スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

思い出話トレシャー編、パート2

2012⁄03⁄31(土) 08:00
 ワワから自宅に戻った私は、Jに云いつけ竹を一本取って来て貰った。その竹を縦割りにし、スティック状態にしていく。数時間竹を水につけて、その後蝋燭に火をつけ、竹を焙りながらL字に曲げる。少しづつ曲げていく。10本くらい作りその中から手頃な使いやすいL字の竹を4~5本選び、削っていく。使いやすいように加工していく。出来上がった竹のL字の先端を小指に立て、親指と人差し指で軽く支え、両手に一本づつ持ち、腕を伸ばし持つ。すると竹が動き出す。竹がクルット回ったり、方向を示しだす。竹に意識が有るように勝手に動き出す。「ダウジングとかドウジング」そう呼ばれてるやり方です。日本でも道路下の水道管の水漏れを細い鉄の棒で同じやり方で、水漏れを検知しています。それと同じ方法で、金属性で作ると反応が敏感になるので、反応が鈍い竹の方がまだ正確だと、当時良くこの竹でポイントを探してました。今になれば笑い話ですが、当時は真剣に研究してました。

 私がこの竹を小指に乗せ、暫くすると竹が動き出します。それを見ていたJは、

「クーヤ、どうして竹が勝手に動くんだ? まるで踊るように踊りクーヤも同じように体が踊っている。どうして動くんだ?」

 私は、暫くこの竹で遊びながら調整をしていきます。手頃な出来上がった竹を4本選び、明日現場に持っていけるように準備をし、その日は休むことにしました。翌朝早起きのためにJにも帰って休むように云い、寝床に着き翌朝5時に目を覚ましました。コーヒーを飲んでるとJが来ます。「タオポー、クーヤ?」 私はJに「オーJ Come Inn」そう声をかけると、Jは勝手に自分の家みたいに入って来て、一人でコーヒーを作り、飲み始めます。丁度この時、私と前妻で夫婦喧嘩をしてる最中で、女房が留守で、自由気ままな時間を過ごしていた頃で、女房が実家に帰って1週間くらいの時でした。その為に、私はこの時には一人で気ままにしており、このJに付き合えたわけです。コーヒーを飲み終え、二人でまたジープニーに乗り込みワワへと向かいます。終点に着き奥地へと向かい歩きだします。現場近くになると、また住人が声をかけてくれます。Good Morningそう答えながら歩きます。住人が聞きますOKナ? 私は「ママヤ」そう答えながら、奥へはいっていき、川を渡ります。そしてその奥へとまた入っていきます。昨日の続きでJが穴を掘り進めます。私は何もすることが無く、煙草に火をつけのんびりと日がな一日をその場所で過ごします。する事がなく、横になって昼寝をしたり、全く静寂で、空気も良く、心身が洗われる気分でした。ぼんやりとそこで時間を過ごす。別世界でしたね。正直Jの話は信じてなくて暇なもので彼に付き合って来てるだけなので、私はのんびりとしたものです。Jは体中に汗をかき、黙々と掘っています。私はJに声をかけます「Not Yet?(まだか?)」 するとJは「クーヤ、もう少しだ。」 そう答えます。私は内心苦笑いをし、OK、OKと答えてやります。

 しかし、Jは大したもので、一人で掘り下げていきます。一人で約1,5m程掘っています。スコップに絡みつく粘土質の土ですが、よく掘ってます。

 頭が少し弱く、人にばかにされてるJですが、こういう体力は人並み以上に抜けています。その日も夕方近くになり、帰宅する時間になってきました、住民の家をチェックする約束をしていたので、その日は切り上げて、川を渡り帰路に着きます。私たちを待ちかねたように、住民が数人待ち構えていました。私たちを見るなり、OKナ? 私はOKと答えて、そのまま案内されて、彼らの敷地内に入っていきます。

