スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

フィリピンぶらぶら節

2015⁄04⁄12(日) 04:00
cm3.jpg

ぶらぶら節となると、所謂フィリピンで何を名物として、何を楽しむのか?と 言う事になりますが、フィリピンでの楽しむ場所或いは遊べる場所と言うと。ダイビング、カジノ、ゴルフ、後はご存じのように女性関係となります。他には田舎生活を好む人は田舎での生活をしていくのでしょう・・・・・・。

地方での、ダイビングや田舎生活はまた機会がある時に書いていこうと思いますが、今回はやはり皆様ご存じのように、以前と最近の違いを取り入れて、フィリピンぶらぶら節を書いていきたいと思います。

私が知るフィリピンはその関係がスタートしてから(私個人)27年ほどです。以前の私は、フィリピンでの日本人関係者はいなく、フィリピン人友人の世界で関係を作っていました。

27年或いは20数年前のフィリピンと現在では大きく変わりました。フィリピンの最高紙幣は当時P100でした。10万円も両替をすると、ポケットに入れるにも大変でした。その後P500紙幣が出来てきて、P1000紙幣が登場します。

日本人の遊びは、以前は殆どが女性関係でした。要するに女性と安く遊べる、そして日本で働くタレント要するに「じゃぱゆきさん」ブームで、沢山のプロモーターが羽振り良く遊び、お金を湯水のごとく使い遊んでいました。

車と言うと日本からの使い物にならないくらいの古い車が輸入され改造され主流として走っていました。オーナージープと呼ばれるジープの形をした改造車も多く走っていました。当時はカジノも有名なホテルに数件あるくらいでした(マニラ界隈)そしてホテルもそうでした。国際ホテルと呼ばれるホテルも当時はまだ少なく、マビニ界隈では、ミッドタウン(ラマダホテル)シラヒス ホテル、パビリオン ホテル、ホリディ イン ホテル、センチュリーパーク ホテル(ANA)くらいしか記憶に有りません。マビニではKTVが主流では無く、要するに連れ出しができるバーやパブが主流でした。それから20年少々過ぎた現在、フィリピンはすっかり様変わりしました。

マビニに有った、BARやPUBは前市長のリム氏がマビニ一掃作戦で全て無くなり、こういう業態の店はパサイ市やロハス通り方面へと移転し、現在でも営業をしています。

車も日本車輸入規制が厳しくなり、以前のような中古車は通常では輸入することが難しくなりました。しかしこの10年近く前から、バンクローンが登場し、新車をローンで買えるようになり、支払が便利になり新車も以前の日本と同じように普通になりました。

マビニ界隈のホテルもこの10数年で、新しく国際ホテルが登場し、マビニの人の流れも変わってきました。

cm2.jpg
City of Dreamsプロモートフィルム)

cm

cm4.jpg

今フィリピンでは、マガパガル通りのパサイやパランニャーケでラスベガス級のカジノ リゾートを構想していて、着々と進んでいます。マカオのカジノ王もこれに参加しています。大型カジノを作り世界からカジノのお客さんを集める事を目的に進んでいます。

cm1.jpg

ゴルフもタガイタイやラグーナ地区で新しいコースも造成され日本人やフィリピン人のゴルフ ファンも増えています。

マビニはと言うと、日本人が目っきりと減り、韓国人が増えました。日本人より比率でいうと10倍以上違うと思います。その精もあり、KTV客も殆ど主流は韓国人が主流となり、以前の日本人主流では無くなりました。そこで働くGROも器用なもので、日本人から韓国人へと乗り換え、ボーイフレンドは「アンニョン ハセヨ~~」となり、日本人はその合間を縫っての付き合い位になりました。「わさび から キムチ」と 好物が変わってきたのでしょう・・・・?

