は次から次へと来る要求と現実の間にかなりの問題が続出し、JACと協力者だけの問題ではなくなり、そのパトロールを継続させる予算もどんどんと膨れ上がりとても支えきれる状態では無くなり、当時このパトロールを一時中断しました。当時の私が感じた事は、「このままでは継続できない、時期を待とう、その間少しずつでも対策取って行こう」そう考え、第一次パトロールの中断を決意し、現在それから2年後ツーリストポリスの協力を得て第2次パトロールを再開しました。正直言ってまだ私の考える本来のパトロールにはなっていません。現在ツーリストポリスと細かい相談と打ち合わせをしている最中です。

IMG_2075.jpg

JACの考える安全パトロールとは・・・・・。
1、 きめ細かいパトロール
夕方6時くらいから早朝3時30分位までのパトロールをきめ細かく行う。ツーリストポリスと各協賛KTVからの応援を得て最低10人位の態勢で、バイク及び徒歩によるパトロールを定期的に行う、現在の所1時間単位を検討している。
2、 協賛するKTVの代表者或いはパトロールに参加するスタッフにツーリストポリスのIDを作成する。
この理由は身の保全と、緊急の場合ポリスIDを所持していると対処がしやすい、そして悪質警察官に対しても堂々と太刀打ちできる立場にする。例えば悪質警察官が職務尋問を行った場合、嫌がらせやタカリ行為に対しても違法行為であればID所持をしていれば対応できるし直ぐに応援を依頼できる立場になる。
3、 ツーリストポリスからの願い
きめ細かいパトロールを行うには、ツーリストポリスだけでは予算的にも無理がある。細かいパトロールをするには今のツーリストポリスの予算では賄いきれないので、JACからのサポートをお願いしたい。現在PICC近くのハーバースクェアーからパトロールの依頼が来ているが同じ問題で、ハーバースクェアーの考えではこのサポートをしても安全に取り組むと言う事で、話が決まった。マビニパトロールもそう言う事を理解して欲しい。

IMG_2010.jpg

つまりこの理由は、マビニを安全にするには、JACとマビニのビジネスマン達が協力して、ツーリストポリスを雇う形が一番無理が無くスムースに進むと思います。そうなれば問題点も容易に話し合えるし、実行できると思います。まるで「黒沢明監督の7人の侍」ではありませんが簡単に説明するとこういう形に成るのでしょう。村人が盗賊から村を守るために用心棒を雇う、例えは悪いかもしれませんが、今のマビニも同じような状態なのかもしれません。
4、 ツーリストポリスの考えでは、マビニ特にマラテ地区にツーリストポリスの待機場所を設置してほしい
この意見には私の方ではまだ返事をしていません。返事ができない理由はまだそう言う場所も未定でこれから検討してみると言う返事しかできませんでした。


JACでは、第一次パトロールでのミスを参考にして、第二次の結果を出したいと思います。

マビニのパトロールをしてマビニが変わる訳がないと言う人達もいます。確かにそうかもしれません。日本人がマビニに関わって30年以上の間の中で、誰もしなかった或いはできなかったマビニの安全に取り組む事は、失敗すれば笑われるだけでしょうし、心無い人たちからの批判も出ると思いますが、そういう事を恐れていては何もできないしマビニのイメージは変わらないでしょう。JACとしても簡単に変わる事とは思いません。継続する事それしかないと思います。もっと効果を上げるにはせめてマラテ界隈だけでも街頭の設置をし、街を明るくし、そして防犯カメラを多く設置し、犯罪防止の歯止めにしたいと考えますが、そこまでの予算捻出はまだ現在はできません。しかしその歯止めの第一歩に成るマビニパトロール、地道な活動に成るのでしょうが、全ての達成は第一歩からだと信じますので、是非このパトロールを継続し、細かいパトロールができるように各飲食店の皆様にも協賛をお願いしていきたいと思います。

patrol20130814-6.jpg

どうして、マビニの安全に取り組むのか?そうも聞かれますが、そう聞かれても返事のしようが有りません。私個人からするとマビニに日本人がいなくても、観光客がいなくても何の問題もありませんが、しかし、マビニを愛する人達、マビニで生きている人達も沢山います。私もそうですがマビニが好きです。出来る事ならばなんとかマビニを少しでも安全にして多くの人たちが集まる街にできれば良いと思います。人が笑おうと非難されようと私は構いません。マビニを愛する者として、何とか一石を投じ安全へ繋がれば意味がある事に成ると思います。マビニの安全けして容易く出来る事ではありませんが、第一歩を歩かないと次のステップにはなりません。皆様のご理解とご協力をお願いしたいと思います。



JACは皆様の安全を願っています。


JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment




コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。