 敷地内に案内され説明されます。昔おじいさんが云々です。私は生返事で答え、例の竹製のスティックを取り出します。小指にスティックを乗せ、親指と人差し指で輪を作りスティックを支えると、スティックが動き出します。その動きに合わせ私の体も動きます。人が見ると一人でダンスを踊ってるように見えるでしょう。住民は不思議な顔をして私の動きと、スティックの動きを見て、驚いています。

 スティックが勝手に動きます。右手と左手に持ったスティックが最初はバラバラに方向を指し、暫くして落ち着くと、同じ方向を指します。その指した方向に向かい、行方を追うように歩くと、或る地点に来ると、示す方向が右・左と別々に差す時もあるし、左右のスティックが交差する時もあります。スティックが交差する地点が要するに、要マーク地点という事になるわけですが、その地下部分に何かが有ると云われています。その交差した地点から少しづつ移動するとスティックがまた動き出します。右を向く場合、左を向く場合または両方のスティックがオープンになったりとします。こういう状況でポイントを絞り、判断します。自分自身では何の力を入れていませんが、スティックは生き物のように勝手に動き出します。交差するスティックの角度の度合いで、地下にある物質を想定するわけです。当時の私にはこういう方法しかなく、今になれば笑い話なんですが、当時は真剣にやってましたね。

 住民は私の動きを真剣に見つめます。何かを期待する気持が私にヒシヒシと通じます。何の反応もないところ、また少しあるが正確に確定できない所、様々です。ただ一軒の家で少し先になるけれど、反応が有りますそこは竹藪です。その竹藪に行き周りから反応を見ながら、スティックが示す方向と場所を絞り込んでいきました。竹が多く生息し、詳しくは確定できませんでしたが、要するに要注意のマーク地点です。住民に説明します。4~5人が食い入るように見つめながら私の側に寄って来て、興奮した感じで聞きます。

住民
「どうだ、有るか?」

「この地点に反応が有るが、竹が多くて絞り込めない。しかし反応は有る。それも強い。」
住民
「有る。ここに有る。おじいさんが云ってた、竹藪だ。間違いないこの竹藪だ。」

「おじいさんがそう言ったのか? 竹藪といったのか?」
住民
「そうだ、竹藪と言ってた。よ~しここを掘ってトレシャーを取る。ボス、協力してくれないか?」

「良いけど、今は無理だ。私も忙しいし、それなりの準備もいる。暫く時間をくれ。」
住民
「いつ頃なら大丈夫だ?」

「そうだな、3~4ヶ月くらいだな。」
住民
「そうか、待つ。その位なら待つ。」

「余り期待するな。できるようになれば自然にできる。分かるか? タイミングだ。」
住民
「そうか、俺はボスを待つよ。その訳のわからない棒が勝手に動き教えてくれた。全くマジックみたいなものだ。凄い。」

そう興奮する住民を抑えながら、話をし明日また来る事を約束して、帰路に着いた。

 ジープニーに揺られ、自宅に着きJと話をする。Jが説明するにはあの男は親戚らしい。明日もう一度現場に戻る事を約束して、Jは帰り、私も眠ってしまった。

 翌朝目が覚めると、Jがもう待っていた。慌てて顔を洗いコーヒーをJと一緒に飲みながら、雑談をする。その後またワワの現場に向かうが、私はその日で終了するように思った。Jが一生懸命掘っているが、そこには無いと分かっていた。頭の弱いJが必死に私に話をし、何を思ったのか? 私にトレシャーの話をし、私をその場所へ連れて行き、何をさせたかったのかは分からないが、もう一度その日Jに付き合い、ワワへと向かった。現場に着きJは穴を掘る。休む事さえしないで、黙々と掘っていく。そんなJを見てると、不憫にさえ感じるが、私は黙って付き合った。夕方になり、Jに終了と伝えると、汗にまみれたJが穴から出てくる。Jに話をする。


