スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

日本人のフィリピン

2014⁄04⁄17(木) 04:00
golf 8

フィリピンに関係する日本人にもその関係には色んな事情がある事だと思います。

一昔前のフィリピンでは殆ど約70~80%の人たちが女性関係でした。それも首都界隈での訪問者でした。当然その頃まではジャパユキさんもまだ盛んで、ジャパユキを探しにフィリピンに来ていた当時のプロモーターも沢山いて、当時は札びらを切って、派手に騒いでいましたが、今はジャパユキ産業も生りを静めていますので、そう言う人たちがいなくなり、一時の派手さが無くなっているのが現在のフィリピンです。

首都圏でも大きく分けると、マカティ界隈を好み住む人達(観光客を含め)マビニ界隈を好む人達と別れると思います。

マカティでは日本企業も多く有る為にそこで働く、良く言う「日系企業」社員も多くいます。マカティのKTVで働く女性達と、マビニKTVで働く女性達ではやはりお客さんに対する考え方が違うみたいで、応対も違ってきているんでしょう。マカティで働く女性達は日本人客とは長い関係を持ちたい、しかしマビニで働く女性達は、一過性の関係が強いようです。そのマビニも最近は本当に暇でKTVも殆どお客さんがいないと言う話を聞きます。マカティはビジネスシティ、マビニは歓楽街で有名ですが、そこに住む人たちも自ずと違っています。

golf5.jpg

そして、地方都市に住む日本人、セブやダバオと言う地方を好み在住している人たちも多く、その理由は家族関係が多いと聞いています。勿論セブはリゾート地ですので、ダイビング等のマリーンリゾートを好きな人たちも住んでいます。そう言う都市から離れて田舎生活をしている日本人。家族が山村に住んでいるためにそう言う簡素な土地で生きている人たちもいます。近くの地方都市へ出かけるのに4~6時間かけて出かける地域に住む人達。大変な生活だと思いますが、そう言う生活を好む人たちもいる訳でしょう。携帯電話も思うように繋がらない地域もまだまだ多いフィリピンです。私の友人もサマール地方の田舎に住んでいますが、やはり彼との連絡は大変です。

golf2.jpg

最近の観光客は、こう言う首都圏を回避して、地方都市に行く人たちが増えてきたと聞きます。アンへレス、セブ、ダバオ界隈のリゾートを楽しむ人達、そして、最近多いのがゴルフ客です。フィリピンでのゴルフ プレィを楽しむ人たちも増えてきていると言う情報です。20年くらい前までは私もボニファシオにあるゴルフ場のメンバーでしたので当時は毎日ゴルフを楽しんでいました。当時は、日本のゴルフ場に比べると芝の状態が悪く日本のゴルフとは全く違っていましたが、最近のフィリピンゴルフ場は、当時に比べると手入れもコースも大分良くなったと聞いています。(最近はゴルフを止めましたので、友人の話)

golf 6

フィリピンのゴルフで日本では味わえない事が一つあります。それは何と言ってもアンブレガールの存在でしょう、特に地方のゴルフ場では若い女子学生がこのアンブレラガールで学費や家族の生活費を稼いでいます。フィリピンは日差しが熱く、キャディのほかにこのアンブレラガールはプレィやーに日傘を差し一緒にコースを廻ります。好みのアンブレラガールを指名も出来ますし、数時間好みの女性と話も出来るとかで(口説く?)中々人気がある様です。現在GROで働く女性の中にも時々元アンブレラガールがいます。

golf3.jpg
(実物のアンブレラガールではありません。)

最近の観光客の好みも少し変わってきたのでしょう・・・・・。

色んな形でフィリピンを楽しみ、楽しい思い出を作って、またフィリピンへ遊びに来てもらいたいものです。


JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment

イースターで女房娘がマニラ行ってしまい一人生活を楽しんでますがマカテイは駐在員の町でマビニ・マラテは禁足の地でマニラホテルからの夕陽、シラリスホテルの兎クラブ、センチュリーシェラトンのカチーナしか想い出がありません。マカテイの駐在員世界も昔と変わり年に数回しか行きませんが邦人と接する気になりません。時代の流れなのか加齢が関係するのか駐在員も変わったと感じます。?です。
ゴルフ、潜りを散々やりましたが近隣アジア国に比したらいまひとつとです。再訪したのいのは苦労して陸路行ったビガン、女房子供達を連れ彼らの故国を見せたいです。

フィリピンに多くの観光客を呼び良さを知らしめフィリピン好きにするには一人よがりの価値観でなく接客、治安、インフラ、食事の質改善が大事だと思います。日本食に限ってもネシア、マレーシア、バンコク、ホーチミンと競争できません。女房子供達が母国として自慢できる国になる事を熱望してます。
ところでバタンガスの店は如何ですか、女房にアラバンからなら近いから見て来いと先日の記事を伝えました。プエルトガレラ?から近いのでしょうか?
イースターでお忙しいでしょうが良い週末を。鬼も?いないので運動代わりの早朝ゴルフを毎朝続けてます。
2014⁄04⁄19(土) 01:48 | | [edit]

でぶ熊様
P,BOYCLUB カチーナとは今は懐かしい名前です。私も前はP,Bメンバーでした。
昔の商社の駐在員と今では、違ってきているでしょうね、特にマルコス時代の駐在員と今では、仕事の内容も違うと思います。当時の方が仕事に花が有ったのかもしれません?
1950年代、60年代と言う頃のフィリピンは、東南アジア諸国では経済的にも上位でした、一時の日本よりも豊かだった時代もありました。

