スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

「命より お金」・・が? 優先のフィリピン?

2015⁄07⁄04(土) 04:00
gp6.jpg

日本人の感覚で、怪我や事故で動けなくなったりすると、救急車を呼び、病院へ搬送し、ER等での手当処置や、救命処置を行ってくれる。 それが日本での人命の尊さを優先する処置でありますが、フィリピンではそうは行きません。

では、フィリピンの場合にはどうなるのか・・・・・?

私が知っている、実例に基づいて書いていきたいと思います。

数年前に知り合いの女性が、仲間と酒を飲み、一緒に飲んでいたボーイフレンドのバイクの後ろに乗り、自宅へと送ってもらっている途中に、そのボーイフレンドの運転するバイクが運転を誤り、ハイスピードでジープニーに衝突しました。 後ろに乗っていた女性は衝突した勢いで宙に投げ飛ばされ、ジープニー前面についているポールに腹部が刺し、道路に投げ飛ばされました。

2hp2.jpg

道路に横たわる彼女を周囲にいた人たちは、彼女の怪我を心配するような格好で、女性に近づき、その女性の持っていたバッグの中身を調べて、金目の物や、携帯電話を盗み去り、その後そのボーフレンドが気が付き、タクシーで病院に担ぎ込みましたが、病院では彼女をベッドに寝かしたままで、何の処置もしませんでした。ボーイフレンドが看護婦に「医者を呼んでくれ、どうして医者が来ない? 何の処置もしないんだ」と怒っていうと。

hp4.jpg

看護婦は、そのボーイフレンドにこう聞きました。

「治療費は持っていますか? 会計の所に行ってP5000の前金を先に支払ってください」

その彼は、「そんなお金は今持っていない、」 そう答えると、看護婦は「家族に連絡して、お金を持ってくるように伝えてください」

そう言われたボーイフレンドは、何とかして欲しいと、看護婦にお願いをしましたが、結局そのまま処置をしてもらえず。 家族が病院について暫くしたら、怪我をした彼女は亡くなったと言う、話がありました。

こう言う病院の対応は、現実フィリピンでは日常多く有ります。

外国人の場合には、病院によっては、何も聞かないで(前金保障)手当をしてくれる場合もありますが、病院によっては受け入れしてくれない病院もあります。

hp.jpg

十分ご注意ください。 フィリピンでは「地獄の沙汰も云々」 そのまま、その言葉が当てはまります。

日本人の場合には(ツーリスト)海外保険加入者や、クレジットカードで医療保険に加入していれば、何の問題もありません。それこそフィリピンで医療設備が揃った、ファーストクラスの病院で最良の処置をしてもらえます。

在住の日本人にとっては、病院代が高額で、病院に気軽にいけない人たちもいます。 私も以前心臓の問題で入院した時に、P90万を請求され驚いた経験が有ります。

私の場合、心臓停止のまま病院に入りました、その時所持していたお金がP3万少々あり、即座に医者の手当を受けれました。その時の前金保障はP1万でした。退院するときに病院代に驚き、所持金がその時不足していた為に、所持していた車2台を叩き売り病院代を支払った経験が有ります。

日本では「医は仁術」と言いますが、 フィリピンでは完全なビジネスです「医は算術」と言う現実を目の前で経験します。

ph3.jpg

こう言った。病院ビジネスは、やはりアメリカのシステムと同じだと聞きました。アメリカでは州により、マネーファーストで、お金が無いと、やはり病院の前で瀕死の重傷の人がいても、何の手当もしてくれないそうです。

ツーリストの皆さんの場合、海外に出る場合には是非、海外医療保険に加入した方が良いと思います。

余計な節介だと思う人がいると思いますが、何もなければ何かの「魔除け」そう思って、できれば加入しましょう。



JAC代表      






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

Comment




コメントを入力いただいた後管理者が承認すると表示されます。それまでは何も表示されません。

重複投稿なさらないようにお願いいたします。



フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。