「J、ここにはトレシャーはないよ。」
J
「クーヤ有るんだよ。俺は小さいころに見たんだ。信じてくれ。」

「私から見て、ここには無いさ。トレシャーを埋めると云うのはこういう場所じゃない。チャンとした規則が有るんだよ。」
J
「信じてくれクーヤ、ここで見たんだ。この下にトンネルの入り口が有って、そこから入れた。しかし今はその入り口が塞がれてそこからは入れない。だからここから掘ってるんだ。信じてくれ。

「分かった。しかし今日はもう帰ろう。良いか?また何時か出直そう。今日は帰るんだ。いいか?」
J
「クーヤ、絶対に有る。もう一度来よう、俺を信じてくれ。」

「分かった。また今度来ような。」

 そう悟し、帰路に着く。川を渡りきったところで、数人の男たちが私たちを待ちうけていた。男たちが私たちに近づいてくる。バランガイだと名乗った。

男達、
「ここで何をしてる?」

「何もしてない。」
男達、
「お前はトレシャーハンターだろう? トレシャーを探してるのか? トレシャーは違反だ。許可証を持ってるか?」

「トレシャーじゃない。ジェード(ヒスイ)を探してる。この辺りの川には沢山あると聞いて、探し歩いてる。それが問題か?」
男達
「ジェード? そんな物は、ここには無い。」

「有るか無いか? それは分からない。だから調べてるんだ。それに問題でもあるのか?」
男達
「お前は嘘をついてる。トレシャーハンターだ。」

「嘘をついてると云う証拠でもあるのか?」
男達
「今は無いが、明日分かる。」

「そうか?じゃ楽しみだな。」

 そう言って歩き出した、暫くすると住民が声をかけてくる。私は彼らに「See You」そう言って、ワワ渓谷を川沿いに歩きだす。自然の景観がとても良い所である。駐車場近くになると炭焼きを仕事にしてる民家が並ぶ。金を取れなかった代わりに、炭を大袋一袋買い自宅へ持ち帰る。Jは説明する。「あそこの場所に有るんだ。」 私は相槌を打ち聞き流す。後々このJを連れて別の場所へ出掛ける事になるが、その時は有る地方の山の中で半年以上過ごした。

 トレシャ-を確実に手にするには、優れたスキャナーが必要です。100%確実にピンポイントできるスキャナーが有れば、トレシャー仕事も良いでしょう。しかし100%の保証が無ければ、残りはラッキーでしょう。ラッキーというのは100%確実では有りません。サテライトを使ったスキャナーでも、100%では有りません。フィリピンには3種類の財宝が眠っています。有名な山下財宝、そして他の財宝が2種類、夢と冒険とロマンそれが魅力のフィリピンでしょうね。これも一つのフィリピンです。

チャレンジしてみますか?

                  JAC代表





JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

思い出話トレシャー編

2012⁄03⁄28(水) 08:00
 読者からの希望が多いのがトレシャー話です。是非書いて欲しいと言うリクエストが多く、今回はショートストーリーで、面白い思いで話を書きたいと思います。

 私は以前2001年ごろ、リサール州のサンマテオと言う所に一年近く住んでいた事が有り、その時の思いで話です。

 その当時或る事情により、友人のカーネルから近くに引っ越して欲しいという依頼があり、そこに住みましたが、マニラに出るのが大変で、渋滞が凄いためマニラに出かけることが億劫で、用事を纏めて、週に一回ほどに限定してました。そういう状態ですので、毎日が暇で、退屈でのんびりとした毎日を過ごしてました。

 そのカーネルの家で、手伝いとして住み込んでいる頭が少し弱い男がいました。名前をジョージと言います。彼の実家は私の住まいから車で20分くらいの距離の、モンタルバンと言う地域のワワという所です。この場所は戦時中は日本軍の基地が有ったということで、立て篭った場所としても有名です。そのワワに行くには、川に沿う小道を歩いて行かないといけません。景色から見ると、当時の日本軍が作ったような形跡がある、小さなダムと呼ぶのか? そう言う物が有り、川には大きな石がごろごろと散乱し、自然な景観を感じます。気分転換には凄く良い所です。

