スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

JAC 3年の活動を振り返って

2013⁄09⁄04(水) 04:00
2010年6月に発足したJAC、当時はバンタイツーリスタと言うNGOの活動に携わり環から、20名弱の会員さんがいました。しかしこのNGOの緊急に対する対処に私は疑問を持ち、会員さんに何かトラブルがあった際には十分役に立たないと実感して、そのNGOを離れる決断をし、会員さんに集まって貰い事情を説明し解散の相談をしました。会員の皆さんの意見は・・・・・・・。

「Oさん、私たちはNGOでも何でも良いんだ。折角皆さん20名近く会員が集まったんだから、Oさんに付いていく。自分たちの力で新しい会を作り頑張ろう。ここに居る全員の答えは同じだと思う。Oさん新しい会を作ろう。」

angel 5

このような皆さんの声がありJACを結成しました。結成当時は10数軒の飲食店を加盟店とし、在住の皆さんを中心として個人会員も集まり、JACを支えて貰いました。今振り返ってみると、発足当時には訳も分からず暗闇の中を手探りで何かを探しているようなものでした。「会を発足したが何をどうすれば良い?」「集まった皆さんの意見要望を取り入れ、何かの役に立てればいい。」そう言う考えが有りました。何をどうすべきかについては毎日自問自答を繰り返しました。そう言う状態で最初に取り組んだのが会員と加盟店のプロテクションでした。当時の最大の課題は、加盟店に対する権力の嫌がらせを防ぐ事でした。その当時はまだ権力の嫌がらせが横行していて、飲食店等はこれに対して否応も無い状態でした。

例えばKTVの新人GROのワーキングパーミットがまだできていない時にタイミング悪く市役所及び警察の手入れが入ると、数万ペソから酷い時には10数万ペソの要求をされたりと言う事が現実多く有りました。権力側にはそれなりの理由があるし、KTV側には手続きを怠ったという弱みもありますが、当時私は「資金集めの嫌がらせ」そうとしか感じませんでした。それを防ぐ事に傾注し、市役所や警察とは何度も話し合いました。その甲斐があり加盟店は安心して営業ができるようになりました。

当時、セットアップ事件が頻繁に行われていて、大袈裟かも知れませんが週に2~3回ほどはこの処理に当たっていました。夜中12時を過ぎた頃が多く、問題処理の為に数時間を要し帰宅できるのが午前6時前後、時には翌日の昼ごろとか長時間を要していました。何故長時間を要するかと言うと、被疑者である日本人、或いは会員の要望を優先した解決内容に近づけるためでした。こちらの提案を納得しない相手と時には喧嘩に成ったりしながらでも、被疑者の要求を通し解決したからです。こういう事が度重なり一時は警察官の反感も買いました。その結果警察から私に対し「射殺命令」も出た位です。その理由は私が余りにも事情を知りすぎている。要するに「邪魔者は消せ」そういう事だったんでしょう。当時私はその命令を知った時命令をしたMPD上層部の警察官本人と話し合いました。相手は本音では私と話したくないのでしたが、私が強硬に申し入れこのミーティングが行われ、その結果相手も折れてこの命令を解除してくれました。


今振り返ると当時はそういう事が多かったですね。正直気が休まる時はありませんでした。しかし私の中では「折角会員が集まったんだからそれに対して応えないといけない、いい結果をだし期待を裏切らないようにしたい。」そういう思いで一杯でした。そう言う考えでいたので自然にこう言う問題に多く関わってしまったんだと思います。


発足から一年を過ぎた頃、何かが発端となりでマビニのパトロール案が出てきました。詳しくは覚えていませんが、何かの事が切っ掛けでこのマビニパトロール案が浮上し、それに対して取り組むことになった訳です。

JACパトロール

当初、日本人とJAC会員だけでパトロールをしようと言う事だったと思います。しかし、私はこの日本人だけの考えには反対し、もし「本当にパトロールをするのなら警察や市役所も取り込んで連携したパトロールをしないと、日本人だけのパトロールはリスクが多すぎるし危険だ。」と私は判断しました。日本では町内会でのパトロールは通常ですがフィリピンでは相手が武器を所持しています。もし素手のパトロールで事件が起こった場合パトロールに参加している人たちに危害が及ぶ危険性があると判断をしたからです。事件を起こす者は必ず銃やナイフを所持しています。身を守る武器を携行しない日本人には身を守れません。そう言う理由から警察・市役所・バランガイと何度も話し合いを続けた結果、7地区のバランガイが同意してくれパトロールが実現しました。

JACきねん2

当時私は、「あぁ、これで、マビニが安全に成る」そう一瞬思いましたが、パトロールを約束をしたはずの、バランガイが私の計画通りに動いてくれません。


日本人の考えるパトロールとフィリピン人の考えているパトロールに違いが有った訳です。ご存じのようにフィリピン人のパトロールに対する考え方はある意味大雑把です。日本人が考えているパトロールとでは大きな違いが有り、この現実にどう対処をしていくのか?それが大きな問題となりました。彼らは毎日300人近くのバランガイスタッフがパトロールをすると言います。私はそんな人数は必要ではない。まずそこから意見が分かれました。300人を抱え毎日夜食を提供しないといけない。これはかなりの経費を必要とします。フィリピンで300人の人数と言うとその倍以上の600人以上の分の用意をしなくてはいけません。それがフィリピン流です。「パトロールのに参加する名目で無料飯」にありつけるわけです。そして7地区のバランガイの要求するパトロールのガソリン費用、その上に謝礼とサポート、そう言う要望に対してとてもじゃありませんが、JAC或いは私個人では賄いきれません。「無理な負担」そういう事が現実化してきて私はパトロールの中止を決心しました。

JAC記念3

「パトロールをしてマビニを安全にし、人がもう一度集まるようにしよう。そうすれば市も収入上がるし、マビニの皆さんも潤うようになるだろう」そう説得をしますがそこで分かった事は、「日本人が感じる危険と、フィリピン人が感じる危険には大きな違いがある。」つまりホールドアップ一つにしても彼らにとっては日常茶飯事で慣れている。しかし日本人はこういう事に危険を感じる。日本人の感じる危険がフィリピン人からすると理解不能なんでしょうね。そう言う考えや感覚のズレから、正直第一次パトロールを中止しないといけなくなりました。

この事に対して多くの批判が出ました。「JACは掛け声ばかりで、法螺を吹いている。大きい事ばかり言って結局何もできない。」そういう批判でした。私はそれに対し釈明も弁解もする必要もないと思い、沈黙を守りました。釈明をするよりこの中止はゴールまでのステップだ。何時か結果を出す。それが釈明よりも大事な事だと考えました。


そして、第一次の中止から2年を経て、第二次パトロールの再開へと漕ぎ着けました。このパトロールが永遠に継続される保証はありませんが、少なくても数年は継続したいと思います。第一次の失敗から学んだことを活かし、細かい打ち合わせをしている最中です。暫くしたら私たちの考えるレベルか?それに近いレベルのパトロールにしたいと思います。

JAC記念

同じ文化で育った日本人同士では考え方にそう大きな違いはありませんが、日本人とフィリピン人それは女性も同じですが大きな隔たりがあります。その考えの隔たりを一つずつ解決して行かないといけないし、その行動にも実際スローな部分もあり、纏める事は大変ですが折角のチャンスです。何としても第二次パトロールを成功に導きたいと思います。

皆様のご理解と応援をお願いしたい所存です。


JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


theme :
海外情報
-> フィリピン

TOP

Comment




コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。