スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

詐欺をする人 される人

2014⁄08⁄07(木) 04:00
fm.jpg

先日、ある数人の男達グループが、詐欺を働いた。詐欺を仕掛けられた相手はタギク署の警察官。事も有ろうに警察官が詐欺の被害であった。「投資した翌日から5日後には倍額返済」と言う甘い投資話を持ち掛けられ、この話に乗った警察官。最初の頃は約束通り倍返しの高配当の返済が行われ、信用がつき、信頼関係が深まった頃、もっと多くの資金提供を持ち掛け、投資させ、次第にその配当も無くなり、被害に遭った警官4名と他の管轄被害者警官と共同で、囮捜査を行い、マカティ市内で逮捕したと言う話しである。

フィリピンの警察と言うのは、一般事件の犯人逮捕はあまり動かないが、警察官やその身内の被害では、速やかに犯人逮捕を行う。これも七不思議のひとつだろう。

fm3.jpg

さて、フィリピンを舞台にした日本人相手の詐欺事件もかなり多く有るらしく、かなりの金額が騙されていると言う話である。フィリピンでの投資話。これは以前から良くありました。「ゴルフ場開発。土地開発。果物や植林等の利益配当話し」こういう話が後を絶ちません。

私の友人DOJ(司法局)検事からも相談された事が有ります。


「日本人が日本人を騙した事件があるが、告訴をしても証人が日本にいる為に、裁判の維持ができない、何とかならないか?裁判の維持ができる証人が数名いれば、集団詐欺で資産を差し押さえ、差し押さえた資産は幾らに成るか分からないが、返還はできる。何とか犯人を逮捕したい協力してほしい」

fm4.jpg

fm6.jpg

乞う言う相談を受けた事が有る。日本に住む被害者の裁判維持と言うのも大変である。この国の法律では、刑事事件の場合には、被害者本人が最初の告訴をしないといけない。その後の公判維持は「POA」と称する弁護士の書類作成で、信頼できる人に委任状を作成すればその委任された代理人の裁判出廷で、裁判は維持できる。しかしこの国の法律に疎い人たちはやはり泣き寝入りが多く。告訴も出来ない人たちが多くいる様子です。

投資金額が返還できるかどうかは、分からないと思いますが、その詐欺の犯人を逮捕する事はできると思います。しかし告訴をして裁判を行うにしても出費を伴います。その出費を出せる人、出せない人といるのでしょうし。仕事の関係でフィリピンに簡単に来れない事情があったりと、問題は多いと思います。もし心当たりがある人がいれば?ブログ上部に記載している相談メールをください。相談協力はできると思います。

fm5.jpg

詐欺の被害者となる人たちの多くは失礼な話ですが、やはり「甘さ」でしょう。勿論、相手の巧妙な話に釣られる場合もあるでしょうが、基本的に人の甘い話に乗り、「あわよくば?金儲けができる」そう言う類の甘い話に乗り結果は「騙された」そうなる訳ですが・・・・・?基本的に黙って座っていて金儲けができる話等はありません。ましてその投資先が海外であり、その知識も無いのに、相手の口車に乗り、折角貯めた金額を騙され取られる。何ともお粗末な情けない話だと思います。

日本国内でも「先物取引」ビジネスで合法的に認められていますが、この話も一歩間違えば詐欺と似たような話です。上記に書いた話と同じように、最初は配当が有り、(数字上)儲かったと言う感覚を植え付け、追加投資を持ち掛ける。投資をする人は「儲かった」そう勘違いをし、借金をしてでも追加投資する。その段階で後は儲けたはずの投資金もろとも損をしていき、結局は投資金を無くしてしまう。大凡そう言う筋書きです。思い当たる人もいると思いますが、外国に於いて先物取引の知識も無い人がこういう話に乗ってしまう? これも甘さでしょう。どうか皆様ご注意ください。

フィリピンでの投資話や集団詐欺の被害に遭った人、相談する事ができない人たちがいれば、多少の相談には応じます。ブログ上部に記載している、相談事コーナーに連絡をください。

皆様。くれぐれも詐欺にはご注意ください。


JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment

警官が被害者の場合は警察官と言うか警察組織気質で捜査対応が違うのは何処の国にも共通すると思います。当地に駐在してた時につまらない事件に巻き込まれた警官の証言者になった事がありえらく感謝されました。

比と言うかマニラでは邦人同士の詐欺話は他国と比べようもないほど多いと感じます。会社によるのでしょうがマニラ駐在時代は在留邦人ブラックリストが配布されましたが同じ人物が手を変え品を替え出来るのは人が変わるからでしょう。
海外移住の人気国の在住する国では邦人社会、日系会社と付合いありませんが戻って来た昔の駐在仲間によると当時から風評の良くない在留邦人が移住絡みの詐欺まがい商売をしてるとか。古い話しですが引き継いだマニラの後任者によると前述ブラックリストの人物連が何をやってるか不明だがマニラにいると。

どこの国でも在留邦人社会は狭く歴史の長い法人は社外秘のこのようなリストを持ち注意してるので正業に就くのが難しく詐欺まがいの商売するのでしょう。人間社会ですから何でもありますが海外で同胞を騙す輩は許せません。

2014⁄08⁄07(木) 17:40 | | [edit]

でぶ熊様

今回の詐欺事件は数十億単位の詐欺ですね。被害者は日本国内に多数いると言う話ですが、正確には把握していません。

フィリピンもしくはマニラに住む日本人は、評判が悪いですね。第一声が

「フィリピンにいる日本人には気をつけろ、騙されるな」そう言う風評が立っていますからね。実に情けない事です。「食わんが為」そうかもしれませんが、やはり事実ですね。

                   JAC代表
2014⁄08⁄07(木) 22:54 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。