 そう言う所で幼少を過ごしたジョージ、彼が私の所に来て凄く真面目な顔をして話をしました。ジョージを頭文字のJと
称します。

J
「クーヤ、トレシャーを信じるか?」

「あぁー信じるよ。」
J
「誰にも言わないって、約束してくれるか?」

「何を約束するんだ?」
J
「実は、トレシャーのある所を知ってる。俺は子供のころ見たんだ。沢山の金が置いてある。信じてくれ俺は見た。」

「何処で見たんだ? 本当か?」
J
「クーヤ信じてくれ、誰にも言わないと約束してくれ。クーヤなら信頼できる。おれが案内するから一緒に来てくれ。地下にトンネルが有る。その入り口も知ってる。その地下に小さな部屋が有って、そこに置いてある。俺は見たんだ、信用してくれ。」

「オーォ? そうか? じゃ今度行ってみような。何を準備すれば良いんだ?」
J
「スコップだけで良い。掘るのは俺一人でも良い。クーヤは誰か来たら教えてくれ。見つからないようにしたい、どうだ?」

「オオッ、分かった。じゃ今度行こうな。」
J
「絶対だよクーヤ、絶対行こう。ワワなら心配ない、俺の親戚が沢山いるから、何も心配ない。約束だ。 良いね!」

 そう言う事から、私も暇を持て余してたので、散歩がてら遊びに行く事にし、その場所ワワへと朝8時ころから出かけて行った。サンマテオからジープニーに乗り、弁当を持ち、スコップを2本買い、スコップを担いで二人でワワへと向かった。ワワに着き、ジープニーを降り、Jの案内で川沿いの道を歩き出す。二人で一本づつスコップを担ぎ歩き出す。道行く人、すれ違う人が興味津津の顔で私たちを見る。私は道行く人たちに、「Hello,Kumusta ka?」そう声を掛けながら歩く。ジープニーを降りて20分ほど歩くと、最終地点に着く。そこに数軒の集落が有る。道沿いにも勿論小さな家が立ち並ぶ。人々は奇妙な顔をして私を見る。後で分かるが、住人は私たちがトレシャーで来た事を感じてる。日本人がスコップを担いで来るなんて言う姿は、それ以外に考えられないからだろう。最終集落に着くと、Jは数人の人たちと話をしてる。知り合いだ。そこから私たちは靴を脱ぎ川を渡る、集落の反対側に渡り、そこから小山に向かって歩き出す。坂道がキツイ、土は赤土で粘土製が高く滑り易い。Jの足は速い、きつい勾配の山道を苦も無くサッサと歩いて行く。私の足では追いつかない、兎に角早い。猿みたいに素早く歩いて行く。とてもじゃないが私は付いていけない。息を切らしながらも必死について歩く。小山の9割近く昇ったら、今度はJは山道を降りて来る。???なんだ? 何で折角登った山道を直ぐ降りるんだ? そう思いJに聞くと、確認したかっただけだと言う。「馬鹿野郎それなら一人で登れば良いのに、こんないキツイ思いをした急な山道を登らされて、それだけか?」そう思い、Jを怒る。その天罰か? ヌカルミの道は粘土製なので簡単に滑る。注意をして歩いていたが、私は滑り落ちた。約10数メートル、滑り台を滑るように滑り落ちる。「速い」そう感じながら滑り落ちる。私は頭を打たないように注意しながら、両手で地面を抑えながら、滑り落ちて行く。落ちて行きながら、腹の中では笑ってる。何時になったら終点だ? 正直そう感じていた。

 やっと下まで落ち、履いてるズボンは泥でドロドロになっていた。しかし、体には異常が無く、Jは歩きながら私が落ちて行くのを見ながら笑っている、Jが私の所へ来た所を、私はJの頭をゴツンと小突いた。Jは「マサキット クーヤ。」 私はシェンプレ、そう言って笑う。Jも頭をさすりながら笑う。Jは冗談混じりに