20150105_002550.jpg

KTVで飲んでいてもカラオケは韓国曲が多くなり、器用なものでGROも韓国曲を歌います。それも韓国人に合わせ、韓国式ダンスを踊りながら歌います。日本人の私達には我慢が出来ない状態で、時には度が過ぎると怒りますが、瞬間修まるだけで、暫くすると同じです。

日本人観光客もそう言ったマビニを嫌い。アンへレスへと行き、そこでの遊びへと変化しました。


そして一番の問題は、フィリピンの物価が上がり、生活がしづらくなりました。それに連れて円安とダブルのダメージです。ビジネスの主流もマカティ地区そしてグローバルシティの登場そしてオルティガス方面へと主流が流れています。

P_20150319_131127.jpg
(グローバル シティ 一画)
これからのフィリピンは基本的には、早急に変わらないと思いますが、観光やビジネスに於いては流れが変わってくると思います。

今後どのように変化していくのか・・・・? 安全なフィリピンを楽しんでください。




JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment

最初の訪比が日航ジャンボ機の事故日でした。まだ若造でバンコクから本社に帰任し初めての一人海外出張でしたが提携してる会社のベテラン駐在員にマビニは行ってはいけないと言われケソンアベニューでフィリピンライフを楽しみました。駄目と言われればやってみたいのが人情と勝手に理解しマビニに、シラヒス(当時はオンボロ)でしたが呼べばギター、ベースが来てマリアッチ風ミュージシアンが来て当時日本の週刊誌で有名なplay boyクラブのオネエサンが来ました。このネーチャンに六本木のplay boy clubで再会しました(何もなかったですが)その後駐在する事になり選んだのがローカルパートナーが女房のファミリー会社で勝手に家に行き飯食ってましたがシンガポール時代に行ったら士官だった旦那が事故死し子連れの寡婦の現女房と再会し寡夫の自分が再婚したとは。これも運命?のひとつでしょうか。
これを機に早期退職起業しましたがフィリピン社会を知ってましたが義母・義兄の誘いを固辞し現住国の旧知の友人の助けで10数年、在社時代の同期以上の生活をさせてもらってる事に感謝しきれなく如何に終活するかです。幸いに愚息夫婦も愚妻が大好きで言葉の問題もなく義母と言わずオネーサンと呼び愚妻は娘を日本人と結婚させたい事もあり日本語学校に通ってます。
色々な国際結婚がありますが恋愛でなく「愛」が大事と思います。「恋」はいっ時」ではないでしょうか。
2015⁄04⁄13(月) 14:45 | | [edit]

でぶ熊様

デブ熊さんと私には、以前のフィリピンでの行きつけの場所には共通の場所がります。当時Play Boy Clubに通っていた日本人は少ないと思います。(メンバー)

確かに、恋は 一時のものだと思います。愛は状況の中で変化していきます。
愛にも色んな愛があります。男と女の愛から、夫婦愛、子供に対する愛、様々だと思います。その愛に情が付いてくると、愛情となるわけでしょうが・・・・。

人生の幸せと言うのは何なのか・・・・? 最近 私が思うには行きつく所、
幸せな家族関係を保つことなのかな・・・・?

そういう風に感じてきました。でぶ熊さんは、そう言った意味ではGood Sample
だと、思います。

                      JAC代表
2015⁄04⁄17(金) 10:46 |

世界的に見て、段々と経済格差が無くなって行くのでしょうね。
今後は、カンポジアやベトナムといった、発展途上国にシフトして行くんでしょうか。
良くも悪くも経済格差。
日本も昔はそうでしたからね。
2015⁄04⁄21(火) 03:09 |

ゴンザレス様

返信遅くなり、申し訳ありません。東南アジアへの日本ビジネスが移転を始めたのは確か80年代からだと記憶します。韓国をはじめ中国、タイ、マレーシアへの日本企業が進出を始めました。 当時のフィリピンでは日本企業は敬遠し、中々進出が成りませんでした。

タイ、マレーシアと人件費費及び諸コストが低く済み、各企業が進出しましたが、現在では国自体が発展し以前のようなメリットが少なくなってきたんでしょう。

現在、ベトナムの振興は著しいと聞きます。インドネシアもフィリピンに比べ経済成長が進んでいると聞いています。そう言った意味ではフィリピンは最後の選択地?に なるのかもしれません。最近は聞く所によると、日本企業の進出打診が多いらしいです。

しかし、フィリピンは観光事業特に「カジノ産業」に力を入れています。
今後どういう風になるのか? 楽しみではあります。

                      JAC代表
2015⁄04⁄23(木) 12:51 |



コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。