現在は、発展するどころか?現在のフィリピンは経済的にも数字が上がってきていると言いますが、実際は一部の富裕層だけの豊かさであり、国民全体の経済では無い感じを受けます。

マタブンカイのビジネスは、2か月位殆どお客がいなく(例年より観光客が少ないと言う話です)正直大変ですが。このHOLLY WEEKに入って観光客が増えましたが、問題は、フィリピン人客は家族連れで、ご存じのように、家族連れは食料持参できます。故にレストラン客は少なくて困っています。

プエルトガレラはミンドロ島のプエルトガレラですか?マタブンカイからバタンガスしまではっきりした記憶はありませんが車で1時間半くらいだったような気がします。バタンガスから船で渡るようになります。

もし?奥様が訪ねるようであれば是非ご一報ください。

スタッフに、話をしておきます。

宜しくお願いします。

                     JAC代表
2014⁄04⁄19(土) 06:16 |

フィリピンで最初に潜ったのがプエルトガレラ、バタンガスの先っぽで当時は高速もなく苦労していきましたが白砂浜に感激しましたが魚影に興味が薄い自分は興味が薄かったですが水中から見た満月が印象に残ってます。

女房達はプエルトアズール近くのスハルト訪比時に造ったリゾートクラブ内の古い別荘に行ってるしいです。自分もここの会員を売りつけられ数度行きましたがどうなっているのか、メールによると海軍基地近くの町にも退職日本人が住みついてるようですがcaviteはマニラの犯罪者の殺し屋巣窟地と言われてましたが新しい邦人は知らないのでしょう。
マネージ次第では邦人移住希望者に悪くない地だと思います。

治安、医療、行政さえしっかりすれば産廃的不良・食い詰め邦人/外国人だけでなくオジイチャン/お婆ちゃんに会いに孫を連れて来る息子娘夫婦が増えるのに勿体ないです。バタンガス地方も同じと思います。
イースター、良い週末をご家族とお過し下さい。
2014⁄04⁄19(土) 19:44 | | [edit]

でぶ熊様

プエルトアズールのゴルフコースには20数年前に数度行きました。海越えのホールとかあり、当時はトリッキーなコースで、ある意味楽しめました。マルコス大統領の時代にはマルコス氏は、ヘリコプターでチョクチョク来ていたとの話も聞いていた場所ですね。

カビテと言う所は、昔はライスフィールドが多く、「サルベージ」と呼ばれる、殺人死体を当時はオーナージープ等に乗せカビテで始末をしていました。現在もまだ多少そう言う場所が残っているみたいですね。

私が、フィリピンを知った最初の頃の話です。昔のフィリピンと言うのは、そういう事が平然と行われていました。

最近は、その頃に比べると、大分変ってきましたが・・・?カビテと言う地名を聞くと、今でも私のイメージは当時のイメージが有り、危険地域だと思っています。

昔から、カビテに住む住人は、家族や親戚関係が強く、結束しています。私の友人も昔、ある事で喧嘩に成り、家族ぐるみの大喧嘩になった事を思い出します。




2014⁄04⁄20(日) 08:18 |

今はRNCというのでしょうか郊外地となりましたね。当時はマルコスに半強制的にあのリゾートクラブが売りつけられたと聞きます。
女房ファミリー関係者にリニューアル、再興案作成の要請がありましたが今の福建社会に関与したくありません。

Caviteの昔を知る人物は少ないでしょう。プエルトアズール、名のごとくスペイン時代を残す地で荒くれ者の気風らしく言葉も違い同行したフィリピン人も良くわからなったようですが自分はあの地は何故か好きです。
ホールNOは忘れましたがあの海越えのホールは起死回生のホールでした。
今でもそんな事を言われる地とは驚きです、確か商社がEPZを造成したと記憶してます。
昔話ばかりですがフィリピンも早く他アセアン諸国の仲間入りを願ってます、まさかフィリピン女性と再婚するとは思いませんでしたが見方が変わりました。

イースターで戻っていた女房娘を迎えに空港に来てます。
代表殿もご自愛しご活躍下さい。
2014⁄04⁄20(日) 23:06 | | [edit]

でぶ熊様

今のプエルトアズールには行ったことが無く、最近のプエルトアズールの事は分かりませんが、昔はあの地域は何か独特の雰囲気を感じました。ある意味で言うとスペイン時代の名残を残す雰囲気も有り、ある意味では、これがフィリピンの雰囲気なんだ・・・・。そう感じさせる雰囲気を持っていました。あの独特の海越えホールは、何度挑戦しても満足できませんでした。実に独特のコースでしたね。

私は昔はゴルフ狂で、日本時代も毎日ゴルフの毎日でしたので、楽しかったですね。もう、20年位ゴルフはプレィしていませんが、独特のコースやホールは記憶に鮮明に残っています。

昔の商社の仕事は、友人から聞いています。私は商社には無縁でしたが、裏話を聞くと、市場の拡大や進出の話等、面白く聞きました。

その頃の商社マンと現在ではかなり違っているんでしょうね。

お気をつけてお出かけください。でぶ熊さんもご自愛ください。

                      JAC代表
2014⁄04⁄21(月) 05:26 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。