「クーヤ、Very Good Slideing」そう言い、冷やかしました。Jはその後もVery Magalingと私を見ながら、思い出して笑います。私は柔道をしていたので、そのお陰で今でも沢山役に立っています。受け身と言うものを今でも自然にできるし、滑り落ちながらでも冷静に対応できるからです。何度もこう言う経験は有ります。人から見れば、多分死ぬだろうと言う事も、何事もなく助かってます。私は転んだ事が有りません。余談になりました。そんなこんなの珍道中です。やっとJの言う目的地に着き、彼は昔の事を思い出しながら、その場所を特定していきます。そして川そばの小高い崖の上に立ち、ここだと言いながら、私にポイントを示します。

 二人でスコップを持ち穴を掘りだします、Jは私に気を使い、「クーヤ アコナ。一人で掘るから大丈夫。」と言うので、穴掘りは彼に任せ、私は煙草を吸いながら、上流の川の流れを見つめながらこのひと時を楽しんでました。実に静かで気持ちが良いんです。静寂で澄み切った空気と雰囲気です。Jは一人で穴を掘ってます。裸になり、休まず汗を一杯掻いて穴を掘ります。馬鹿な男でも体力と腕力は人並み以上です。縦横1,5mのサイズを一人で掘って行きます。黙々と休まず掘ります。掘りながらも私に説明をします、子供の頃に此処で云々と、話をしながら掘り進みます。綺麗にストレートに掘り下げていきます。私はその穴の掘り方を見ながら感心します。

「よし、次のトレシャーに行く時にはこいつを連れて行こう。」正直そう思いました。実際連れて行きました。その話はまた機会が有れば書きます。

 冷たい川の水で汚れた体を拭き、私も顔を洗い体を拭き、気持ち良くなった所で、弁当にと持ってきたおにぎりを食べ始めました。Jにとっては初めての食べ物で、奇妙な顔をして食べていたのを思い出します。

 昼食を終え、Jは穴掘りを開始し、夕方4時ごろまで堀続け、その日は1m弱掘り進みました。私はJに声を掛け、

「お~い、そろそろフィニッシュだ。今日は帰ろう。」

 Jも穴から出てくると、又川の水で体を洗います。私も冷たい水で顔を洗い、スコップを隠し、現場を後に帰路につきます。川を渡り住宅地を歩き出すと、住人が寄ってきます。

住人
「トレシャーハンターか?」

「そうだ。」
住人
「私の家にもトレシャーが有る。チェックしてくれないか?」

「何で、有ると分かるんだ?」
住人
「昔、日本軍がそこに埋める所をおじいさんが見た。確かにある。」

「スキャナーが要る。」
住人
「持ってるか?」

「今は無いが、簡単な方法なら、試しても良い。」
住人
「簡単で良い、見てくれ。絶対に有るから、頼む。」

「あぁ~、明日だ。明日調べてやる、良いか?」
住人
「本当か? 明日分かるんだな?」

「明日戻ってくるから、心配するな。明日まで待ってろ。」
住人
「分かった。頼むぞ。明日だぞ!」

「OK、OK」

 そういう同じ会話を何人もとする。スキャナーが無いと無理な話で、私は家に帰って秘密兵器を作る事を考え、明日はこの秘密兵器を持参し、住人の家をチェックしようと思った。

 集落から、Jと二人で朝来た道を歩き出す。ジープニーの乗り場が有る。空き地に着くと数人の子供たちが寄ってくる。その子供達を引き連れ、サリサリストアーでキャンディーを買い、子供たちに与える。大喜びで有る。それを見ていた親たちも目を細くして我々を見ている。

 さ~、明日もう一度このJに付き合いここに戻るか。そう考えながら、ジープニーに乗りこむ。子供たちが手を振る。「バイバ~~イ!」そう叫びながら手を振る。私も手を振る。「See You Bye Bye!」

                  パート2へ続く
 




JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP

金(ゴールド)を売りたい

2012⁄01⁄22(日) 08:00
 以前からフィリピンでは金に纏わる話は沢山あります。あるフィリピン人が近づき、ゴールドバーが有る、バイヤーがいないか?

 そう言う言葉で近づいてきます。しかし、現実に本物を持ってくる人はまずいないでしょう。殆どが偽物ですね。表面だけをメッキした偽物が多いですね。

 手が入った売人は本物を持参します。しかしその本物はレンタルで借りてきたものが殆どです。本物を見せて信用させ、実際に売る時には偽物に掏り替えます。しかし、最初に本物を見せられて信用します。

 その後の取引には偽物を掴まされます。有名な所では、カガヤンデオーロに偽物を作る工場が有ります。というわけで、ミンダナオ、特にダバオ界隈ではこういう話は多く有ります。甘い話には注意して下さい。

 マニラ界隈では、「田舎に沢山のゴールドバーが有るから買って欲しい。しかしマニラに運ぶのは危険だから、取引は田舎でしたいから田舎まで来て欲しい。」と持ちかけます。

 それに乗っかり田舎まで行った人が帰って来なくなり、その後は消息不明。などという話は沢山あります。私の身の回りにも数人います。

 別の例では、「田舎にバーが沢山ある。マニラに持って来て売りたいから、協力して欲しい。売れたら数%お礼をする。」こう言う風にも持ちかけます、この話も嘘です。何故か?理由は簡単です。本当に所有していれば、バーをカットして売ればその位の資金は簡単に出来ますね。何故?その位の資金が無いのか?或いは出来ないのか?
本当に所有していれば簡単な事です。

 こういう甘い話はフィリピンには沢山有ります。しかし甘い話の
殆どは、全て嘘話です。ゴールドの話、他にもアメリカの昔のファンド証券、F.R.B Federal Reserve Bank(連邦準備銀行)発行の証券が入った黒いボックスが、本物であれば数十億で売れるとか? そういう話しが本当に沢山有ります。

 日本でもそういう話しが有りますね。大戦中やそれ以前の国債、札、M資金等の話ですが、全て嘘です。そんな話に惑わされてはいけません。そういう物が一般に出回る訳が有りません。もし有ったとしたら、国家間で処理されるか? 特別な人たちにより処理されています。特にアメリカ関係の話では、CIAが動いてます。そんな物の偽物でも持っていれば、逮捕されてしまいます。

 フィリピンでは、マルコスの所有する金の銀行証券が有って、スイスの銀行から換金して引き出すとか、その為に経費を出して欲しい、そう言う話も良く有ります。しかし、現在では、例え証券が本物で有っても換金できません。数年前に、国際裁判で全ての証券が無効となったという話も聞いています。

 スイスの銀行も実際裏舞台はアメリカによって押さえられています。そういう書類を実際持ち込んで行けば、逮捕されます。

 騙されないように、注意した方が良いと思います。甘い話は有りません。もし夢とロマンを求めて、騙されても良いと思って、夢を買うならどうぞ夢を買って下さい。それはそれで、或る意味夢を追い、楽しい事でしょう。しかし、訳も分からずそう言う物に嵌りこむと、痛い目に遭いますよ。しかも、フィリピンにはそういった類の話が沢山と有りますから・・・・・・

                      JAC代表






JACホームページへ
JAC_Hata-4

        ランキングサイト
        philippine88_31_yellow_1.gif
        FC2ブログランキング 海外情報/アジアへ


TOP




フィリピン観光を楽しんでください。
JAC会員一同。

JACでは会員を募集しています。フィリピンに関する問題や悩み、対処法が分からない、相談先が無い。そういった際にアドバイスや対処に協力いたします。

JACのご案内

邦人会員の安全を守る活動組織
日々精進

JACホームページはこちら
http://jac.boy.jp/jacmanila/
JAC活動の主旨
JAC入会のご案内

JAC事務所の住所
#2503 Le Mirage De Malate,
2126 Mabini St., Malate
Manila City, Philippines


携帯 0927-410-5095

全記事表示リンク

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ジオターゲティング


ジオターゲティング

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。